• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,  08:00 PM

わかりやすくて使いやすいiPhoneの「家計簿アプリ4選」

わかりやすくて使いやすいiPhoneの「家計簿アプリ4選」

161129simple_budget_apps.jpg


MakeUseOf:予算を決めて家計を守るのは、簡単なことではありません。複雑なツールを使っている場合は特にそうです。エクセルで家計を管理して、自分の金銭面のすべてを記録するのも、面倒な上にストレスになります。簡単に家計管理ができるアプリを使えば、その諸々の手間が省けて、ストレスも無くなります。

ここで紹介するアプリは、必要最低限の機能を搭載したものから、もっと細かく管理できるものまで、かなり幅広いです。しかし、どれも余計な情報は無くわかりやすいインターフェイスで、すぐに自分の今の家計の状況がわかるようになっています。シンプルに家計を管理したい人におすすめです。


1. 毎日の予算(無料、プロ)



「毎日の予算」は、毎月使っていい金額と固定支出を設定すると、そこから毎日使える金額を"毎日の予算"として算出してくれます。貯金の目標金額を設定すると、毎日の予算から差し引いてくれます。また、傾向を見たい場合は、もっと分析的な視点で見ることもできます。

このアプリの最大の難点は、有料のプロ版を960円で購入しない限り、広告が消えないことです。プロ版を購入すると、広告非表示以外にも、支出アイコンの追加やCSVファイルのエクスポートなどもできます。


2. Pennies(600円)



「Pennies」は、別の財布など異なる予算を混乱せずにきちんと管理したい人には、シンプルで使いやすい家計アプリです。「毎日の予算」同様、その日使っていい金額を算出して教えてくれます。異なる予算を設定できますが、その予算間でお金を移行させることもできます。

Penniesはインターフェイスも非の打ち所がありません。予算毎に色分けされており、一目でそれぞれの予算の状況が簡単にわかります。今月はあと何日残っているかも目につくように表示されているので、予算の範囲であと何日過ごさなければならないかわかります。


3. Easy Spending(240円)


161122_Budget_01.jpg


「Easy Spending」の特筆すべきところは、家計のバランスや支出の傾向がわかりやすく表示されるところです。パッと見ただけで、毎月の予算や何にお金を使っているのかがわかります。

クラウドでデータのバックアップと同期をしているので、毎月120円かかりますが、1ヶ月の無料トライアルを使ってみて、後でキャンセルすることもできます。Easy Spendingのほとんどの機能は、無料のアプリにもあるものですが、シンプルなインターフェイスが気に入ったなら、240円払うだけの価値はあると思います。


4. Saved(600円)


161122_Budget_02.jpg


「Saved」でアクセスできる情報はたくさんありますが、メイン画面は比較的整理されています。色々な情報を記録したいけれど、常にすべてを使うわけではない、という人にぴったりです。支出の円グラフは、何にお金を使ったのかがわかりやすいので、特に便利です。

しかし、もっと多くの家計や経済状況の記録を付けたい人は、「Mint」のような何でも記録できる無料アプリを使った方がいいかもしれません。しかし、何度も言いますが、インターフェイスがスッキリしているので、それが好きな人はこのアプリを使うといいと思います。


家計簿アプリを探そうとすると、あまりの情報の多さに参ってしまいそうになります。今回紹介したこの4つのアプリで、筆者は個人的に家計が大幅に改善されました。気になるものがあったら、まずは使ってみるところから始めてみてください。


Use a Simple Budget App to Streamline Your Finances |MakeUseOf

Dann Albright(訳:的野裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.