• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

神山拓生

 - ,,,,  02:30 PM

12月15日に配信される任天堂初のiPhone向けゲーム『スーパーマリオラン』のおもしろさを先行体験レポート

12月15日に配信される任天堂初のiPhone向けゲーム『スーパーマリオラン』のおもしろさを先行体験レポート

161207super_mario_run.jpg


元祖アクションゲーム・マリオシリーズがiPhoneで遊べるときがやってきました。指1本で手軽に遊べるのに、てごわいアクションゲームになっています。

任天堂のiOS向けアクションゲーム『スーパーマリオラン』が12月15日(米国太平洋標準時、日本では2016年12月15日17時以降)に配信開始されます(Android版は未定)。1200円で購入すればすべてのコンテンツを楽しめます(無料でゲームの一部を体験プレイすることもできます)。

任天堂は今まで「3DS」や「WiiU」など、自社のゲームハード向けにゲームをリリースしてきましたが、とうとうスマートフォンゲーム市場に乗り出します。マリオ以外にも、『どうぶつの森』などの人気ゲームのスマートフォン版の開発も進んでいます。

人気シリーズとはいえ、多くのゲームが群雄割拠しているスマートフォンゲーム市場でも『マリオ』は存在感を発することができるのでしょうか? 今回は、配信開始に先駆けて『スーパーマリオラン』を体験プレイしてわかった、そのおもしろさをお伝えします。


指1本で手軽に遊べるからこそ奥深いゲーム性


161208super_mario_run_tour.jpg

1人プレイモード「ワールドツアー」では今までのシリーズと同様に、魔王クッパにさらわれたヒロイン・ピーチ姫を救うべく、配管工のマリオがさまざまな困難を乗り越えていく。(c) Nintendo.


『スーパーマリオラン』には3つのプレイモードがあります。まずはファミコンからWiiUまで続くマリオシリーズらしい1人プレイモード「ワールドツアー」をご紹介します。

ワールドツアーは、オーソドックスなステージクリア型の横スクロールアクションゲームです。お邪魔キャラのクリボーやカメックを踏んで倒しながら、ボーナスアイテムのコインやキノコ、スターを取りつつ、土管などの障害物を飛び越えてゴールを目指す、「いつものマリオ」です。

しかし、スマートフォンにはコンシューマゲーム機のような十字キーもABボタンもないため、今までのマリオとはひと味違ったゲーム性が与えられています。

マリオは操作しなくてもずっと直進し続けるのです。

「じゃあマリオは勝手にゴールまで行っちゃうんじゃ?」と思うかもしれませんが、マリオは背の高い障害物にぶつかるとストップしますし、落とし穴があれば落ちて死んでしまいます。そこでプレイヤーがマリオを上手く操作してそれらを回避する必要があるわけです。


161208super_mario_run.jpg

タイミングよく画面をタップすることで、直進しかできないマリオをジャンプさせる。プレイヤーができる操作はこれだけだが、ステージ上の敵や障害物、ボーナスアイテムの配置が絶妙で、遊び応え十分。


プレイヤーは何をするのかというと、障害物や敵キャラを避けるためにタイミングよく画面をタップ/長押ししてマリオをジャンプさせるだけです。

画面を押す長さでマリオがジャンプする高さが変わるので、必要に応じて「どれくらいジャンプするのか」「どこでジャンプするのか」を判断して的確に判断・操作するところ──マリオが思うように動いてくれるか否かは自分の指次第というシンプルさが奥深いゲーム性につながっています。

たとえば、ジャンプするタイミングが合わなくてボーナスアイテムのキノコやスターを取り逃したときの悔しさといったら...。アイテムが取れそうなところにあるのに、ちょっとタイミングがズレるだけで取れない、でも練習すれば取れそうだしもう1回プレイしよう...となります。逆に、できる操作が少ないからこそ自分が上手くやれたということもよくわかるので、プレイするごとに自分の成長を感じられるでしょう。

また、ステージにはゲットできるアイテムや邪魔してくる敵キャラがたくさん配置されていますが、マリオが勝手に前進するせいですべてのアイテムを獲得したりスムーズに敵を倒していくのは難しく、結構頭を使います。ゲームらしいゲームが持つ、素朴な楽しさを感じることができるはずです。


「魅せるプレイ」を競う対戦モードもあり


161207super_mario_run_battle.jpg

対戦モード「キノピオラリー」。ほかのプレイヤーのプレイと集めたコインの枚数とプレイのクールさを競い合う。(c) Nintendo.


『スーパーマリオラン』では特定のタイミングで画面をタップするとマリオが華麗にスピンしたり、上手くやれば連続でお邪魔キャラを蹴散らすことができます。対戦モード「キノピオラリー」では、そうした魅せるプレイと集めたコインの枚数から評価ポイントが算出され、大きいほうが勝ちます。勝利すると、このモード限定のアイテム「キノピオ」がもらえます。

リアルタイムで対戦するのではなく、ほかのプレイヤーのゴーストと戦う形なので、対戦ゲームが苦手な人でも気軽に遊べるのがいいですね。また、キノピオラリーのステージは毎回ランダム生成されるので、常に新しいステージを楽しむことができます。


自分だけの王国をつくると...


161207super_mario_run_kingdom.jpg

1人プレイや対戦で手に入れたアイテムを使って、自分の王国を建設・拡張していく「王国づくりモード」。写真左はゲーム開始時の、あまり建設が進んでいない王国、写真右はアイテムショップ。(c) Nintendo.


ワールドツアーやキノピオラリーでは、コイン、スター、キノピオといったアイテムが手に入ります。これらのアイテムで王国をつくる材料を購入することができます。買ったものを土地に配置して自分だけの小さな王国を作り上げていくわけです。

この「王国づくり」モードは『スーパーマリオラン』のやりこみ要素の1つであり、特定の材料を買うと、隠しキャラや隠しステージが解禁されるようになっています。持っているアイテムでショップから王国をつくるための材料を買い、足りなくなったらまた1人プレイや対戦モードに戻るといったように、複数のモードを交互にプレイして遊べるため、飽きにくいつくりになっていると思います。


161207super_mario_run_kingdom_2.jpg

建設が進んだ王国の様子。(c) Nintendo.


『スーパーマリオラン』は任天堂がモバイル向けに配信する初のゲームですが、『ゼルダの伝説』シリーズなどをリリースしてきた任天堂らしい、遊び応えのあるゲームです。それでいて誰でも直感的に遊び方がわかる、敷居の低いゲームでもあります。1人プレイモードをとことん極めてみる、マイペースに少しずつ自分の王国を作っていくなど、プレイヤーが自分の好みに合わせて自由に遊び方を選べるのもいい感じです。

ゲーム好きな人にとっては「ハマりすぎ注意」なくらいかもしれません。一緒にプレイしながらゲーム内容を説明してくれた任天堂の方は、思わずプレイに没頭してしまっていました。とはいえ、1ステージ1ステージはごく短時間で遊べる長さなので、ちょっとした息抜き&頭の体操にぴったりだと思います。

以下のリンク先の「通知」ボタンを押しておけば、配信開始を通知してもらえるので、すぐに遊んでみたいと思っている方はぜひご活用ください。購入しなくても最初の4ステージを遊ぶことができるので、スマホのゲームに1200円はちょっと高いという方も配信がスタートしたら軽く遊んでみてはいかがでしょうか?


SUPER MARIO RUN | App Store

(神山拓生)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.