• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  09:00 AM

ひき肉料理を完璧に仕上げるコツは「放っておくこと」

ひき肉料理を完璧に仕上げるコツは「放っておくこと」

170122_ground_meat.jpg


牛ひき肉、ラムひき肉といったひき肉は、タコス、ミートソース、ラープ(ラオス、タイのサラダ)など、人気の料理で重宝しますが、蒸し焼きにされて色が灰色がかったひき肉はいただけません。一度こうなると、残念なことに、こんがりとした焼き色に変わることは決してありません。

幸いにも、そうならない簡単な方法があります。肉を放っておくのです。


ひき肉を、パーフェクトなきつね色で、歯ごたえも良い状態に仕上げるのは簡単、ただ待つだけです。

Bon Appetitマガジンが紹介する興味深いヒント(と関連レシピ)をすべて確認するには、下記のリンクをクリックしてください。いますぐその秘訣を確認したいのであれば、薄く油をひき、熱した鋳鉄製フライパンにひき肉を入れ、へらで押しつぶして、懐かしい大きなミートパンケーキのような形を作ります。そして、そのまま手をつけずに待ちます。グラスにワインを注いでくつろいだり、ほかのことで時間をつぶしている間にひき肉に火が通ります。

端の部分に焼き色がつきだしたら、ざっくりと切り分け、裏返し、反対側に焼き色がつくまで待ちます。その後、へらを使って塊を細かくほぐし、パラパラにし、最後にタコス、スパゲッティ、レタスラップなどのソースに加えてください。


Perfection Does Exist: 3-Steps to Crispy Browned Meat | Bon Appetit

Claire Lower(原文/訳:コニャック)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.