• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

飛行機事故のとき「不時着時の姿勢」はどれくらい有効なのか

飛行機事故のとき「不時着時の姿勢」はどれくらい有効なのか

161112crash_posture1.jpg


飛行機事故に見舞われるという不幸な事態が発生したとき、衝撃に備えて不時着時の姿勢を取るという指示に従えば、本当に負傷を最小限にしてくれるでしょう。その主なメリットは、頭を前方の席に近づけておくので、頭や胴体をむち打ち状態になるような揺れから守られることです。


不時着時姿勢を取ると死亡するリスクが高まるという俗説もありますが、Mythbustersは的確にこの説を退けています。実際の飛行機事故や、テストダミーを使った実験による調査の結果、不時着時姿勢の有効性が確認されたのです。

実際のところ最適な姿勢はその人の体格、事故の種類、座席で利用できるスペースの広さ等によっても変わりますが、機内にある安全のしおりに書かれている姿勢は、基本的なルールとしてとても優れているそうです。


Does "Bracing for Impact" Really Protect You In a Crash? | Popular Science

Beth Skwarecki(原文/訳:コニャック

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.