• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  08:00 PM

発売時の不評を乗り越え、健闘を続ける「Microsoft Surface」

発売時の不評を乗り越え、健闘を続ける「Microsoft Surface」

161031surface.jpg


MakeUseOf:MicrosoftがタブレットPCの「Surface」シリーズを最初に発表したとき、「iPad」の類似品だとして失笑を買いました。しかしそれから4年が経った今、かなりの業績をあげるまでに成長しています。確かに売上高こそiPadと比べると見劣りしますが、Microsoftの事業の中で大切な部分になりつつあるのは間違いないようです。


Microsoftの最新の決算「TechCrunch」の記事より)を見ると、2017会計年度第1四半期(2016年9月30日締め)に、Surfaceシリーズの売り上げは9億2600万ドルに達しています。1年前の同じ四半期は6億7200万ドルでしたから、これはかなりの売上増になります。

この成長ぶりについて、Microsoftでは「Surface Pro 4」および「Surface Book」の好調な売れ行きを要因として挙げています。加えて、同社の最高経営責任者(CEO)を務めるサトヤ・ナデラ氏は、企業ユーザー向けの大口販売の実績が大きく伸びた点にも触れていました。これはつまり、企業がSurfaceシリーズのデバイスを従業員向けに大量購入しているということです。

発売直後から大ヒットというわけにはいかなかったものの、Surfaceは発売以降、着実に売り上げを伸ばしています。とはいえ、AppleのiPadは直近の2016会計年度第4四半期(2016年9月24日締め)だけでも売り上げが42億ドルを超えており、とうていSurfaceの及ぶところではありません。それでも、Microsoftがこれからも粘り強くテコ入れを続ければ、この製品シリーズが成長し続ける可能性は十分にあります。

間違いなく言えるのは、MicrosoftのSurfaceは発表当初とは違い、一笑に付されるような製品ではなくなっているということです。これだけでもかなりの進歩と言えるでしょう。


The Microsoft Surface Isn't Such a Joke After All | MakeUseOf

Dave Parrack(訳:長谷 睦/ガリレオ)
Photo by Microsoft.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.