• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,,,,,,,,  09:00 PM

子どもだけでなく親も「テレビやパソコンをどれだけ使うか?」を考えた方がいい理由

子どもだけでなく親も「テレビやパソコンをどれだけ使うか?」を考えた方がいい理由

161104_parents_stress.jpg


inc.:子どもとスクリーン問題は、親にとってはかなり熱いトピックであり、なかなか解決しない悩みでもあります。どれくらいの時間、テレビやパソコンを使わせるのが適切なのか? どのゲームは認知力の発達に役立つのか? どのソーシャルメディアを使うのが子どもにとって安全なのか?

研究者たちが、子どもの成長にスクリーンがどのような影響を与えるのかを調査していますが、あまり調査されていない大事な領域がひとつあります。それは、親とスクリーン問題です。


Science Daily」によると、親は、スマートフォン、タブレット、ウェラブル機器などを、1日3時間は使っていると思われます。Netflixでドラマを一気に見たり、スマホのゲームをやることが、自分の仕事にどのような影響があるかを考えたことがありますか? これこそが、ミシガン大学とボストン医療センターの、子どもの行動に関する研究者と小児科医が疑問に思っていることです。

その研究結果が、子どもの発達と行動ジャーナルに掲載されました。その結果と内容を表した記事のタイトルは「モバイルテクノロジーの利用に関する親の視点:接続している間の子育ての興奮と消耗」です。この記事は、0歳〜8歳の子どもを持つ35人の保護者への綿密なインタビューを基にしており、モバイルを使うことで、家族の日課が邪魔され、仕事と家庭のマルチタスクにつながり、感情的になる一因となっていることがわかりました。

主任研究者のJenny Radeskyはこのように述べています。

親はテクノロジーに起因する、家にいても仕事や他の用件にすぐに返答しなければならないというような期待と、家族との時間のバランスに悩まされていることがわかりました。母親/父親脳と、仕事やその他の一面を切り替えるのは、境界線がまったく曖昧なだけにかなり難しいです。

多くの親が、スマホが原因となっている仕事のストレスで、家庭生活にも悪影響が出ていると報告していました。頭にくる仕事のメールを見た後で機嫌が悪くなり、そのせいで子どもに当たってしまうこともあります。また、親がスマホやパソコンを使うことで、子どもが親の注意を引くために、破壊的な行動を取りやすくなることも多いことがわかりました。

しかし、すべてがネガティブなことばかりでもありません。親が家庭での子育てのストレスから解放されるために、スマホやパソコンをつないで外界と接触したり、簡単に家族以外の人とコミュニケーションできたり、仕事のスケジュールが柔軟にできたりするようになったのは喜ばしいことです。

その研究では、スクリーンを見る時間と家族の時間のバランスに関しては、まだ改善の余地はありそうだということもわかっています。研究者はこのように言っています。

小さな子どもの親や保護者は、モバイルテクノロジーを利用することに関して、内心かなり葛藤していると言っています。親がそのような心情や認知的反応を理解できるよう助けることで、テクノロジーと家族の時間のバランスが取れるようになるのかもしれません。

Want to Reduce Parenting Stress? Science Shows This Is a Likely Cause|Inc.

Betsy Mikel(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.