• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

大嶋拓人  - ,,  10:30 AM

米大統領選の裏でビットコインが急騰した理由

米大統領選の裏でビットコインが急騰した理由

161109bitcoin_uspre.jpg


米メディア「Quartz」によると、米大統領選で株価が下落する中ビットコインが大幅に値を上げていたようです。株価や為替ならまだしも、なぜビットコインに動きが見られるのでしょうか?



何が起こっているかを探るべく、日本デジタルマネー協会理事でありビットコインに詳しい大石哲之氏にコメントを求めました。


── 米大統領の成り行きに影響されるようにビットコインが急騰した理由は何でしょうか?

大石氏:要因としては2つあって、ひとつはドル安による要因です。これは前々からエコノミストなどが指摘していましたが、米国は「ドル高容認」から「ドル高阻止」に向けて政策を変更してきており、利上げなどのイベントも控えています。よって、当面のトレンドはドル安ということで、その資金は円に入ってくるという予想がされています。単純に、ドル安ならば他の通貨が上がるはずで、ビットコインも相対的に上がるはずです。

ただ、上記のドル安路線はクリントン氏が当選しても既定路線だったといわれています。そういった傾向がはっきりしてきた10月以降に値を上げています。それに加えてトランプ氏が大統領になる未知のリスクを懸念している人が多いのではないでしょうか。リスクオフの動きが高まるときに、買われるものは現物資産で、ゴールド(金)などに流れるというのが一般的ですが、その一部がビットコインにも流れているのではないか? というのが1つの予想です。

もう1つは、ビットコインの事情によるもので、2013年末につけた史上高値から3年にわたって調整してきました。昨年の大底から値を上げてきているチャートになっており、先日も今年の最高値付近まで上げていました。チャート的にも、まだ上がる余地があると考えられています。


── リスク回避的な動きとしてビットコインにお金が流れてきているとのことですが、ということはこれは一次的な動きで、戻る可能性が高いと考えて良いでしょうか?

大石氏:リスク回避的な動きは一時的なものと思います。Brexitのときも同様の動きがありましたが、大きなトレンドのほうに収斂しています。


── ビットコインの普及においてどんな影響がありそうでしょうか?

大石氏:ビットコインの普及においてはそれほど影響はないと思います。ビットコインに関しては、長らく続いた技術的な課題とポリシーの対立(スケーラビリティ問題)に一定の解決のめどが立ちました。こうしたビットコイン特有の技術的な要因も価格に及ぼす影響も大きく、ビットコイン価格については、ソフトウェアなので技術的なことが及ぼす影響も理解すると良いです。




ロイター通信によると、ゴールド(金)は実際に買われているようです。トランプ氏の当選が確定した今、大統領としての今後の動向に注目が集まっています。


(大嶋拓人)
Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.