• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,  09:00 PM

「知能を最大限に活用」するための5つの習慣

「知能を最大限に活用」するための5つの習慣

161026_intelligence_habit.jpg


Inc.:ある研究によれば、小学校でIQテストを受けた人が大人になってもう一度IQテストを受けても、スコアは大きく変わらないそうです。つまり、好むと好まざるとにかかわらず、私たちの知能はほぼ固定されているということです。

ただし、私たちの賢さは大きく変動します。スーパーカーも、メンテナンスを怠り手荒に扱えば宝の持ち腐れですし、古いトヨタの車もきちんと手入れすれば、調子よく走ってくれます。知能は確かに変わらないかもしれませんが、問題は最大限に活用できるかどうかなのです。環境やアプローチ、習慣も重要です。

たとえ生まれながらの天才になることは不可能でも、自分の能力をどれだけ引き出すことができるかは自分次第です。どうすれば最大限の能力を引き出すことができるのでしょう? マサチューセッツ工科大学(MIT)の神経科学者Ed Boyden氏は2007年の「MIT Technology Review」で、「問題が非常に複雑化している世界で創造性を発揮し、深く考え、力強く行動する」10の方法を提案してくれています。

本当に自分の知能を最大限に活用したければ、MIT Technology Reviewの記事を読むとよいでしょう。ここでは参考のため、Boyden氏の提案をいくつか紹介します。


1. 絶えず考えを巡らせる

「文章を受動的に読んではいけません。たとえ初歩的だと思える文章でも、注釈を付けたり、モデル化したり、考えたり、統合したりしながら読みましょう」とBoyden氏は述べいます。最大限の成果を得るための具体的な方法はこちらの記事を参考にしてください。


2. 「学ぶ方法」を学ぶ

「21世紀に最も求められる能力の1つは、あらゆることを即座に学び取る能力です。この能力を高めましょう。脳がどのように機能するかを知る必要があります」」とBoyden氏は助言しています。


3. コンティンジェンシー・マップをつくる

ほとんど誰も思い付かないようなシンプルだが強力なアイデアがひらめいたとき、コンティンジェンシー・マップをつくってみましょう。「まず、やらなければならないことを大きな紙にすべて書き出します。次に、どの事柄がどの事柄に依存しているかを考えます。そして、どの事柄にも依存しないが、最も多くの事柄に影響を与える事柄を見付け、そこから行動を始めましょう」


4. 失敗は早いうちに

Boyden氏は少なくともシリコンバレーの合言葉の1つに賛同しているようです。「最初の挑戦では失敗しても構いません。ただし、素早く対応し、切り替えましょう。失敗の原因を記録し、そこから教訓を得たら、あとは気持ちを切り替えるだけです。失敗を引きずってはいけません」。


5. 成功事例を文章にまとめる

「技能が高まっているときは、うまくいったときの手順を文章にまとめましょう。そうすれば、うまくいったときの手順をルーティン化できます」とBoyden氏は提案しています。

間違いなく有能なBoyden氏の洞察をもっと知りたい人は、MIT Technology Reviewの記事をすべて読むか、「Huffington Post」の興味深いインタビューを読むことをおすすめします。9月に公開されたこのインタビューでは、Boyden氏が最も影響を受けた本やユニークなメモの取り方が紹介されています。


5 Mental Habits That Will Make You Much Smarter, According to an MIT Neuroscientist|Inc.

JESSICA STILLMAN(原文/訳:米井香織/ガリレオ)
Photo by shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.