• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,  10:00 PM

常に最適解を導き出す思考法「クリティカル・シンキング」を身につける方法

常に最適解を導き出す思考法「クリティカル・シンキング」を身につける方法

161114critical_thinking.jpg


MakeUseOf:「クリティカル・シンキング(あらゆる物事の問題を特定して、適切に分析することにより最適解に辿り着くための思考方法)」という言葉を聞くと、多くの学生はそわそわしだし、こっそり動揺します。しかし、大人になる頃にはそんな感覚はほとんど忘れてしまい、自分ではクリティカル・シンキングをしているつもりでも、大学卒業後は新しいアイデアに取り組む能力は衰えてしまいます。自分なりの流儀ができあがってしまうので、世の中を新しい見方で見られなくなってしまうのです。

情報時代の到来により、クリティカル・シンキングはいまだかつてないほど重要性を高め、同時に実践困難にもなりました。しかし、このスキルは情報通の市民社会の土台を成すものですから、発達させる必要があります。

まずは基本に立ち返ってみましょう。


なぜクリティカル・シンキングは重要か


2015年に世界経済フォーラムはクリティカル・シンキングを最も重要なスキル第4位に位置付けました。この順位リスト作成にあたり、フォーラムは「世界をリードする企業の人事部長や戦略企画役員」にどのスキルに価値を置くか質問しました。道を歩いている人を無作為に選んで聞いたわけではなく、世界経済に多大な影響を与える人たちに聞いた結果ですから、クリティカル・シンキングが重要だと言われれば、少なくとも企業に就職するに当たってはその通りだろうと思えます。

では、クリティカル・シンキングとは何でしょうか? 香港大学哲学科の定義によれば、クリティカル・シンキングのスキルがある人は次のような能力があります。

  • 2つの異なる考えを結びつける論理を理解できる。
  • 議論の本質の認識、議論の構築、議論の価値の見極めができる
  • 論拠の矛盾やありがちな間違いを見抜ける
  • 体系的に問題を解決できる
  • アイデアの妥当性と重要性を認識できる
  • 自分の信条や価値観の正当性を省察できる

上記の6項目によりクリティカル・シンキングが重要である理由は明確です。クリティカル・シンキングによって、問題解決のスキル、コミュニケーション・スキル、論理的思考のスキル、クリエイティブなスキルが強化されますが、どのスキルも企業の有能な社員であるためだけでなく、現代社会を生き抜くためにも重要だからです。


情報管理


情報時代に生きる私たちは、常に新しいデータのシャワーを浴びています。インターネットに恒常的にアクセスできますし、クラウド・ソーシングによるアイデア収集も可能です。新しいアイデアがすぐに入手できるということは、膨大な情報を処理する必要があるということです。ここで、クリティカル・シンキングが役立ちます。

クリティカル・シンキングはスキルというより生き方として考えた方が良いかもしれません。お釈迦様の次のような言葉を読めば、私が言わんとすることがおわかりいただけるかもしれません。

聞いたことがあるというだけで信じてはいけません。多くの人が話題にしたり噂をしているからというだけで信じてはいけません。本に書いてあるからというだけで信じてはいけません。先生や年長者の権威があるからというだけで信じてはいけません。何世代も受け継がれてきたからというだけで伝統を良いと思ってはいけません。観察と分析をして、理にかなっていて誰のためにも良い結果になるとわかったら、そのとき初めてそれを受け入れ、規範として生きましょう。

クリティカル・シンキングは、根本的には、真実に到達する道なのです。その道をたどると、クリエイティブなアイデアが湧いてきたり、難題を解決したり、複数の概念を関連づけることができます。クリティカル・シンキングのスキルを構築するのは一生かかるぐらいの長いプロセスですが、いくつかのシンプルな原則を覚えておくとそのプロセスの進捗に弾みがつきます。


1. 「なぜ?」と問いかける


クリティカル・シンキングの本質は「なぜ?」と問いかけることです。クリティカル・シンキングのスキルが無い人は聞いたことを無条件に事実として受け取る傾向があります。

誰かが何か言うたびに「なぜ?」「どうして?」と子供のようにいちいち聞く必要はありませんが、会話の中にその質問をうまく取り入れて、自分なりに答えを探し、相手の主張の裏にあるストーリーを考慮すれば、論点の理解を深めることができます。

私はボードゲームの歴史に関する本を手掛けてきた関係で、この種の質問をたくさんしてきました。なぜ人間はゲームをし始めたのか。なぜボードゲームはこれほど何世紀にもわたり存続し続けたのか。なぜボードゲームは人気を取り戻したのか。そして、最後に、この本の読者はなぜボードゲームに興味を持つのか。これらは全て価値のある疑問であり、それぞれの疑問に対する答えは、思いも寄らぬことに、さらなる疑問と答えを生んだのです。そして、まさにそこから洞察が生じるのです。


