• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 AM

リノベ2軒目の経験者が語る「理想の家」のつくり方

リノベ2軒目の経験者が語る「理想の家」のつくり方

161021roomie_top.jpg


roomieより抜粋・転載:9年前に世田谷区に引っ越してきた山岸さん夫婦。立地も雰囲気もいい中古マンションを購入し、自分たち好みにフルリノベーションをして暮らしていましたが、昨年、同じマンション内で引っ越しを行い、再びフルリノベーションをしたというから驚きです。

「家は3軒建てて、はじめて理想的になる」

そんな言葉を地で行くように、すでに2度のリノベを経験された山岸さん。そこにはどんなストーリーが隠れているのでしょうか?


ここに住むことになった経緯は?


161021roomie_2.jpg


このマンションは北と南で2棟に分かれているのですが、昨年まで8年間、向かいの北棟に住んでいました。もともとは南棟に住みたかったというのがあったので、こちらの部屋が空く話を聞いたとき、夫婦の間ではすでに引っ越しする気になっていましたね。


161021roomie_3.jpg


三宿に来る前は横浜に住んでいました。そこは賃貸だったのですが、毎月の家賃を払うぐらいなら...と考えるようになって、思いきって家を購入することを決めたんです。特に三宿にこだわったわけではなく、いろいろなエリアを見て回った中で、物件ありきで選んだ感じです。


161021roomie_4.jpg

間取り


建物の築年数は30年以上で、駅からも距離がありますが、広さの割にはかなりおトクだと思います。メゾネットというのも決め手でした。部屋に階段があるだけで、ちょっとワクワクするんですよね(笑)。


築年数の古さは気になりませんでしたか?


161021roomie_5.jpg


私たちの場合「失敗してもいいから中古マンションを自分たちでリノベしたい」という気持ちがありました。外観の古さは全然気にならないですね。中に入ったら分からないですから。

ただ、中古マンションを検討するなら、築何年の建物で、どこの業者が工事して、どういう構造なのか、という基本事項は調べておいた方がいいですね。大規模修繕のことも考えておかないといけないし、計画通りに修繕積立金が貯まっているかなども重要だと思います。


リノベ業者はどのように決めましたか?


161021roomie_6.jpg


3カ所ぐらいに見積もりをお願いしました。いわゆるリノベーション系の会社と、リフォームもできる工務店と、その真ん中ぐらいの会社で、プランと見積もりをもらって比較しました。

リノベーション系の会社は、雑誌に出てきそうな斬新なプランだったのですが、やっぱり価格が高かったです。予算内だと下の階しかできないといわれ、最終的にはリフォーム系の工務店に頼んだのですが、金額だけでいえばリノベ会社の半額ぐらいだったと思います。


161021roomie_7.jpg


私たちが頼んだところは、リノベ会社が下請けで頼むような業者なので、工事費が安くなる反面、プランからデザイン、あらゆることを自分たちで決める必要がありました。こちらの指示通りにしっかり作ってくれるけど、デザインや使い勝手まできちんと考えてくれるわけではないので...。すべてを業者さんにお任せすると、家の中に「あれ?」っていう場所がいっぱい出てくるかと思います(笑)。


デザインはどのように決めたのですか?


161021roomie_8.jpg


前の家も、今回の家も、プランやデザインに関しては、ほとんど私の好きなようにしました。ときどき夫からは「それはちょっとやり過ぎじゃない?」って注意されるