• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

新MacBook Pro、売上は男性ユーザーが中心

新MacBook Pro、売上は男性ユーザーが中心

161118mediagene_gizmodo.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:どこまでギークなユーザー以外へも広がるか...。

iPhoneが毎年のようにアップデートされ、続々と新モデルが投入されてきたのに対し、数年間のブランクをあけて、ようやく「MacBook Pro」は刷新にいたりました。どうやら長い停滞期の影響は、侮れないものがあったようです。


440万人以上のオンラインショッピング利用者から調査データを分析しているSlice Intelligenceは、2014年にはMacBookを購入していたユーザーが、MacBook Proの新モデルが出ないまま何年も経過した影響をリサーチ。この数年の間に、新たなPCの購入が必要でMacBookを見限り、Windowsが搭載されたPCへ移行した人の割合が、MacBookユーザーの4割にも達したことを明らかにしています。ちなみに、移行モデルにはバラツキがあり、Dell、Asus、Acer、HP、Lenovoが、選択された5大ブランドとなっていました。

しかしながら、この度リリースされた新MacBook Proへの反響は、離れてしまったユーザーを呼び戻す勢いさえ感じられるとのこと。「Touch Bar」が搭載された新モデルは、まだ販売が待たれるものの、Touch BarなしのMacBook Proの滑り出しは絶好調! 新MacBook Proの発売から5日間の販売額は、昨年4月にリリースされた12インチモデルのMacBookと比較して、実に7倍超を記録したことが明らかにされています。

ちなみに、MacBook Proが刷新されることなく足踏みしていた間に、Microsoftからは「Surface Book」なる対抗モデルの新ノートPCが発売されました。とはいえ、新MacBook Proは、発売後5日間だけで、過去1年間のSurface Bookの全販売額の4倍近い売上をたたき出したともいわれています。期待されるTouch Bar搭載モデルの販売が本格化すれば、さらに売れ行きは加速していくのかもしれませんね~。

一方、Slice Intelligenceのデータからは、購入者層について、興味深い指摘も飛び出しています。発売後5日間というタイミングで新MacBook Proを購入したのは、全体の81%が男性でした。この偏りぶりは、初めて「Apple Watch」がリリースされたとき、やはり発売直後の購入者の8割が男性で占められていた状況と似ているそうですよ。一部のパワーユーザーのみならず、ごく一般的なユーザー層まで、女性も含めて幅広く受け入れられるモデルとなれるか? 今後のMacBookの課題なのかもしれませんね。


source: Slice Intelligence

(湯木進悟)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.