2. 読書する


クリティカル・シンキングの能力を高めるベストな方法の1つは、さまざまな人間、土地、文化、時代についての知識を増やすことです。旅行をすればいいのかもしれませんが、世界中を漏れなく旅することなどできません。でも、たくさん読書することならできます。

オンラインの読み物は上質なものを選び、できるだけ多くの本を読みましょう。自分とは政治的、科学的観点が異なる作家、あるいは単に自分とは文体の異なる作家の文章に触れてみましょう。偉大な思想家の本だけでなく市井の人が書いた本も読んでください。

読書量が多いほど、学ぶことも多くなります。その学びを土台にしてクリティカル・シンキングのスキルは構築されるのです。ノンフィクションは実用的ですが、フィクションの価値が劣るわけではありません。小説、ショートストーリー、演劇を読むと、他人の考え方や生き方を洞察する手がかりになります。

読書中もクリティカル・シンキングを実践するようにしましょう。紙に印刷されているからといって(あるいはインターネットで投稿されているからといって)、必ずしも真実とは限らないからです。


3. マルチタスキングは禁物


今日のテクノロジーやカルチャーのおかげでマルチタスキングは容易になりました。私たちはマルチタスキングするとより多くのことがこなせると勝手に思い込んでいますが、その思い込みは間違いであることを科学が繰り返し証明してきました。マルチタスキングすると、何かに一心不乱に集中することができなくなり、何をしていても、今していることを真剣に考えられなくなります。

これはクリティカル・シンキングをするために必要なことの真逆です。批判的であるためには、今取り組んでいる作業に完全に集中する必要があるからです。読書、書き物、討論、議論、協働、口論、どれであれ成功裏に成し遂げるには、他のことは全て打ち捨てて、たった1つのことに集中する必要があります。

メールのインボックスを閉じ、Twitterを切り、iPadはしまいましょう。携帯電話の通知機能もオフにして、不必要なブラウザのタブは閉じましょう。どれも思考を深めるには邪魔だからです。こうしないと、クリティカル・シンキングができないばかりか、あまり考えることが無い状態になってしまうかもしれません。

(いや、自分にはマルチタスキングは向いているという異論のある方もいるでしょう。確かに人によると思います。私が言っているのは一般論です。マルチタスキングしながら1つ1つの作業にそれなりの時間をかけ深く考えることができるなら素晴らしいです。どうぞ、そのまま続けてください)


4. 観察する時間を持つ


問題に直面したときは、新しいアイデアを思いつく必要があります。でなければ、何か興味が持てることに目を向けるようにしますが、まずはじっくり観察するところから始めるべきでしょう。問題や意見の不一致に遭遇したとき、自分の思い込みや過去の経験をそのまま生かすのは簡単です。

しかし、自分はわかっているという思い込みに陥らず、時間をかけて状況を観察してください。表面的な問題やモチベーションに状況も人間も振り回されていると思うかもしれませんが、多角的な層が何重にも重なり作用していることが多いものです。最初の状況観察に基づいてすぐに判断したり行動したくなりますが、もう少し時間をかけて観察すると、起こっていることがより明確に見えてきます。

時間をかけて観察することは、とりわけ現代社会では困難です。ニュースにコメントを送信する、Redditの記事に反対票を投じる、Twitterで誰かのフォローを解除する、どれも数秒でできてしまうからです。しかし、すぐに行動に移す代わりに、まずしっかり観察して、クリティカル・シンキングのスキルを十分に発揮しましょう。


5. 思考する


一見矛盾するようですが、思考以外のことは何もせずに過ごすのがクリティカル・シンキングのスキルを発揮して強化するにはベストです。私は本を執筆し始めたので、紙とペンを使って考えるためだけにかなりの時間を費やしました。その間にさまざまなアイデアを結び付け、思考を発達させ、問いかけるべきさらなる質問を思いつき、読者に関連する事柄を見極めていたのです。

何よりもスピード優先の世界でこれを実行するのは特に困難です。腰を下ろして沈思黙考するのは時間の使い方としては生産的には見えません。しかし、それをしてこそ素晴らしいアイデアが誕生するのです。プロジェクトの最中に名案が浮かぶ幸運な人もいますが、多くの人は静かな一人の時間を持って考える必要があります。

日記をつける習慣を始めると、気が散らずに考える時間をもっと持てるようになります。問題解決のプロセスを紙に書きつけるのも良い方法です。1人のときは、考えることに意識的に時間を使う習慣にしましょう。


クリティカル・シンキングを実践して有意義な人生に


クリティカル・シンキングは全ての問題を解決できるわけではないかもしれませんが、身につけて損はない習慣です。クリティカル・シンキングを実践するほど、イノベーション、周囲に対する影響力、コミュニケーション、学習などが効率的にできるようになります。誰にとっても良いことです。


How to Build Critical Thinking Skills in Just 5 Steps | makeuseof

Dann Albright(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.