• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,,  11:00 AM

Amazonの『Prime Music』を今こそオススメする理由【聴くだけで当たる1周年記念プレゼント企画】

Sponsored

Amazonの『Prime Music』を今こそオススメする理由【聴くだけで当たる1周年記念プレゼント企画】

161118_prime_music.jpg


とある研究結果によれば、音楽をかけていると「幸せを11%多く感じ、緊張感が12%低下し、苛立ちが24%なくなる」といいます。その効果を実感している人もいるでしょう。サブスクリプションモデルの"音楽聴き放題"サービスが、花盛りを迎えているいまこそ、音楽を日常に採り入れない手はありません。

"音楽聴き放題"のサービスがいくつも登場するにつれ、その特色も表れ始めてきた今、私たちが次に考えるべきことは「どのサービスが自分のライフスタイルにもっとも合うのか」ということ。

言葉を選ばずに言うなら、これだけたくさんのサービスがあるのですから、好みでないマイナス点に目をつぶる必要はないともいえます。各社のサービス内容や特典を比較して、自分にしっくりくるサービスを選び抜く。その「審美眼」でさえも、現代のビジネスパーソンにとってはスキルのひとつといえるのかもしれません。

中でも、Amazon.co.jpが提供する音楽聴き放題サービス『Prime Music』は、リリースから1年が経った今こそ見直したいサービスといえます。機能も拡充し、メリットが際立ってきています。特に、1周年を記念して実施されるプレゼントキャンペーンは、音楽ライフが変わる大きなきっかけになりそうです。【本キャンペーンは終了しました】

さっそく以下に、今こそ着目したい『Prime Music』のポイントを紹介していきましょう。


161118_prime_music_1st.jpg


「お急ぎ便」だけじゃない。マルチサービスへと進化した『Amazonプライム』


そもそも『Prime Music』は純粋な"音楽聴き放題サービス"とは異なることを念頭に置く必要があります。なぜなら、Amazon.co.jpをより便利に使うための有料サービス「Amazonプライム」の会員向けに提供されているからです。

もちろん、音楽を求め『Prime Music』のためにAmazonプライムへ入会するのも良いのですが、その他にも使える機能に目を向けると、その価値は何倍にも感じられます。

多くの人にとって、Amazonプライムといえば、より早く荷物が届く「お急ぎ便」のイメージが強いのではないでしょうか。今や、それは過去の話です。AmazonプライムはAmazon.co.jpが提供する数々のサービスが一体となった、マルチサービスとも呼べるものに進化しています。

対象の映画やドラマ、アニメなどの動画コンテンツが見放題になる『プライム・ビデオ』や、容量無制限のフォトストレージとしてRAW画像も保存できる『プライム・フォト』。通常より買い物の機能が強化され、食品や日用品をまとめ買いしやすい『Amazonパントリー』、対象商品が最短で1時間以内に届く『Prime Now』、お買い得品の先行タイムセールなど、会員向けサービスは拡大を続けています。

すべての機能をひっくるめて、年会費は3,900円(税込)。オンラインで提供されるサービスに限っても、それぞれを単体で契約するよりも割安感が大きいのではないでしょうか。


『Prime Music』のプレイリストで「自分」をチューニングする


さて、Amazonプライム会員向けのサービスとして加わった『Prime Music』も、リリースから1年が経ち、楽曲の充実度や便利な機能も増えてきています。いくつかをピックアップしてみましょう。


1.100万曲以上を聴き放題できる

まずは曲数の拡充です。アリアナ・グランデやテイラー・スウィフトをはじめとした洋楽のラインナップには以前より強みがあり、ノラ・ジョーンズの最新アルバム『Day Breaks』も聴くことができます。

また、最近は邦楽の配信にも意欲を見せており、全体的な楽曲数はもちろんのこと、映画『君の名は。』で注目を浴びた上白石萌音の新アルバム『chouchou』など、注目の新曲にも出会いやすくなってきました。

ジャンルは『Prime Music』のトップページを見ても明らかなように、およそすべてを網羅しているといっていいでしょう。日本ユーザーに人気のJ-POPをはじめ、ロック、ジャズ、クラシックの定番どころを押さえていますし、中には「演歌・歌謡曲・軍歌」の項目まであります。

