• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,,,,  11:00 AM

忙しい年末はプレイリストを味方に! ビジネスを音楽で活性化するアプリ『Coke ON』

Sponsored

忙しい年末はプレイリストを味方に! ビジネスを音楽で活性化するアプリ『Coke ON』

161201_coke_on_top.jpg

「年末」と「忙しい」が同義語に感じるほど、バタバタと過ごしがちな季節を迎えました。どうすれば、今年を無事に終えることができるのか。さらなるセルフコントロールによって仕事の生産性を上げる、あるいはブレずにキープすることが、2016年を無事に乗り切るポイントになりそうです。

そこで、日々のビジネスを効率よく活性化させるために、音楽を活用してみてはいかがでしょうか。


どうしようかと悩んだときは、音楽を聴いて生産性アップ!


161201_coke_on_01.jpg▲あれこれ悩んでいても解決の糸口が見つからないことも。そんなときは音楽を味方にしよう


ライフハッカーはこれまでにも「生産性と効率を上げる方法」として音楽に注目してきました。世界の研究者や探求者たちが、音楽の効用について調べており、気分転換する、集中力を上げる、ストレスを減らすなど、目的にマッチした音楽や聴き方があるようです。

そこで今回は、ビジネスシーン別に"効く"音楽の話と、音楽の効用を手軽に体験できる無料のスマホアプリを併せて紹介しましょう。


1.午前中は「面倒な仕事」からすべし。集中力を高める曲は...

メールの返信やデータコピー、スケジュールの見直しなど、単純/単調なタスクをこなす場合は、生産性が高まると言われる午前中が最適、さらに、音楽を聴きながら仕事をするとパフォーマンスが高まるそうです。音楽はどのようなジャンルでもOK。音楽を何かしらかけてさえいれば、反復作業や退屈な仕事がスピードアップするはずです。


2.ランチをさらなるリフレッシュタイムに! 気分転換する最適な曲は...

午前中でモチベーションを使い果たしたというのでは困ってしまいます。そこで、エクササイズをする際にアップテンポな曲をかけると乗り切りやすくなる、という数々の研究を頼って、ランチをするときに気分を一旦落ち着かせるのではなく、テンションを維持することを考えてみてはいかがでしょう。人間は、BPM(1分間あたりの拍数)が120~140ほどのアップテンポな音楽を聴いているとき、モチベーションが維持され、よりがんばれるそうです。


3.プレゼン前の緊張を減らしたい。肩の力を抜くにはこの曲を...

もし、あなたが心配性で、大事なミーティングやプレゼンでアガってしまうタイプであれば、「力を抜いて」聴けるようながオススメです。なかでも、不安感などに関連する脳の前頭前皮質を落ち着けるのに、ハミングしやすいキャッチーな曲や軽い曲調のユーモラスなサウンドが味方になってくれるそうです。


4.クリエイティブな仕事をするならスローに。創造力を高める曲は...

複数の研究結果によれば、集中したいときには、50~80BPMの曲がもっとも効果が出るようです。これらの曲には、脳を「アルファ波状態」に導く効果があることがわかりました。この状態になると、精神が落ち着き、集中力が高まり、細かなことにも気づきやすくなります。また、ユニークな考えがひらめきやすくなって、リラックスしながらも集中している精神状態をつくりやすくなります。


気分に合わせたプレイリストを。『Coke ON』で仕事の流れを変える


161201_coke_on_02.jpg


さて、音楽の効用はさまざまありますが、その都度イチから曲を探したり、用意するのはとても面倒。同じ曲を聴き続けると飽きてしまいます。そこで昨今、大流行中の「音楽聴き放題サービス」を利用するのは賢い選択といえるでしょう。なかでも、今回紹介する『Coke ON』は、手軽に音楽を楽しめるだけでなく、節約にもつながるおトク機能がある無料アプリです。

日本コカ・コーラが提供するスマホアプリ『Coke ON』は、2016年4月のリリース当初から「自動販売機と連動するアプリ」として各種メディアで取り上げられていました。その後もバージョンアップを重ね、先ごろには新機能「Coke ON ミュージック」を搭載。

世界最大の音楽ストリーミングサービス『Spotify』とのパートナーシップにより、Spotifyで配信中の楽曲から独自に『Coke ON』が選曲したプレイリストを、面倒な会員登録をすることなく楽しむことができるようになりました。


日々をスムーズに。「気分を最適化する」プレイリスト


161201_coke_on_05.jpg▲左から、朝、昼、夜、深夜のプレイリスト。時間帯によって背景のイメージも変わります


Coke ON ミュージック」独自のプレイリストは「イメージ×シーン×時間帯」を掛け合わせ、コカ・コーラ社独自開発のレコメンデーションエンジンによって、アクセスするたびに新しいプレイリストが自動的に作成されます。

