• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  10:00 PM

実は上質な作品が揃っている。「2016年Netflixドキュメンタリーベスト10」

実は上質な作品が揃っている。「2016年Netflixドキュメンタリーベスト10」

161119netflix_best_documentaries.jpg


MakeUseOf:Netflixはここ数年、自社制作のテレビ番組を大量に投入していますが、Netflixの本当の価値は、ドキュメンタリーの膨大なライブラリにあると言うこともできます。教育的、感動的、挑発的、ありとあらゆるドキュメンタリーがNetflixには揃っています。以下に紹介する、2016年制作のNetflixドキュメンタリーの数々がその証拠となるでしょう。

Netflixは視聴者が見たいものをよく理解しており、上質のドキュメンタリーがこれでもかというほど揃っています。そう、Netflixが競合他社に勝っているのは、視聴者の気持ちをうまくつかまえているからなのです。

Netflixには毎年、何百というドキュメンタリー作品が追加されますが、そのすべてを見る時間はとうていありません。ですので、私たちのほうで、2016年制作のベスト・ドキュメンタリーを何本か選んでみました。このリストが、あなたの貴重な時間と労力の節約に役立つことを願っています。


1. 伝説のアニメーター フロイド・ノーマン


IMDb: 9.0/10 | Rotten Tomatoes: 92%



ディズニーで初の黒人アニメーターとなったフロイド・ノーマン。アニメーションやインタビューを交えて送る、80歳となった彼のユニークな一大キャリアの物語。

フロイド・ノーマンは、1956年に初のアフリカ系アメリカ人としてディズニーに雇われ、『眠れる森の美女』、『101匹わんちゃん』、『ジャングルブック』といった作品を通じて、伝説的なアニメーターとなりました。ノーマンは、アニメーションに対する純粋な愛ゆえに、65歳で定年退職を迎えた後もディズニーに残り、無報酬で働き続けています。

このすばらしいドキュメンタリーを見れば、ノーマンの浮き沈みの激しい人生と、苦悩を乗り越える旅路、業界全体に与えた影響を知ることができます。


2. 2つの世界が衝突するとき



IMDb: 8.2/10 | Rotten Tomatoes: 90%



アマゾン森林開発を推進するペルー政府。自然破壊に反発する先住民たち。多くの死傷者を出した反対デモの真相を追い、生活権を脅かさっれる先住民の苦闘を描く。

私利私欲のために、自然から収奪の限りをつくす人たちがいます。アマゾンにおけるこの衝突は、その典型的な事例を描き出しています。自分の故郷がこのような侵略にあったら、あなたはどうしますか? 逃げますか? それとも戦いますか?

先住民の指導者アルバート・ピザンゴは戦うことを選び、アラン・ガルシア大統領の野望に対して、抵抗の狼煙を上げました。やがてそれは、激しい戦争へと発展します。この作品の真価は、見る人がこの映像から、人類全体の有り様と本質について、何を学ぶかにかかっています。


3. イントゥ・ザ・インフェルノ


IMDb: 7.6/10 | Rotten Tomatoes: 88%



世界各地の大噴火や煌々と流れる溶岩の迫力の映像とともに、火山を畏れ敬う火人びとの儀式を取材し、火山と人間の関係を考えるヴェルナー・ヘルツォーク監督作品。

いわゆる大自然ドキュメンタリーです。好き嫌いが別れるジャンルです。とはいえ、『イントゥ・ザ・インフェルノ』は、あなたがこれまで一度も見たこともないような大自然ドキュメンタリーとなっています。ヴェルナー・ヘルツォークは見る人を世界に連れ出し、地球上で最も神秘的な火山の探検へといざなってくれます。

また、火山だけでなく、火山周辺に住む先住民族の文化も描かれます。インドネシア、エチオピア、さらには北朝鮮にまでヘルツォークは訪れています。こうした神秘の大自然に対して、私たち人類はどのように向き合い、どのような関係を結んできたのでしょうか?


4. 最期の祈り


IMDb: 7.5/10 | Rotten Tomatoes: N/A



終末期医療の決定。集中治療室に横たわる患者本人だけでなく、医師や家族にとって倫理的・精神的に困難なこの決断プロセスに向き合うショートドキュメンタリー。

『最期の祈り』は30分に満たない作品ですが、見る人の心を粉々にするのには十分すぎる時間です。私自身は命に関するこれほど困難な決断に直面したことはありませんが、このドキュメンタリーを見ていると、まるで自分がその場にいるかのように感じられ苦しくなります。

あなたならどうしますか? どんな決断を下しますか? 命の引き金を引くことができますか? 重苦しく悲しい作品ですが、洞察に満ちており、目が開かれる思いがします。近くにティッシュを置いてご鑑賞ください。


5. オードリーとデイジー


IMDb: 7.4/10 | Rotten Tomatoes: 85%



面識のない2人の女子高生の共通点、それは顔見知りにレイプされたこと。さらに執拗なネット上のいじめと周囲の嫌がらせが始まる。悲痛なドキュメンタリー。

性暴力がもたらす影響は私たちが考えるよりずっと深刻です。被害者の生活は完膚なきまでに破壊されます。もちろん、当事者は激しいトラウマに苦しむことになりますが、傷つくのは1人だけではありません。友人、家族、地域社会もまた傷つくのです。影響は私たち全員に及びます。多くの場合、見えないかたちで...。

