• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

最高に美しい「光跡の写真」を撮影する方法

最高に美しい「光跡の写真」を撮影する方法

161027light_trails_.jpg


MakeUseOf:「光跡」は、明るい光の移動を長時間露光で撮影すると得られる効果です。一番ポピュラーなのは、夜の道路を撮影した写真ですね。走る車がすべて赤と白の光の筋と化している、あれを光跡といいます。

でも、どうすれば、この光跡をうまくとらえることができるのでしょう? 撮影自体は簡単ですが、それにはカメラを正しく設定し、撮りたい写真についてアイデアを練る作業が不可欠です。それでは、美しい光跡の撮影方法をいっしょに見ていきましょう。


1. カメラを正しく設定する


光跡を写真にとらえるための一番重要なステップは、カメラを正しく設定することです。

光跡は、かなり遅い「シャッタースピード」で撮影すると最高の結果が得られます。だいたい20~30秒ですね。これより速いと、光跡を生じさせている物体の細部が写ってしまう可能性があります。最初はシャッタースピードを30秒に設定しましょう。その後で、もし上げたければ20秒、あるいは15秒にしてもかまいません。

長時間露光で撮影する際はいつでも、低い「ISO感度」を使用することが重要です。画像に余計なデジタルノイズが入ってほしくありませんからね。また低いISO感度は、シャッタースピードを十分に長く保ち、光跡を美しくとらえるのにも役立ちます。ISO感度は100に設定しましょう。

「絞り値(F値)」は、シャッタースピード、ISO感度と並んで露出を決定する3大要素のひとつですが、光跡の撮影においては、もっとも重要度の低い要素です。状況に応じて、F5.6~F22までの絞り値が使えます。重要な点は、遅いシャッタースピードと低いISO感度を保ちつつ、絞り値は背景の露出に合わせて選ぶことです。真っ黒な背景に抽象的な線が走っているだけという光跡の写真はあまり撮りたくありませんね。つまり絞り値の役割は、周囲にあるものを目に見える状態に保つことなのです。何枚かテスト撮影を行って、ちょうどいい絞り値を設定しましょう。迷ったら、F8~F16のどれかを試してみましょう。変更はいつでも可能です。

また、言うまでもありませんが、RAWファイル形式で撮影するようにカメラを設定しましょう。後から調整できる余地をできるだけ残しておくのです。


2. 撮影の準備をする


どんな長時間露光の画像でもそうですが、三脚は光跡の撮影にも欠かせません。30秒間も手でカメラを完璧に固定することなんてできませんからね!

三脚を安定した場所に設置して、そこにカメラをしっかりと固定しましょう。道路のそばで撮影を行う場合は、設置のしかたが不十分だと、車の通過で三脚が振動するおそれがあることを覚えておいてください。三脚に重り用のフックがついていれば、そこにギアバッグなどを吊るしましょう。

光跡の撮影には、構図に関する自由がかなりあります。広角でも望遠でも、高い建物の上からも地上からも撮影できます。ほぼどんな撮り方でも大丈夫でしょう。押さえるべき唯一のポイントは、撮影環境に適した構図を選ぶことです。焦点距離を選んで、写真をどう切り取るか決めてください。

オートフォーカス(AF)は、暗い場所ではうまく動作しません。撮影者がピントを合わせたいところを判断するためにカメラが使うテクニックは、周囲に十分な光がないと適切に機能しないのです。ですから、レンズをマニュアルフォーカス(MF)モードに切り替えて、手動でピントを合わせてください。


3. シャッターボタンを押す


すべての準備が整ったら、いよいよシャッターボタンを押しましょう。リモコンを持っている人は、それを使うとよいでしょう。三脚に乗せたカメラに触れると、振動が加わったり、入念に考えた構図をずらしてしまう危険があります。

リモコンがない場合は、カメラのセルフタイマーを2秒にセットしましょう。家族写真の撮影に使うのと同じモードです。こうすることにより、撮影を妨げずにシャッターボタンを押す時間が得られます。


4. シャッターを切り続ける


最初の1枚で撮影をやめないでください。夜間ですし、寒いですし、おまけに1枚撮るのに1分もかかるのですから、すぐに終わりにしてしまいたくなるものです。でも、がんばって撮り続けてください。アングルを変えたり、別の焦点距離を試したり、シャッタースピードを遅くしたり、あるいはそれらを組み合わせたりしてみてください。撮影の終盤にあれこれ試してみた写真の出来が実は一番良かった、という話はよくあります。


5. 画像の後処理を行う


撮影した画像の編集はとても重要です。特に光跡のようなクリエイティブで抽象的な写真には、編集は不可欠です。カメラで撮ったままの状態では、その画像の魅力を最大限に引き出すことはできません。

次のような編集を加えてみてはいかがでしょう。

  • 光跡の彩度を上げて、より鮮やかに見せる。
  • 画像のコントラストを上げて、光跡をより目立たせる。
  • 画像を白黒に変換して、より抽象的な雰囲気を出す。
  • 見る人の気をそらす背景の要素を取り除く。
  • 複数の光跡を組み合わせて、その効果を高める。


そのほかのアドバイス


以上でご紹介したのは光跡の撮影に関する直接的なハウツーですが、試せることはまだまだあります。

例えば、撮影の準備を行う前に、光跡が写真にどのように写るか考えてみましょう。光が動く様子を見て、それらが描く軌跡を思い描いてみるのです。そのイメージを念頭に置いて構図を決めましょう。

また、見る人の視線を誘導するリーディングラインやシンメトリーなど、構図に関するアイデアをいろいろ試してみましょう。光跡は優れたリーディングラインとして利用できますし、光跡を撮影できる場所の多くは完全なシンメトリーの構図に適しています。

撮影するのが光跡だからといって、ほかの部分のことも忘れてはいけません。背景に対しても構図を練ってください。見る人の気をそらす要素は排除しましょう。

必ずしも夜間に撮影する必要はありません。夕暮れ時や夜明けごろの時間帯でも光跡の撮影は可能です。時間を変えて撮影してみてください。きっとまったく違う画像が撮れるはずです。

光跡といえば昔から車を撮るものと決まっていますが、ほかの被写体にも挑戦してみましょう。空港に行って飛行機を撮影したり、ヘッドランプを装着して走るランナーを撮影したり、あるいは何か光が動いているほかのシチュエーションを探してみてください。


最後に

光跡は、見栄えよく撮れる長時間露光写真の中で、もっともシンプルな部類に属するものです。長時間露光で撮れば、どんな動く光もドラマチックに見えるのです。光跡の撮影は、創造力を発揮できる絶好の機会です。


How to Get Incredible Light Trails in Your Photos | MakeUseOf

Harry Guinness(訳:阪本博希/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.