プレイリストの3要素を端的にまとめると、「リアルゴールド」ならシャッキっと冴える、「アクエリアス」ならアクティブに、といったようにコカ・コーラから発売されている8つの飲料ブランドから連想される『イメージ』、次にはリラックス、仕事中、ドライブなどの『シーン』、さらに朝、昼、夜、深夜と4パートに分けた『時間帯』です。

これらを組み合わせたプレイリストは、一日の流れに合わせて「気持ちを落ち着かせたい」「もうひとがんばりしたい」と、変えたい気分に合わせて選びやすいのが嬉しいところです。アプリの「ミュージック」タブを開くたびにプレイリストが切り替わるので、いつでも新鮮な音楽との出会いがあるのもポイントです。


たとえば、「Coke ON ミュージック」プレイリストはこんな時に


161201_coke_on_04.jpg▲ランチの後、午後の仕事をスタートさせるために聴いたのは、ジョージアセレクトのプレイリスト(画面右)


『Coke ON』を起動し、「ミュージック」タブを開くと、今回は下記のようなプレイリストが表示されました。どれもすぐに使えそうなものばかりです。

  • リアルゴールドセレクト「朝イチからシャキッと冴えるプレイリスト」
  • アクエリアスセレクト「いつもの景色をもっとアクティブに感じられるプレイリスト」
  • 綾鷹セレクト「こだわりをもって仕事に集中するときのプレイリスト」
  • ジョージアセレクト「食後の一杯にピッタリな至福のプレイリスト」

Coke ON ミュージック」のプレイリストは具体的な利用シーンが表現されているので、「今これが欲しい!」と思えるものと出会いやすくなっています。再生ボタンをタップすると、それぞれの曲から30秒間のダイジェスト版を聴くことができます(※)。

「30秒間しか聴けない」と思うかもしれませんが、実際に使いはじめてみると、日常のBGMとしてはこの「30秒間」がちょうど心地よい区切りになってくれます。たとえば、所用で席を立つ前に『Coke ON』を立ち上げつつ、用事を済ませて、戻ってくるまで。こういったわずかなスキマに、30秒間の曲をテンポよく聴くことで、いつもの景色が少し違って見えてきます。

また、音楽の効用から見れば、脳を活性化する快楽物質の「ドーパミン」の量と、ドーパミンによって得られる「快」の感情は、「意外性」という要素によって与えられやすくなるといいます。ざっくり言えば、好みの曲に「たまたま」出会うと、放出されるドーパミンの量も多くなるということです。

聴いたことのない音楽に触れるチャンスを「Coke ON ミュージック」で増やすのは、日々を楽しく、メンタルを強く保つためのハックとしても良い手段なのでしょう。

※フルサイズの視聴には『Spotify』アプリとユーザー登録が別途必要になります(『Spotify』で「Coke ON ミュージック」のプレイリストを再生する形式です)
※Spotifyアプリでのフル再生は、Coke ONアプリのAndroid版のみ可能になります


スタンプ15個で飲み物がもらえる! いつもの買い物を楽しく

また、前述のとおり、『Coke ON』の自動販売機との連携も、ビジネスパーソンにとっては「日常が少しだけ楽しくなる」機能としてオススメです。

自動販売機本体の右上、または金額表示部に「スマホ自販機」のマークが付いていれば、アプリと連携可能。アプリとスマホ自販機を接続した状態でドリンクを購入すると、スタンプを貯めることができ、15個集めるともらえる「ドリンクチケット」で、スマホ自販機で実際に対象製品1本と交換できます。ちょっとしたおトク感で、気分もアップしそうですよね。

ちなみに、スマホ自販機は『Coke ON』アプリから地図検索できます。見てみると、都市部やターミナル駅周辺には、かなりの台数が設置されているようでした。



さて、カレンダーを眺めてみると、2016年も残りわずか。「あとひと月だ」と思うかもしれませんが、営業日だけで換算をしてみると、想像以上に日数が少ないことに危機感がわいてくるかも。

そんな緊張感のあるときこそ、『Coke ON』と、「Coke ON ミュージック」で仕事を捗らせ、日々に音楽の楽しみを取り入れてみてはいかがでしょう。ふいに出会ったプレイリストの曲が気分を変えるだけでなく、2017年からの自分にとっての「テーマ曲」になってくれるかもしれません。


Coke ON ミュージック|日本コカ・コーラ
Coke ON|Google Play
Coke ON|iTunes App Store

(文/長谷川賢人、写真/廣田達也)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.