『オードリーとデイジー』では、2人の性暴力被害者の日常を追い、事件によって彼女たちの人生がどれほど破壊されてしまったかを描き出しています。犯罪そのものの被害だけでなく、事件の後に起こるいじめや社会的な嫌がらせがいかに酷いものであるかを見せつけられます。


6. 空のハシゴ


IMDb: 7.3/10 | Rotten Tomatoes: 100%



火薬を用いた壮大な作品で知られる、中国人芸術家の蔡國強。今まで製作した作品の中でも、特に野心的で美しいと評されるプロジェクトを追うドキュメンタリー。

火薬を表現媒体としたとき、どんな芸術作品が生まれるのでしょうか? 作品を実際に見たことがなければ、想像することすら難しいでしょう。『空のハシゴ』が必見のドキュメンタリーである理由はまさにそれです。蔡國強(ツァイ・グオチャン)の火を用いたアートは、芸術と工学の完璧な出会いとしか表現できないものです。目で見て興奮し、心で感動するドキュメンタリーです。


7. ファーストボール ー史上最速の球ー


IMDb: 7.3/10 | Rotten Tomatoes: 89%



ピッチャーの手を離れてからホームに届くまでにわずか0.5秒。神業ともいえる速球はどのように繰り出されるのか。野球界のスターと科学者がその秘密を検証する。

私は野球をこの世で最も退屈なスポーツだと思っています。ですので、野球に関するこのドキュメンタリーから目を離せなくなったとき、私自身がどれほど驚いたか、わかってもらえるはずです。『ファーストボール』は、ご想像の通り、野球に関する87分の作品です。

映像で見るとそれほど速く感じないかもしれませんが、投手の手を離れたボールは、わずか396ミリ秒でホームプレートに到達します。このドキュメンタリーは速球投手に敬意を表すだけでなく、誰もが知っておくべき速球の歴史も紹介しています。


8. アート・オブ・オーガナイズ・ノイズ


IMDb: 7.3/10 | Rotten Tomatoes: N/A



アウトキャスト、グッディー・モブ、TLC等をプロデュースし、影のメガヒット・メーカーとして君臨する、オーガナイズ・ノイズに迫るドキュメンタリー。

音楽業界にはたくさんの隠れたヒーローがいます。アーティストやグループが成功するのは、当人のパーフォーマンスやイメージのおかげだと思うかもしれませんが、実際には、その背後には見えない仕掛けがたくさんあるのです。

アトランタを拠点とするヒップホップ制作会社のオーガナイズ・ノイズは、世間に知られているよりもずっと大きな貢献をしてきました。このドキュメンタリーをじっくり見て、彼らが実際何をしているのか、アメリカのヒップホップ業界をいかに形作ってきたのか、今でもどれほど大きな影響力を持っているのかを学んでください。


9. 我が美しき壊れた脳


IMDb: 7.2/10 | Rotten Tomatoes: N/A



34歳の若さで脳出血を発症。回復するも、重い後遺症を負った女性の日々をカメラが追う。なんとか会話や読み書きを学び直し、彼女は新しい世界を発見していく。

ひとたび脳に損傷を受ければ、人生がどれほど変わってしまうかを思うと身震いがします。なにより恐ろしいのは、肉体的には何の被害を受けていなくても、脳卒中のように不意の病に倒れる可能性があることです。生活がどれほど不自由になるのかもさることながら、脳卒中になると世界の感じ方がどのように変わるのか、と疑問に思ったことはありませんか?

ロッテ・ザッダーランドさんは、表現できる範囲で、自分が体験したことを私たちに伝えてくれます。このドキュメンタリーは彼女が人生を取り戻していく過程に光をあてています。脳障害は暗いテーマですが、この作品には希望と明るさが満ちています。きっと見終わったあとに何かが変わっていることでしょう。


10. アマンダ・ノックス


IMDb: 7.0/10 | Rotten Tomatoes: 89%



二転三転する留学生殺人事件の裁判で、それぞれ2度の有罪判決と無罪判決を受けた米国人女性。アマンダ自身と関係者へのインタビューを通し、事件の裏側に迫る。

この作品に答えを期待してはいけません。あなたが目にするのは魅惑的で迷宮的な調査の足跡であり、見終わった後、きっと自分が持っていた思い込みに気付かされることになるでしょう。

エキサイティングな作品? いいえ。しかし、そこに映っているのはまぎれもない現実であり、驚くほど感動的なエンディングに向かって、スリルとサスペンスの連続を見せられることになります。「犯罪ドキュメンタリー」が好きな人はきっと楽しめるでしょう。


Netflixはドキュメンタリーの最後の砦です


Netflixには、地球や宇宙に関するものから、ハードウェア、ソフトウェアといった技術的なトピックに至るまで、世界で最も優れたドキュメンタリー作品が幅広く揃っています。ハッカーを扱ったドキュメンタリーまであります。もちろん、ドキュメンタリーだけがNetflixのすべてではありません。Netlixのコンテンツを探すさまざまなツールがありますので、ぜひあなただけの掘り出し物を見つけてください。


The 12 Best Netflix Documentaries of 2016|MakeUseOf

Joel Lee (訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.