なお、『Prime Music』アプリは、好きな楽曲を事前にダウンロードしておくことで、オフラインでも視聴することができます。


2.CDが欲しくなったら「お急ぎ便」で購入できる

Prime Music』は楽曲購入前の下調べとしても便利なツールです。TVCMやドラマで流れる楽曲をいいなと思ったら、そのアーティストの他の楽曲をMP3やCDで購入できます。『Prime Music』ユーザーであるということはAmazonプライムの会員である、ということなので、CDがすぐ欲しくなっても追加料金なしの「お急ぎ便」で注文できます。アルバムのジャケットやリーフレットといった手触りが欲しければCDを買い、ミニマリストならMP3をダウンロードする。それぞれの視聴スタイルに合わせて音楽を楽しめます。


3.「プレイリスト」で自分をチューニングできる

ライフハッカーとして特に注目したいのが、『Prime Music』のプレイリスト機能です。Amazon社内の音楽エキスパートが選曲したプレイリストが生活のシーンごとに用意されているのですが、なかなかユニークなまとめ方をしています。

たとえば、「自律神経を整えるポップス」「軽快に仕事したい人のジャズ」「満員電車でイライラしないポップス」といったように、音楽の効能にフィーチャーしたプレイリストは、実にライフハック向き。まさに「聴くサプリ」といったところです。

このサプリが効果を発揮するのは、仕事だけではありません。以前、ライフハッカーではマラソンランナーの鈴木莉紗さんに「ランニングを飽きずに続けるための6つのコツ」を聴きましたが、その中にも「ジョギング中は音楽を聴く」が含まれていました。探してみたら「朝のランニング用ポップス」のプレイリストもすぐに発見!

自分で曲を選ぶのも楽しいものですが、現在でも数百種類を超えるプレイリストがあるため、選曲は専門家に任せて自分は「成果」だけを手にするというのも、賢い使い方ではないでしょうか。


プライム会員じゃなくてもエントリーできる「聴くだけで当たる1周年記念プレゼント企画」


161118_apm_tour1.png 161118_apm_tour2.png 161118_apm_tour3.png

【本キャンペーンは終了しました】

さて、最後に紹介するのは、冒頭で「音楽ライフが大きく変わる」と表現した『Prime Music』が日本上陸して1年目を迎えたことを記念した「聴くだけで当たる1周年記念プレゼント企画」です。

2016年11月18日(金)から11月24日(木)までの期間中に、対象となるプレイリストを視聴すると、抽選で「海外旅行」または「Bluetoothスピーカー」をプレゼントする、というのがキャンペーンの趣旨です。まだプライム会員じゃなくてもエントリーできます

海外旅行」プレゼントは、合計で15組30名様が招待されます。行き先は、『Prime Music』らしく、音楽の聖地巡礼の旅となっています。『ザ・ビートルズ TOP 50』プレイリストを聴いた方の中から抽選でロンドン旅行をプレゼント、『マイケル・ジャクソン ソングス』プレイリストを聴いた方の中から抽選でロサンゼルス旅行をプレゼント、『はじめてのモーツァルト』プレイリストを聴いた方の中から抽選でウィーン旅行をプレゼント。どこへ旅をしても、音楽への興味や見識をよりいっそう広げるきっかけを得られそうです。

Bluetoothスピーカー」プレゼントは、「Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II」を500台、「JBL FLIP3」を1000台、合計で1500台のスピーカーが用意されています。

「Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II」はポータブルスピーカーの中でもとくに評価の高い1台。その魅力のひとつに「Bluetooth対応デバイスを2台同時に接続できるので、多彩な音楽を切り替えて楽しめる」というものがありますが、まさに『Prime Music』と組み合わせれば、その楽しみもより広がるでしょう。

このプレゼントキャンペーンの対象者にはAmazonプライムの30日間無料体験中ユーザーも含まれます。Amazon.co.jpの「お試し期間でも全然いいよ!」という太っ腹感がしびれます。




日々の暮らしに音楽の彩りを加えられる聴き放題サービス。この機会に、30日間の『Amazonプライム』無料体験で『Prime Music』にトライしてみてはいかがでしょうか?


Amazon.co.jp: FPO: デジタルミュージック

(文:長谷川賢人)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.