• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  08:00 PM

筋トレ1セットは速くやるべきなのか、それとも遅くするべきなのか?

筋トレ1セットは速くやるべきなのか、それとも遅くするべきなのか?

161102fast_and_slow.jpg


レップ数(筋力トレーニング1セットあたりの動作反復回数)を何回にするかなど、トレーニングのやり方は人それぞれ。今回は、レップスピードを遅くするか速くするか迷っている方のために、それぞれのメリットをご紹介します。


レップスピードが速いと、筋肉の成長に欠かせない筋肉疲労や筋不全により早く到達できるというメリットがあります。限界に近いレップ重量を持ち上げている状態になり、高い運動量につながります(セット数×レップ数×重量)。

初心者やフォームを作り始めたばかりの人はレップスピードを遅くすると良いでしょう。重量上げをしているときに重量や身体の動きをうまくコントロールできるからです。たとえば、遅いレップスピードで軽量を持ち上げると、筋肉内部の緊張が保たれるほか、重力によって重量が落ちることなく運動を続けることができます。

それぞれメリットがありますので、どちらを選ぶかは運動中にどこを強化したいかという希望次第です。


Slow Reps vs. Fast Reps -- Which is Better for Building Muscle? | PictureFit (YouTube)

Heather Yamada-Hosley(原文/訳:コニャック

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.