• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  12:00 PM

私が「ゴースティング」をやめた理由

私が「ゴースティング」をやめた理由

20161128-ghosting01.jpg


恋愛の世界では、多くの人を悩ます怪奇現象が存在します。「ゴースティング(Ghosting)」です。私は、友人たちがゴーストになったり、ゴーストされたりするのを目撃しました。そして私自身、何度もゴーストになっています。でも、もうやめることにしました。相手に失礼だからという理由だけではありません。霧のように消え去ることが、私自身を傷つけることがわかったからです。


ゴースティングとは何か


ゴースティングという言葉はさまざまな意味で使われますが、ここでは恋愛、特にデートのシチュエーションに限定して使います。つまり、相手との連絡を一方的に断ってしまい、呼びかけにも一切応じなくなることです。ドタキャンとかど忘れにも似ていますが、あとで説明したり、言い訳したりはしません。簡単にいえば、次のような行為です。


Aさん:昨日は会えてよかった! 来週も会おうね!

Bさん:僕も楽しかった! うん、絶対そうしよう。

数日後...

Aさん:こんにちは! 今週は火曜と水曜、金曜が空いてる。あなたは? よかったらご飯でも食べに行きましょうよ!

返事なし...。永遠になし...。


昨今、とくにオンラインデートでは、当たり前のように行われている行為です。私はこれまでそうしてきたことを恥ずかしく思っています。きっとあなたも同じ思いでしょう。でも私だって好き好んでそうしてきたわけではありません。


なぜ人はゴースティングをするのか


私たちがゴースティングするのにはさまざまな理由があります。なかには、そうするのは仕方がない、と思うケースもあります。女性なら、誘いを断ったことで相手の男性が逆上し、命の危険にさらされることだってありえます。そうしたケースでは、ゴースティングが、最悪の状況を切り抜ける最善の策であったりします。とはいえ、もっと浅い理由でゴースティングする人もいます。相手ががっかりするところを見たくないから、とか、罪悪感を感じるから、といった理由です。たぶん、いざこざが起きるのが面倒なのだと思います。あるいは、資格を持つ結婚・家族セラピストで、米LHへも寄稿しているVanessa Marinさんが指摘するように、他人に無防備な姿をさらすことを怖がっているのかもしれません。


人がゴースティングをするのは、心を開いて、気持ちを正直に話すのが気まずいからです。ゴースティングにもいろいろあります。ただ返事をするのが面倒だったり、忘れてしまっているケースもあります。しかし、多くの人は、正直に話すより、ゴースティングをするほうが相手を傷つけないと思ってそうするのです。『僕たちはうまくいかないと思う』と言うよりも、黙って姿を消すほうが楽だと考えるのです。


そう、だから私もそうしていました。努力も一切不要だし、私自身も同じことをされてきたわけですし。また、テクノロジーやソーシャルメディアも大きな要因です。こうしたツールのおかげで、人と距離をとることができ、ゴースティングもやりやすくなっています。ポッドキャスト「Death, Sex & Money」のAnna Saleさんが説明する通り、逃避することがかつてないほど簡単にできるようになっているのです。


みんな、難しい問題を顔を突き合わせて話し合うことを嫌がるようになってきていて、簡単に相手に見切りをつけ、放置してしまいます。別れの言葉を言うことすら忘れて。


私は、沈黙が答えになっていると考えていました。それに誰も傷つかずに済みます。わざわざ何かを言う必要などありません。沈黙、すなわちゴースティングは楽なのです。しかし、だんだんわかってきたのは、私にとっては楽なことでも、相手は混乱し、苦しんでいるかもしれないということ、また、相手だけでなく、私自身にも見えない形で悪影響があるということです。


ゴースティングはされた人をどのように苦しめるのか


誰かからゴースティングをされると、あなたは混乱し、落ち込み、不安にさいなまれながら、答えを探そうとします。ときに、深刻なほど自己不信に陥り、自分には魅力がないのだと思い込みます。たしかにゴースティングのおかげで、表面上の争いや衝突は避けられたのかもしれませんが、問題は被害者にそっくり手渡されるのです。あなたは突然、暗闇の中に放置され、自分のどこ悪かったのだろうと悩み苦しむことになります。

「Psychology Today」のJennice Vilhauer博士は、この沈黙行為を、「究極に不透明なシナリオ」と呼んでいます。「何の手がかりもないので、相手のことを心配すればいいのか(彼を傷つけてしまった?)、相手に腹をたてればいいのか(礼儀をわきまえない奴なのか?)、自分に腹をたてればいいのか(またやらかしちゃった?)、あるいは、10日間も返事がないのは、相手がそれほど多忙な人だということなのか(それなら全然問題ない)、どう受け止めればいいのかまるでわからないのです。あなたもその立場に立たされたことがあるなら、それがどれほど気を狂わせるものなのかわかるでしょう。

