• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

和田美樹  - ,  11:00 PM

世界経済フォーラムが発表した「最もイノベーティブな国」

世界経済フォーラムが発表した「最もイノベーティブな国」

161109innovation1.jpg


イノベーションは、起業家や企業のもつ最強の道具の1つです。イノベーションができなければ、巨大企業も後れを取ってしまいますが、できる企業は、失敗と思えるような状況の中でも成功をおさめることができます。

イノベーションを積極的に活用し、刺激することが最も可能なのは、経営資源をふんだんに使える大きな組織や国家だと思うかもしれません。でも実は、イノベーションは姿勢であって、小さく強気なところのほうが、有利な場合が多いようなのです。

世界経済フォーラム(WEF)が最近発表した、2016年国際競争力ランキングでも、イノベーションは大きな要素でした。イノベーションの指数が最も高かった国々について、Business Insiderがまとめているのですが、あなたはその結果を意外に思うかもしれません。というのは、最も革新的と思われがちないくつかの国の指数が、思いのほか低いからです。では、トップ10の国々と、その革新力を1から7で評価した指数を以下に紹介します。


スイス

指数:5.8

コメント:WEFは、スイスが有利なのは、「イノベーションを促す政策環境とインフラ、教育の質、他国と比べものにならない人材誘致力、業界トップの多国籍企業が存在し、品質に定評があり、イノベーションへの意欲が高い中小企業があらゆる分野をまたいで密なネットワークを形成しているからだ」としています。教育機関と企業の密な連携が、「商業的に有用なイノベーティブな製品を生み出している」ということです。


イスラエル

指数:5.7

コメント:イスラエルは、経済と地政学的安全保障のために重要だとするイノベーションを、長きにわたって推進してきました。政府の支援が非常に充実し、科学者やエンジニアの価値を大手多国籍企業に販売する、強力なマーケティング力を備えています。


フィンランド

指数:5.7

コメント:「フィンランドの強味は、効率的で透明性の高い一流の政府と、質の高い教育制度」だとWEFは結論づけています。その革新力を支えているのは「優れた科学者とエンジニアが多いことと、大学と産業の大規模な連携」なのです。


アメリカ

指数:5.6

コメント:ご覧のとおり、アメリカは、同点4位です。この国のビジネスはイノベーションによって牽引されていますが、 基礎科学研究への政府の支援が、かつてよりも減少しています。また、アメリカは、初等教育やインフラの国際順位が10位以下で「十分な教育を受けていない労働力」「不安定な政策」「全国的な労働力の労働倫理の低さ」に悩み、法人税の問題も抱えているのです。


ドイツ

指数:5.6

コメント:ドイツのイノベーションを推進しているのは、技術力の高さ、技術的即応能力、人材の効率的な使い方、従業員の関与度を向上させる分権管理の実践です。従業員がイノベーティブな仕事をし、戦略や製品デザイン、配送に影響力をもつことができる環境が整っているのです。


スウェーデン

指数:5.5

コメント:高等教育と職業訓練が優れていて、ビジネスの洗練度、技術的即応能力が高いことが強みです。テクノロジーとイノベーションを積極的に活用するには、製品やサービスのデザインだけでなく、ビジネスの運営方法も工夫する必要があることを、各企業が理解しています。


オランダ

指数:5.4

コメント:オランダは、インフラ、高等教育と職業訓練、技術的即応能力、そしてビジネスの洗練度、その他でもトップ10入りしています。 「オランダが特に高く評価されているのは、科学研究機関の質の高さ(4位)、大学と企業の連携(5位)で、社会イノベーションの成功事例が特に多い」とWEFはまとめています。


日本

指数:5.4

コメント:WEFによると「日本は5つの部門でトップ10入り」し、「特に優れているのは、インフラ(5位)、ビジネスの洗練度(2位)、ユニークな製品や製造工程の導入(2位)、そして国際流通の管理(5位)。また、質の高い研究機関(13位)、企業の研究開発費(4位)、有能な科学者とエンジニアが多い(3位)ことも、イノベーティブ環境の総合指数が高いことに貢献している」そうです。


シンガポール

指数:5.3

コメント:WEFによると「シンガポールは、高等教育と訓練の部門と、商品市場の効率性で首位、そして他の5つの部門で2位にランクインしている」そうです。「シンガポールの公的機関は透明性と効率性が高く(フィンランドに次いで2位)(企業の業績は1位)、 インフラは世界でもトップレベル(香港に次いで2位)」だといいます。


デンマーク

指数:5.1

コメント:デンマークは、インフラと、保健と初等教育、高等教育と職業訓練、技術的即応能力、ビジネスの洗練度において、高いスコアを得ています。ヨーロッパ諸国と北米に比べ、すべての指標において、ヨーロッパ諸国や北米と同程度、あるいは上でした。


The Most Innovative Country Is Probably Not the One You Think|Inc.com

Erik Sherman(訳:和田美樹)
Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.