• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  12:00 PM

バックアップ計画がモチベーションを低下させる?研究結果

バックアップ計画がモチベーションを低下させる?研究結果

161119planb.jpg


99U:創造的な企ては、常に失敗する可能性があります。悲しいことですが、事実です。企画書は却下される可能性があります。スタートアップは頓挫する可能性があります。顧客プレゼンは失敗に終わる可能性があります。失敗のことを考えれば、誰だって不安になります。そして、不安をなだめるためにバックアップ計画を作るのです。あなたは自分にこう言い聞かせます。この本の企画が通らなかったら、スタッフライターの求人に応募しよう。このスタートアップが失敗したら、友人の会社で働こう。


バックアップ計画は、心のセーフティーネットみたいなものです。それがあれば、失敗の恐怖をいくぶん和げることができます。ところが、皮肉なことに、バックアップ計画を作成すると、本来の目標が達成しずらくなるのです。

先日、ウィスコンシン大学とペンシルベニア大学の経営学者チームが、この負の副作用は、本来の目標が達成困難であるときほど、現れやすいことを明らかにしました。その原因は、専門誌『Organizational Behavior and Human Decision Processes』に発表された最新の論文によると、バックアップ計画がモチベーションをそいでしまうからだそうです。


失敗への恐怖は成功へ向かう原動力になる


バックアップ計画があると、不安が和らげられ、のんびりした気分になってしまいます。ゴールに向かって脇目もふらずに邁進するという姿勢にはなりずらくなります。

バックアップ計画がモチベーションを低下させるという学説を検証するために、研究者たちは、数百人の被験者を集め、決められた時間内に単語クイズを解いてもらう実験を、合計4回行いました。クイズが解けた被験者には、成功報酬として、軽食や少額のお金が与えられることを伝えました。

いずれの実験でも、一部の被験者にバックアップ計画を作ってもらいました。たとえば、成功報酬が軽食なら、キャンパス内で無料の軽食を手に入れるバックアップ計画を考えるよう指示が与えられました。

結果、どの実験でも、バックアップ計画を作成した被験者のほうが、問題を解いた数が少ないことがわかりました。成功報酬を手に入れる別の方法を考えてもらったことで、被験者のパフォーマンスが低下したのです。実験後のアンケートにより、原因は、バックアッププランを作成することで気が散ったからではなく、モチベーションが低下したことだとわかりました。

ここで、1つ抑えておくべきポイントがあります。この実験におけるバックアップ計画とは、第一の目標が達成できなかったときに備え、別の目標を設定しておくものだということです(企画書が却下されたら、スタッフライターの求人に応募する、など)。1つの目標を達成するための、複数の手段を考えておく(たとえば、あなたの企画書を扱ってくれる複数のエージェントを見つけておく)ということではありません。さまざまな研究により、1つの目標を達成するための、複数の戦略を考えておくことで、決意とモチベーションが高まることがわかっています

こうした研究結果にもとづき、研究者のジヘ・シン氏とキャサリン・ミルクマン氏は、「バックアップ計画を考えるのには明らかなメリット(将来への不安が和らぐ)がある一方、見過ごせないデメリットもある」と助言しています。

ただし、これらの最新の研究も、若干、現実性を欠くところはあります。オンラインで単語クイズを解くことと、起業することや小説を書くことを同列に扱うことには無理があります。それでも、この実験結果にある種の説得力があるのは事実です。バックアップ計画は恐怖を和らげてくれる反面、情熱の火も消してしまう、という話は納得がいきます。論理的に考えれば、この問題は、目標を達成するのに、強い意志やたゆまぬ努力が必要なときほど大きくなり、成功か失敗するかは運次第というようなときには小さくなります。後者の場合、バックアップ計画を作るのは単に良い考えであり、はっきりとした弊害はありません。


バックアップ計画を作るべきか、作らざるべきか?


この研究結果を踏まえると、バックアップ計画を作るべきかどうかは、目標へ向かう際の懸念として、失敗への恐怖と、モチベーション不足とではどちらがより大きいかを考えれば判断できることになります。たとえば、顧客へのプレゼンを前にして、準備は十分にしているのに、失敗する恐怖が大きすぎて困っているなら、バックアップ計画を作っておくとよいでしょう(別の顧客を見つけておく、とか)。

一方、そうではなく、問題がモチベーション不足にあるなら、たとえば、プレゼンの準備をしないといけないのに、サッカーの試合から目が離せない、などのときは、バックアップ計画を作って自分を安心させてしまうと逆効果になってしまいます。バックアップ計画を作ることで、やる気がそがれてしまううえ、サッカーを見続ける言い訳を準備してしまうことにもなります。

また、第3のやり方もあります。つねにバックアップ計画を用意しておきつつ、それがモチベーションや集中力に与える有害性にも十分に注意を払っておくというやり方です。バックアップ計画のマイナス面を何かで相殺することができれば、イイトコどりができるというわけです。


The Danger of Making a Backup Plan|99U

Christian Jarrett(訳:コニャック
Photo by Shutterstock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • こいつできる! と思われる いまどきの「段取り」
  • 野田 宜成|日本実業出版社
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.