• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

飛行機事故のとき「不時着時の姿勢」はどれくらい有効なのか

飛行機事故のとき「不時着時の姿勢」はどれくらい有効なのか

161112crash_posture1.jpg


飛行機事故に見舞われるという不幸な事態が発生したとき、衝撃に備えて不時着時の姿勢を取るという指示に従えば、本当に負傷を最小限にしてくれるでしょう。その主なメリットは、頭を前方の席に近づけておくので、頭や胴体をむち打ち状態になるような揺れから守られることです。


不時着時姿勢を取ると死亡するリスクが高まるという俗説もありますが、Mythbustersは的確にこの説を退けています。実際の飛行機事故や、テストダミーを使った実験による調査の結果、不時着時姿勢の有効性が確認されたのです。

実際のところ最適な姿勢はその人の体格、事故の種類、座席で利用できるスペースの広さ等によっても変わりますが、機内にある安全のしおりに書かれている姿勢は、基本的なルールとしてとても優れているそうです。


Does "Bracing for Impact" Really Protect You In a Crash? | Popular Science

Beth Skwarecki(原文/訳:コニャック

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.