• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  10:00 PM

各モデルの長所と短所を比較して「自分にピッタリのiPhone」を選ぼう

各モデルの長所と短所を比較して「自分にピッタリのiPhone」を選ぼう

161026iphone.jpg

MakeUseOf:数年前、Appleは最初のiPhoneを発売しました。現在では、サイズの大きな「Plus」や、低価格でコンパクトな「SE」などを含む5つのモデルを販売しています。iPhoneを買おうとする時は、どのモデルを選べばいいのか迷うかもしれません。

購入の決め手が予算であれば、それは人それぞれになります。今回は、それぞれのモデルの長所と短所を踏まえた上で、比較検討に役立つようにいくつかのシナリオを用意してみました。


現在購入できるモデル


前述の通り、現在5つのモデルが販売されています。

  • 最新の「iPhone 7(72,800円〜)」とサイズの大きな「iPhone 7 Plus(85,800円〜)」
  • 前世代の「iPhone 6s(61,800円〜)」とサイズの大きな「iPhone 6s Plus(72,800円〜)」
  • サイズが小さく低価格の「iPhone SE(44,800円〜)」

同世代のiPhoneとiPhone Plusでも、それぞれのモデルにはかなりの違いがあります。また、価格、容量、カラー、バッテリー寿命などにも大きな違いがあります。一体どのiPhoneが自分にピッタリなのか、いくつかのシナリオを通して見ていきましょう。


予算の範囲内で買いたい


【購入モデル】iPhone SE、もしくは17,000円以上出せるのであればiPhone 6sもあり

低予算でも、高価なことで有名なAppleのiPhoneが買えることに驚く人は多いでしょう。iPhone SEは現行モデルの中では一番低価格ですが、それでも速さと高性能を兼ね備えています。

SEの欠点は、iPhone 5とまったく同じボディなので、見た目が古臭く感じてしまうところです。しかし、中身は2016年仕様ですべて新しいです。iPhone 6sと同じA9チップ搭載、2GBのRAM、最高品質の12MPカメラ、ライブフォトや30fpsの4Kビデオも撮れます。スクリーンは、4.7インチのiPhone 6sよりも少し小さく、4インチしかありません。

3D Touchや大きなスクリーンが欲しくなるかもしれません。ビデオの画質もiPhone 6sほど良くはありません。しかし、そこがまったく気にならないのであれば、安価でiPhoneが使えるのですから、iPhone SEを検討する価値はあります。容量は16 GBと64 GBしか選べませんのでお忘れなく。もっと大きな容量が必要な場合は、別のモデルにしなければなりません。


バッテリーは長持ちして欲しい


【購入モデル】iPhone 6s Plusか、iPhone 7 Plus

iPhoneのサイズが大きいということは、バッテリーも大きいということです。Plusのモデルは、小さいものよりもバッテリー寿命が驚くほど長いです。Plusは手で持つには少し大き過ぎるという、人間工学的には問題がありますが、手のひらよりも大きなサイズであれば、どのみち片手での操作は難しいです。

Apple独自の調査によると(大抵かなり正確な数字です)、通話なら約10時間、音楽の再生なら20時間以上は長くなります。つまり現実的には、1日中電話で話しても、ネットを見ていても、写真を取っても、Siriを使いまくっても、バッテリーは持つということです。また、iOS 10にはバッテリーの節約テクもあります。

Plusのモデルは本当にかなり大きいので、購入する前にショップで実物を見ておいた方がいいでしょう。また、バッテリーが大きいということは、充電により時間がかかるということでもあります。iPhone 6s Plus は、新しい7s Plusに搭載されているデュアルレンズ(広角と望遠)のカメラや、より速いのA10チップもなく、容量は32 GBと128 GBしかありませんが、13,000円安いです。予算に余裕があるなら、当然iPhone 7s Plusを選んだ方がいいですが、イヤホンジャックがないという難点があります。


スマホで写真を撮るのが好き


【購入モデル】iPhone 7 Plus

広角と望遠の2つのレンズを搭載したが故に、一番大きなiPhoneになったのでしょう。2倍光学ズームのお陰で、動かなくても被写体に寄ることができ、酷いデジタルズームに頼らなくて済むようになりました。通常の広角レンズも速く、f/1.8で被写界深度がより浅く、望遠はf/2.8で驚くほどのパフォーマンスです。

