• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,  11:00 PM

会議は本当に必要な人たちだけ:オンライン教育プラットフォームのコーセラでエンジニアリング部長を務めるリチャード・ウォンさんの仕事術

会議は本当に必要な人たちだけ:オンライン教育プラットフォームのコーセラでエンジニアリング部長を務めるリチャード・ウォンさんの仕事術

20161208richardwong1.jpg


敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。今回はグローバルに展開中のオンライン教育プラットフォーム、コーセラでエンジニアリング責任者を務めるリチャード・ウォング(Richard Wong)さんの仕事術です。

コーセラ(Coursera)はオンライン教育プラットフォームで、その利用者は世界でトップクラスの教育機関の講義を受講することができます。講義内容も人文科学からコンピューターサイエンスやコーディングまで多岐にわたっています。しかし、コーセラのカタログを更新し、2200万人のユーザーにサービスを提供し続けると同時に、未来に向けて着々とイノベーションを推進していくには、舞台裏で多大な努力を要します。

その舞台裏で大活躍しているのがエンジニアリング責任者のリチャード・ウォングさんです。リチャードさんはマイクロソフトやLinkedInといったテクノロジー業界の会社で20年間働いた後、2、3年前にコーセラに入社しました。今ではスタートアップで働く生活がすっかり気に入っています。旅をすることとコーセラを利用して学習するのが楽しくてたまらない彼は、好奇心いっぱいの性格が幸いして、ごく自然にコーセラに馴染んでしまいました。そんなリチャードさんに彼の仕事術を聞いてみました。

居住地:カリフォルニア州マウンテンビュー
現在の職業:コーセラ社エンジニアリング責任者
仕事の仕方を一言で言うと:権限付与。リーダーとしては、スタートアップで働く人は誰でも自分のアイデアや解決策をシェアしていいんだ、と感じることが大切だと思います。
現在の携帯端末:iPhone 7 Plusです。前景をぼかした写真が撮れるのでiPhone 7の二重レンズにはまっています。
現在のPC:仕事ではMacBook Pro、自宅ではMac Miniを使っています。マイクロソフトを使っていた時代はPCしか使っていませんでしたが、今はApple一辺倒です。エンジニアには最高の開発ツールを備えているからです。


── これまでの略歴と現在の仕事に至るまでの経緯を教えて頂けますか?


私が初めてコードを書いたのは香港で暮らしていた10歳のときでした。だから今日まで人生を通してエンジニアをしてきたようなものです。叔父がApple IIのPCを持っていて、コンピューターにどのような入力をするとどう反応するか教えてくれました。プログラミングの魅力にすっかり取りつかれた私は、両親にねだってコンピューターを買ってもらいました。両親は3か月分の給料をためて買ってくれました。その後の私はコンピューターの世界にどっぷりつかり、図書館でコンピューターがどのような仕組みで動くのかを調べるのにずいぶん時間を使いました。

職歴の話をすると、スタンフォード大学で電気工学の修士号を取得しました。それ以前の大学4年間は香港で勉強しました。最初の仕事はマイクロソフトで、何億人ものユーザーをサポートする分散処理システムの仕事をする機会に恵まれました。11年間その仕事をした後、さまざまなプロダクトレベルの役職を経験しながら昇進していきました。その後、LinkedInに移り4年間勤務しました。

コーセラには2年前にLinkedInの元同僚の紹介で入社しました。結束が強くペースが速いという性質のスタートアップのカルチャーにすぐに惹きつけられました。世界中の人がアクセスしやすい教育を提供するというミッションの重要性を心から信じてもいます。実に奥深いことだと思います。


── 「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは?


Sublime Textはエンジニアにとって夢のツールで、これ無しで仕事をするなんて考えられません。卓抜した開発者と並の開発者の違いは、いかに速く自分の考えをソースコードに翻訳できるかです。優れた開発者はキーボードのショートカットを覚えてリラックスしながら自分の考えを実現できるのですが、Sublime Textのおかげでこれがスイスイできます。まさに、生産性の大救世主です。

私自身もコーセラを利用しています(宣伝じゃありませんよ!)。テクノロジーからリーダーシップのスキルに至るまで、私にはまだまだ勉強しなければならないことがたくさんあるからです。Quoraで政治からテクノロジーや科学まで幅広い話題を読むのにもずいぶん時間を使っています。例えば、ごく最近だと天文学やブラックホールの性質、光の速度について読みました。こんなすごいスレッドがあって、光速以上の速度で飛ぶとどうなるかが書いてあります。基本的には...すべてが無になります。


── 仕事場はどんな感じですか?


