• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

藤加祐子

 - ,  06:00 AM

指を削らず薬味をさっとおろせるカード型おろし器【今日のライフハックツール】

指を削らず薬味をさっとおろせるカード型おろし器【今日のライフハックツール】

161025_gingercard_001.jpg


そろそろ湯豆腐が美味しい季節になってきました。薬味に使う生姜は、食べる直前にすりおろした方が、風味も良く美味しく食べられます。ただ、ほんの少しの生姜のために、おろし金を使うのも後始末が面倒です。

少量の生姜であれば『ジンジャーカード』を使って手軽にすりおろしてみましょう。


161025_gingercard_002.jpg


ジンジャーカード』は生姜の他に、少し粗目にはなりますがニンニクも使え、上下左右どの方向でも擦りおろせます。キッチンの平らな面に置いて使うと、ほどよく力を込められるのですが、生姜が飛び散りそうな点と、カードが硬めということもあり、今回は受け皿の上ですりおろしてみました。

生姜もニンニクも一片はとても小さく、従来のおろし金では指先のケガが気になって、最後まで使いきれずにいました。『ジンジャーカード』にある突起は丸みがあるため、生姜をギリギリまですりおろすことが可能です。これで生姜もニンニクも無駄なく使い切れますね。



161025_gingercard_003.jpg


『ジンジャーカード』は突起同士の間隔が開いているため、残った生姜の繊維も簡単に洗い流せます。サイズが幅約5.5×長さ10cmですので、手洗いでも手間になりませんし、食器洗い乾燥機での洗浄も可能です。

カラーは全部で6色。スウェーデン生まれのキッチンツールらしく、明るくポップなカラーが特徴的ですね。

これからの寒くなる季節に体を温めてくれる生姜は、積極的に摂りたい食材のひとつです。食卓でも手軽に生姜をすりおろして、体の中から温まりましょう。


ジンジャーカード:南海通商

(藤加祐子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.