「どれかの感情を感じなくちゃいけないのに、どの気持ちになっていいかわからない。だからすべての感情が押し寄せてくる!」

そんな声が聞こえてきそうです。

専門誌『Journal of Research in Personality』に掲載された最近の研究で、ゴースティングや「逃避」が、恋愛関係を終わらせる最悪のやり方の1つであることがわかりました。ゴースティングは、された側の人間に、怒りや苦痛を感じることを強い、拒絶されたという感覚を味わせます。一方、率直な話し合いの末、相手にフられた人たちは、それほど大きな怒りや苦痛を感じていませんでした。私は、いきなり連絡を絶つことが、誰の助けにもなっていなかったことを理解しはじめました。私からゴースティングされた相手も、きっと苦しい気持ちを味わったのだと思います。どんな人だって説明をされる権利くらいはあります。少なくとも別れの言葉ぐらいは。

ゴースティングをされた経験があると、恋愛に踏み出す勇気がなくなってしまいます。一度ひどい目に合うと、それがまた起きるのではと考えてしまうのです。そして、いつしか自分をさらけ出すのをやめてしまいます。もう二度と傷つかないようにと防護を固めた結果、チャットの相手や、目の前にいる相手が、すべて未来のゴーストに見えてきます。そんなゴーストに対して、本当に心を開き、恋に落ちることなどできません。パトリック・スウェイジ(映画『ゴースト』の主演男優)でもなければ...。


ゴースティングはゴーストをどのように苦しめるのか


ゴースティングをすればその時は楽になります。でも、長い目でみればまったく自分のためにはなりません。相手と向き合い、衝突するのは憂鬱なものです。しかし、そこから逃げれば逃げるほど、人生のほかの問題からも逃げるようになります。このことをよく考えてみてください。いつかは何かと向き合わなくてはいけません。たとえば、本当に大切な人との間に起きる問題からは逃げられないはずです。ですので、その準備をよく整えておくべきです。逃げることしか知らなければ、精神的な備えはいつまでたってもできません。

あなたが人に心を開けないという問題を抱えているのだとしたら、ゴースティングはあなたをその状態に縛り付ける効果しかありません。テキストメッセージや電話で、相手に自分の正直な気持ちを話せないのだとしたら、直接会ったときにちゃんと話せるわけはありません。健全な関係をつくるためだとしたら、傷つくこともまた悪いことではないのです。

ゴースティングをすればするほど、そのことに鈍感になっていく、とVilhauer氏は指摘します。私自身、衝突を避ける良い方法だと思ってゴースティグをしていたら、いつしかそんなやり方しかできない人間になっていました。相手と向き合わず、ひたすら逃避するようになったのです。あるとき、誰かにゴースティングをされて疲弊したのと同じくらい、ゴースティングをしたあとの自分も疲弊していることに気がつきました。私は、やっかい事をうまくやり過ごしたわけではなかったのです。知らず知らずのうちに、ロボットのような、人間らしからぬマインドセットに凝り固まっていただけなのです。それは決して、本来の私ではありませんでした。


私がゴースティングをやめた方法


単純に聞こえますが、私は共感力を鍛える訓練をし、相手の気持ちを考えるように心がけました。逆の立場だったら、自分ならどうして欲しいかを考え、本当のことを伝える努力をしました。そう、とにかく本当のことを。正直に話して心苦しい思いをしたこともありますが、それでも正しいことをしたという気持ちにはなれました。

ゴースティングは、昨今のデーティングの世界では必要悪のようにみなされていますが、そんなことはありません。ただ、何か返事をすればいいのです。黙って霧の中へ消える必要などありません。また、懇切丁寧に説明する必要もありません。シンプルなテキストメッセージを送るだけも十分です。「どうもうまくいかない気がするんだ。なんでかと言うと...だと思うから。でも、君と出会えてよかったよ。じゃあ元気でね!」このほうが、よっぽどお互いのためになります。

結局、私も人として、こうしたステップを踏んだほうが楽だということがわかりました。Marin氏が言うとおり、あまりにしつこい相手や、態度が悪い人を無視するのはまったくもってOKです。なにがどうであれ、いじわるで、無礼で、攻撃的な人の相手をする必要などまったくありません。「けっこうです」と言うと何をされるかわからないと感じるようなら、気にせずゴーストになってください。もちろん、オンラインデートで知り合った人に会うときは、事前によく準備をしてください。使い捨ての電話番号を使ったり、ネットで相手のことを調べてみましょう。プロフィールの嘘を見破る方法や、危険信号を見分ける方法を学んでください。心を開き、正直になるといっても、嫌味な人間の相手をしたり、自分を危険にさらせという意味ではまったくありません。


Patrick Allan(原文/訳:伊藤貴之)
Illustration by Angelica Alzona.

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.