20161208richardwong2.jpg


実は、ほとんどの時間はミーティングに使っていて、コーヒーカップを片手にあちこち飛び回っていることが多いです。まあ、動く仕事場とでも思って頂いていいかもしれませんね。スタンディングデスクにも座るデスクにも調整できるデスクも持っていて、その隣に置いてある60インチの巨大なモニターを時々チェックしています。これを見るとコーセラのプラットフォームの稼働状況が一目で把握できます。1つのスクリーンで全ての情報が見られるのはいいですね。


── お気に入りの時間節約術やライフハックは何ですか?


ミーティングの出席者をなるべく少なくすることです。ミーティングは本当に必要な人たちだけが出席すべきです。出席者の人数が増えるほど、みんな自分のアイデアをシェアしたり意見を言いにくくなります。少人数のミーティングの方が会話がオープンになり、最後は全員に当事者意識を持ってもらえてすばらしい解決策が出てきます。


── 愛用しているToDoリストマネージャーは何ですか?


Apple Noteです。毎朝見てはエディットしています。優先度と私生活対仕事でソートしています。真っ先にしなければならないことを常にわかるようにしておくには、これ以上シンプルな方法はありませんし、どの携帯端末からでも楽にアクセスできるので、本当に助かっています(それに、環境にも優しいです)。


── 携帯電話やPC以外で、「これがないと生きていけない」というガジェットはありますか?


間違いなく自宅のオートメーションシステムです。すごいんですよ。Amazon Echo、スマートライト、ガレージのドア、温度計、テレビ、運動センサーなど私の持っているすべてのガジェットがそのシステムにつながっています。こうしたデバイスが全部これほど複雑につながる便利さに面白いほどすぐに慣れてしまいました。ある日、帰宅してみると自宅の鍵を忘れたことに気づきました。普通なら入れないところですが、このシステムのおかげで、携帯電話を取り出してガレージを開けられたんです。

余談ですが、このシステムは我が家の4歳の息子にも楽しみを提供しています。息子はAlexaとずいぶんおしゃべりしています。


── 日常のことで「これはほかの人よりうまい」ということは何ですか?


他の人よりうまいことと言えるかわかりませんが、私ほど食べるのが速い人間に会ったことがありません。誰と一緒に食事をしても、食卓で最初に食べ終えるのは常に私です。


── 仕事中は何を聞いていますか?


何も音を流さず静かな方が好きです。ミーティングに駆けずり回っていないときは、それなりの時間をかけて何かにじっくり集中する必要があるので、静かな会議室にこもります。


── 今、何を読んでいますか?


最近読んでとてもおもしろいと思ったのは、John Kotter著『Our Iceberg is Melting』です。足元の氷山が溶けかかっているペンギンたちが、みんなで別の氷山に引っ越すという楽しい寓話です。生活や職場の状況の変化にどのように対処し取り組むかについて書かれている本です。すべてが常に変化しているテクノロジー産業では特に、リーダーが考えるべき重要なテーマです。


── どのように充電していますか?仕事のことを忘れたいときはどうしますか?


飛行機であちこち飛び回ります。さまざまな土地の異なる文化や歴史を探索するのが大好きだからです。直近はロンドンに行きました。まだ行ったことが無いドイツとスイスが2017年のウエイトリストに入っています。旅をしていないときは、洗車するととても心が癒されます。


── 睡眠習慣はどのような感じですか?夜型ですか、朝型ですか?


私は夜型です。夜の方が集中できて重要事項を推進できるからです。夜は思考するにも最適です。しかし、改善を試みてはいます。カフェイン摂取を控えたり呼吸法のエクササイズを変えてみたりしてもっと早い時間に眠りにつけるように何年も努力しています。


── 今日あなたがされたのと同じ質問をしてみたい相手はいますか?


LinkedInのCEO、Jeff Weiner氏。


── これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください


上述のJeff氏のアドバイスで、「オーナーのように行動しましょう。」です。多くの人は自分に制限をつけたり、目の前の状況を変えられないと思いがちです。しかし、実際には、自分で思っているよりはるかに強い力があって、自分の責任で積極的に影響を与えてより良い結果を出すことができます。私はこの考え方が気に入っています。本当に勇気づけられますし、偉大な人生教訓です。


Andy Orin(原文/訳:春野ユリ)

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.