新しく搭載されたクアッドLEDのTrueToneフラッシュもあり、容量はこれまでのiPhoneの最大となる256GBも選べます。iOS 10以上、iPhone 6s以降のモデルではRAW画像の撮影も可能なので、このカメラ機能を最大限に活用したいなら、より大きな容量が必要になるでしょう。

広角と望遠のデュアルレンズもいいですが、iPhone 7も検討するだけの価値はあります。6枚構成のf/1.8の広角レンズで、フランシュはPlusと同じ、容量も256GBまで選べます。しかし、大量に写真を撮るつもりであれば、バッテリーが寿命が長く、大きな5.5インチスクリーンが欲しくなると思います。


一番頑丈なiPhoneが欲しい


【購入モデル】iPhone 7、購入時にはAppleCare+も検討を

iPhone 7と7 Plusにしか耐水性能、防沫性能はありません。防水型IP67の規準を満たし、1mの水面下で30分まで耐えられます。AppleCare+に申し込んでいなくても、台所のシンクに落としてしまっても、最悪トイレの便器に落としてしまっても、これだけの時間があれば十分です。

もちろん、凹みや傷から守るためにケースを買った方がいいと思います。また、うっかりスマホを落としてしまいやすい人は、Plusのような大きなサイズはやめた方がいいでしょう。大きなサイズは片手での操作が難しいので、両手が空いていない場合は、握りを細かく何度も変えなければなりません。筆者はiPhone 7 Plusを1〜2週間使いましたが、比較的大きな手でも、サイズが大き過ぎるせいで何度も落としそうになりました。


万能なモデルが欲しい


【購入モデル】iPhone 7、もしくは予算に余裕がなければiPhone 6sもあり

Appleで一番万能なスマホが、売り出し中のiPhoneというのは当然です。Plusではない方のモデルがiPhoneでは定番です。一番売れているiPhoneであり、サイズも大き過ぎず、Plusにしか搭載されていないいくつかの機能を除けば、Appleが提供するすべての機能が含まれています。Plusにしかない機能は、今回の場合は広角と望遠の2つのレンズで、その前のiPhone 6の場合は光学式手ぶれ補正でした。

バッテリー寿命も、驚くほど長くはありませんが十分です。スクリーンを軽く押し込んで操作すると、すぐに地図アプリが開いたり、リンクがポップアップ画面で簡単に見られたりする、3D Touchのような主要な新機能もあります。また、このサイズであればケースやアクセサリも豊富で、洗練されたものがあります。

iPhone 7は、Appleで今一番強力なプロセッサA10チップ、広角のf/1.8レンズ、音量の大きなスピーカー、賢いホームボタンなどを搭載しています。イヤホンジャックはありませんが、アダプターが同梱されています。iPhone 6sについてはすべてを書きませんが、全体的な性能ではiPhone 7に劣るとしても、それでも素晴らしい選択肢のひとつです。


その他のリクエスト


すべての要望をカバーすることはできませんが、最後にいくつか確認しておきましょう。

  • 光沢のある黒いiPhoneが欲しい
    iPhone 7か7 Plusのジェットブラックを選びましょう。マットなブラックもあります。
  • 最新の最高のモデルが欲しい
    iPhone 7か7 Plusです。(iPhone 8の発売を待てないのであれば)
  • Apple Watchを持っている
    どうぞお気になさらず。現在発売されているiPhoneのすべてのモデルは、Apple Watchと一緒に使ってもいいです。
  • 自撮り中毒なのですが
    iPhone 6s、7と、それぞれのPlusであれば、フロントカメラも5MPですし、スクリーンが顔を照らしてフラッシュ代わりになります。

安く買いたいのであれば、iPhone 6や5sなどの古いモデルもオークションサイドなどで購入できます。あなたならどのiPhoneにしますか?


Which iPhone Is the Best for You? | MakeUseOf

Tim Brookes(訳:的野裕子)
Hadrian / Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.