• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  11:00 AM

Googleの「Android One」は「安心第一」のスマートフォン

Sponsored

Googleの「Android One」は「安心第一」のスマートフォン

161108_androidone_507sh.jpg


毎年のように新機種が投入され、熾烈な性能競争を繰り広げているスマートフォン。ガジェットが好きなテクノロジーマニアにとってはエキサイティングな世界ですが、シンプルに「使いやすいスマホが欲しい」というユーザーにとっては、入れ代わり立ち代わり最新機種が登場し、一括で購入するとおよそ10万円もの価格になる最新スマートフォンは、オーバースペックというものでしょう。

ほどよい価格で、長く安心して使えるスマートフォンを探しているなら、ワイモバイルが販売するシャープ製端末『507SH, Android One』はちょうどよさそうな1台です。


安心のシャープ製スマートフォン「507SH, Android One」

161108_androidone_507sh_nougat.jpgGoogleはAndroid OSの各バージョンに愛称をつけています。最新版となるAndroid 7.0の愛称「ヌガー(Nougat)」は、ナッツやフルーツを固めたお菓子が由来。


507SH, Android One』は、Googleのスマートフォンシリーズ「Android One」として、国内初となるスマートフォンです。発売から18カ月間はOSのアップデートが保証されており、先日(10月27日)にも、最新OS「Android 7.0」へのアップデートの配信が開始されました。

Android 7.0の中でも目立つ新機能は、1つの画面に2つのアプリを同時に表示する「マルチウィンドウ」機能と、通知領域に表示されたメッセージに直接返事を書き込める「ダイレクト返信」でしょう。


161115_507sh_multiwindow.png


「マルチウィンドウ」は、たとえばギャラリーアプリで写真のメモを見ながら電話アプリで番号を入力する、マップのナビを見ながらブラウザでお店の情報を確認する、といった使い方ができます。


161115_507sh_reply.png


「ダイレクト返信」は、通知領域に表示されたメッセージに対して、アプリを開かず通知領域で返事ができたり、即返信画面にジャンプできる機能。いちいちアプリを立ち上げる必要がないため、すばやく返信できます。

この他にも、省電力機能「Dozeモード」が進化したり、データ通信量を抑える「データセーバー」が導入されたり、スマホの基本的な使い勝手を良くしてくれる機能も追加されました。このような機能のアップデートは、今後も行われるでしょう。また、毎月1回のセキュリティアップデートも発売から2年間にわたって保証されており、安全面でも優れた端末になっています。


161115_androidone_wpos.png


シャープは今までにも数多くの端末を製造していますが、『507SH, Android One』ではとくにバッテリー持ちに力を入れています。3010mAhの大容量バッテリーを搭載しているほか、ディスプレイは省電力性に優れたIGZO液晶を採用。長時間のウェブブラウジングや高負荷なゲームをしない限り、およそ3日以上使えるスタミナを誇ります。

あわせて、国産スマホでおなじみの「防水」「ワンセグ」といった機能も完備。処理能力自体はミドルクラスながら、普段使いで困らないだけのスペックを持っています。


通話もコミコミ月額1980円。安心のお手ごろ通信プラン

161115_ymobile_plan_s.jpg


507SH, Android One』を取り扱うワイモバイルは、料金プランの面でも安心感を打ち出しています。

中でも目立つのは、「スマホプラン」に組み込まれた無料通話でしょう。1カ月に300回まで、1回につき10分までという範囲内なら、他社も含めた携帯電話、固定電話への国内通話に追加の費用はかかりません。

これに1GBのデータ通信を組み合わせた、基本となる「スマホプランS」の場合、「ワンキュッパ割」キャンペーンと「スマホプラン割引*」を適用すると、月額費用は初年度で1980円、2年目以降は2980円。これに端末代の実質負担金1000円(507SH, Android Oneの場合、24回払いで月賦払い金2000円から月額割引1000円を引いた金額)を足した金額が、月々に支払う料金となります。
*MNPの場合。ソフトバンク、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクからのMNPは除く。11月15日時点。


161115_ymobile_shop.jpg最寄りのワイモバイルのショップはウェブから探すことができます。

また、ワイモバイルは料金の相談や端末の修理といったサポートを受けることができるキャリアショップが全国に約1000店舗あり、東京都内に限っても150を超える店舗にアクセスできます。家電量販店などの取り扱い店を含めると、約4000の販売拠点があるので、購入時の相談なども安心です。

昔より使う機会は減りましたが、キャリアメールが使えるのも、地味ながら便利なポイント。Googleの二重認証をはじめとする、キャリアメールが必要となるサービスも問題なく利用できます端末の故障や紛失を保証するオプションや、大手キャリアと同じくLINEの年齢認証にも対応するなど、サービス範囲の広さは安心につながります。



161108_androidone_507sh_3.jpg本体を挟むガラスパネルは角を丸くした2.5D加工が施されており、手に馴染みやすいフォルム。

スマートフォン市場も成熟し、スペックと価格のバランスがとれたミドルクラスの端末も充実してきました。ワイモバイルの『507SH, Android One』は、シャープ製+Googleブランドという組み合わせで、過不足のないスマートフォン体験を手にすることができるでしょう。

購入は実店舗でも、ワイモバイル オンラインストアでもどちらでもOK。手軽に端末を購入できます。

「Google Play Music」90日間無料キャンペーン

161115_ymobile_GPM.jpgワイモバイルで『507SH, Android One』を契約すると、Googleの音楽聴き放題サービス「Google Play Music」の無料利用期間が、通常の30日間から90日間へと延長されます。詳しくは以下で。
はじめよう!Google Play Music キャンペーン

507SH, Android One|Y!mobile(ワイモバイル)

(ライフハッカー編集部/端末撮影:大塚敬太)
※表記価格はすべて税別です。
※Google・Android One・Google Play・Android およびその他のマークは、Google Inc.の商標です。

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.