• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,  11:00 PM

Googleが自動運転車の自社開発を凍結した本当の理由

Googleが自動運転車の自社開発を凍結した本当の理由

161216googleselfdriving1.jpg


Inc.:Googleは先日、7年間にわたり進めてきた自動運転車の開発プロジェクトを凍結すると発表しました。

UberやTeslaなどの他社は自動運転機能を搭載した従来型の自動車を発表していますが、Googleが目指していたのはハンドルもペダルもない自動車です。昨年は、フェニックス、オースティン、ワシントン州で、完全自律走行車の実験を行っていました。

Googleは自社開発をやめ、「Waymo」というベンチャーを立ち上げることになりました。Waymoは、既存の自動車メーカー向け自律走行ソフトウェアの開発に集中します。

一見すると、Googleは意欲的な当初目標を捨てて、競争の激しい研究開発レースから降りたというニュースのように思えます。でも実際は、彼らは遅いながらも確実に市場にムーンショットを送り込む方向に舵を切ったと考えられるのではないでしょうか。


Googleの共同創設者であるセルゲイ・ブリン氏は、今でも自動車をゼロから作るアイデアを支持していると言われています。Alphabetのラリー・ペイジCEOとRuth Porat CFOはどちらも、ソフトウェアへの集中を推していました。しかし、ブリン氏を支持者として置いておくのには、プロジェクトを容易に終わらせない意図を示唆していると言えるでしょう。

Googleは他のテクノロジーでも同様のアプローチを取っています。スマートフォン市場への参入当初はAndroid OSというソフトウェアに注力しながらも、裏では自前のスマートフォン開発を継続していました。Androidは2008年にSamsung製スマホに初搭載された後、2年後にGoogle製のNexusが発売されています。NexusはGoogleの期待ほどヒットしませんでしたが、今年10月に発売された最新のGoogleフォンのPixelの評判は上々で、iPhoneの独占状態を崩せるのではないかと考える人もいます。

このニュースについて、テック業界アナリストJeff Kagan氏は、このように述べています。


Googleがプロジェクトをスピンオフして新しい会社を立ち上げるのには、テクノロジーは次なるステップに移る準備ができているものの、まだすべてのピースがそろっていないことを意味します。


そこで、他社との業務提携が有効になります。


Googleは自動車メーカーではありません。自社開発も不可能ではないものの、現段階で成功を収めるには、自動運転革命に関心を持つリアルな自動車メーカーと提携するほうが得策だと考えたのでしょう。


同社はすでに、フィアット・クライスラーとの間で、自動運転ソフトウェアのライセンス契約を結んでいます。おそらく、他の自動車メーカーとの提携も目論んでいるでしょう。Googleはまた、2017年末までに自動運転タクシーサービスをローンチしたいと発表しています。自動運転車の自社開発をいずれ再開する計画があるかどうかについては、今のところコメントしていません。


今から5年か10年後、Googleが自動運転テクノロジーに関する業務提携を数多く結びながら、同時に自社開発を進めていても不思議ではありません。


Googleが自社開発車の市場投入を遅めた理由は、もう1つ考えられます。同社は、今はまだそのタイミングではないと悟ったのではないでしょうか。現段階でハンドルもペダルもない車が発売されたとして、それを買いたい人はおろか、乗りたいと思う人はいるでしょうか?


消費者は、まだその段階には至ってないのです。


自動運転テクノロジーが現実に近づき、安全性が証明されるにつれて、消費者の不安も少しずつ和らぐでしょう。そのときGoogleは、市場投入に向けて数年先を行っているかもしれません。

Waymoになる前、Googleの自動運転車は同社のムーンショットラボ「X」のプロジェクトでした。なお、Google GlassやGoogle Brain(人工知能ベンチャーで、今や機械学習会社「DeepMind」も取り込んでいる)も、Xで研究がスタートし、「卒業」していった会社です。


Why Google Was Smart to Put the Brakes on Its Self-Driving Car | Inc.

Kevin J. Ryan(訳:堀込泰三)
Photo by flickr

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.