• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  08:00 PM

「コンプレッションウェア」が「ワークアウトの質を高める」というのは本当なのか?

「コンプレッションウェア」が「ワークアウトの質を高める」というのは本当なのか?

161128compression.jpg


バスケットボールプレイヤーやランナー、ウエイトリフター、日常的にジムに通う人たち......さらなる強さを常に求めている人々は、コンプレッションウェアこそ、まさに自分たちが求めていたものかもしれないと思っています。この伸縮性に富んだウェアに体をねじ込むと、血行が促進されるとされています。つまり理論上、運動中の筋肉への酸素供給が増え、ワークアウトの質が向上するというわけです。

コンプレッションウェアには、ハイニーソックスやエルボースリーブ、ロングパンツ、ニーラップ、トップスなど、ありとあらゆる種類があります。このタイトフィットなウェアは通常、スパンデックスとナイロンの混紡生地でできており、着用者の動きを妨げることなく、腕や脚、胴にピッタリとくっつきます。例えばレギングスやソックスは、トライアスロンの選手や長距離ランナーたちに人気です。

アシックス製品の広告には、以下のような楽観的な宣伝文句が踊っています。「コンプレッションウェアは、あなたがより遠くまで走り、より早く回復するのを手伝います」。それは、「乳酸が素早く除去され、筋肉痛が軽減されるため」だそうです。かなり優れものパンツなのはたしかですが、この宣伝文句は少し大げさかもしれません。


コンプレッションウェアに「できること」と「できないこと」


161128compression_2.jpg


コンプレッションウェアが血行を良くするというのは本当です。例えば、それを着用することで、深部体温を上げることもできます。ただしその効果が、着用者が記録を更新したり、着ていない場合よりも良い成績を収めたりするのを助けてくれるのに十分なほど顕著かどうかは確かではありません。2016年に『Sports Medicine』誌に発表された最新文献の分析によると、コンプレッションウェアは、ランニングエコノミー(いかに効率良く走るか)や歩幅、歩数といったランニングパフォーマンスに関係する変数において、全体的に見て若干のプラス効果を及ぼすそうです。ただし執筆者たちは、この効果は精神的なものにすぎない可能性があると述べています。コンプレッションウェアの着用者は、空間内における自身の体の関係に対して意識が高まるため、実際よりも感じる疲労が少なくなり、運動に取り組める時間が少し長くなるそうです。これによって、より効率的に体を動かすことが可能になるため、ワークアウトによる疲労感が軽減されるようです。

一方、競技大会に参加するウエイトリフターたちは、ニーラップ(ニースリーブとは異なります)に絶対的な信頼を置いています。ニーラップは、ヘビースクワット中に膝を保護する目的で、膝のまわりにきつく巻きつける伸縮性のある装具です。『Journal of Strength and Conditioning』誌に発表された研究では、実際にニーラップは、装着者が約10パーセント重いウエイトを持ち上げるのに役立ちますが、この結果は、装着者のスクワットのやり方が変わることによってもたらされることが観察されました。言い換えれば、ニーラップはパワーリフティングの大会には有効ですが、それ以外についてはほとんど役に立たないのです。

どうやらコンプレッションウェアの効果は、その種類と、着用者が行う活動の内容に左右されるようです。『International Journal of Sports Physiological Performance』誌に発表されたこちらの研究レビューで確認されたように、全力疾走や垂直跳びといった瞬発力が要求される動きをともなうスポーツでは、コンプレッションウェアの着用によってわずかな改善が見られます。ただしこの研究では、プラシーボ効果がもたらす疑いようもなく強い影響力は除外されてはいません。

かく言う筆者も、ハーフマラソン大会に参加するためにコンプレッションレギングスを着用した時のことを覚えています。きっとこれが、力強い足どりでゴールする力を筆者に与えてくれるにちがいないと確信したからです。その効果には、まったく驚かされました。このレギングスのおかげで、13.1094マイル(21.0975km)を走り切ることができたのです!(しかも自己最高記録でゴールできました)。


コンプレッションウェアが本当に役立つのはいつ?


161128compression_3.jpg


実を言うと、コンプレッションウェアは、下腿の血液凝固や糖尿病に関連する浮腫(むくみ)など循環器系の問題による症状の改善に何年も前から使われてきました。コンプレッションウェアは、抗凝固薬をはじめとする侵襲性の高い治療形態に代わる、現実的で有益な選択肢なのです。また、負傷した関節を保温したり支えたりする効果もあります。

人気の2XUをはじめとするメーカーの大半は、コンプレッションウェアが持つ回復のメリットを好んで強調します。製品ページを見ると、コンプレッションウェアが「筋肉痛を軽減する」と書かれています。まあ、それが真実の一端を突いていることはたしかです。

『British Journal of Sports Medicine』誌に発表された研究レビューによると、激しい運動や競技大会のあとにコンプレッションウェアを着用することにより、回復のスピードアップ、あるいは少なくとも過度の筋肉痛に対する感覚の鈍化が促されうるそうです。『Journal of Strength and Conditioning Research』誌に発表されたある研究では、練習後に24時間連続でレギングスを着用したラブビー選手に順調な回復が見られました。ここから考えられるのは、回復に目を向けるなら、運動後に長時間(少なくとも数時間は)、コンプレッションウェアの着用を試してみるべきだということです。なぜコンプレッションウェアが回復を助けるのか、はっきりとはわかっていませんが、ある学説を簡単に説明すると、その圧縮性によって炎症や腫れが起こるスペースが狭くなるらしいのです。

その一方で、筆者を含む一部の人たちは、着心地がよく、ルーズフィットのショーツやスウェットパンツのように邪魔になることもないという理由から、コンプレッションタイツを着用しています。筆者も友人も時々、コンプレッションレギングスを着用しますが、それは、その密着感が心地良く、運動で脚を酷使する日には精神的な励みを与えてくれるからです。また、虚栄心を満たすという点でも、コンプレッションウェアは体の一部を見栄え良くしてくれます。

初めてコンプレッションウェアを着用する時には、「こんなものが体になじむなんて信じられない」というぐらい、きつく感じるということを肝に銘じておいてください、最初は押し潰されているような不快感があるはずです。でも、慣れるにしたがって、どんどん快適になっていきます。手始めにコンプレッションソックスから試してみましょう(例えば、2XUから発売されているCompression Performance Run Socksはいかがでしょう)。その感覚に慣れなくて、コンプレッションウェアが嫌いになる人もいるかもしれませんが、それならそれでも構いません。

今回の話をまとめましょう。きつい運動のあとには、長時間コンプレッションウェアを着用することによって、肉体の回復を少し早めることができます。筆者にとってのコンプレッションウェアは、とにかく機能性に優れ、着心地も快適なウェアです。それでも信じられないという方は、無理にコンプレッションウェアを買う必要はありません。その分のお金を節約してください。でも、コンプレッションウェアが害を及ぼすという証拠もありませんから、もし興味があるのなら、物は試しに一度着用してみてはいかがでしょうか。


Stephanie Lee(原文/訳:阪本博希/ガリレオ)
Illustration by Sam Woolley. Images by Peter Mooney and Ryan Gacayan.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.