• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

視覚障がい者向けなのに「みんなが使える」音声ガイドシステムと、プロダクトデザインのリアル

視覚障がい者向けなのに「みんなが使える」音声ガイドシステムと、プロダクトデザインのリアル

161226mugendai.jpg


視覚障がい者を導く方法として点字ブロックがあります。白杖(はくじょう)で点字ブロックに触れることで、駅の構内やホームの様子がわかります。ところが、もしキャリーバッグを持ちたいと思ったり、高齢で車イスを利用しなければならなかったりすると、白杖と点字ブロックは上手く機能しません。点字ブロックに問題があるわけではなく、バリアフリーにはさらなるイノベーションが必要なのです。

そんな中、ウェブメディア「Mugendai(無限大)」が伝えているように、新しいバリアフリーを実現するべく、あるシステムの実証実験が東京・日本橋のある商業施設で行われました。


空間情報データベースが実現する高精度の音声ガイダンス


2016年12月10日に実証実験が行われた、清水建設が開発した音声ナビゲーション・システムでは、空間情報データベースとICT技術を組み合わせ、屋内外を移動する際に骨伝導ヘッドフォンから音声ガイダンスを流すことで、視覚障がい者のシームレスな移動を可能にします。

Mugendai(無限大)」によると、専用のアプリを入れたスマホに目的地を告げると、7~8mに1個程度の割で設置しているビーコン(電磁波を発信して移動体の位置を調べるための通信設備)やスマホのセンサー情報を基にユーザーの位置を確認しているとのこと。

清水建設では、建物内で人やものの位置を測定する技術や、建物内の様子を空間的にマッピングする技術(空間情報データベース)を開発していました。空間情報データベースには建物の緯度や経度、階段の位置や段数、手すりの長さなどが詳細に蓄積されています。ユーザーの位置情報は清水建設のデータベースと照合され、割り出された進むべき方向や道標などが骨伝導ヘッドフォンを介して音声で視覚障がい者に伝えられる、という仕組みです。そのため、非常に高い精度を誇るとのこと。

しかも、こめかみに当てて骨で音を聞く骨伝導ヘッドフォンは、耳を塞ぎません。そのため、音声ガイドを利用しつつも周囲の音が聞こえるという大きなメリットがあります。


視覚障がい者向けにデザインされたのに、より多くの人が使える


このシステムの実証実験は視覚障がい者向けに行われましたが、よく考えるとスマートフォンと骨伝導ヘッドフォンを利用した音声ガイド自体は、視覚障がい者に限らず、多くの人が利用可能です。この点について、清水建設の執行役員で設計本部副本部長の大西正修氏は次のように述べています。

例えばショッピングセンターではお客様を案内した履歴をビッグデータとして活用できます。また、駅・空港・長距離バスセンターや、スタジアム、観光地などでのナビゲーションに加え、知的活動支援を展開するなど、さまざまな用途が考えられます。

このシステムは障がい者専用の特別な機器ではなく、誰でも手軽に扱える社会インフラとして普及した機器であることが大切です。スマートフォンや骨伝導ヘッドフォンを活用するのはそのためです。ヘッドフォンは数千円で買うことができます。

過去には、専用の特別な装置を作ったものの、結局廃れていった事例がたくさんあります。例えば当社でも白杖の先端に発信器を、点字ブロック側には受信機を付け、人が近づいてきたら音を出すといった仕組みがありましたが、特別な白杖を持った人しか利用できないために普及しませんでした。

まさしくユニバーサルデザイン(文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障がい・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計)。バリアフリーを目的としつつも、デザインとしてはそれにとどまらない可能性を持っています。以下のリンク先では、発展性のある視覚がい害者向け音声ガイドシステムが構想されていくリアルな過程が紹介されておりますので、こちらも併せてご覧ください。


視覚障がい者を屋内外を問わず快適に道案内する ――清水建設が開発した世界最高レベルの音声ナビに、産業応用への熱い期待 | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.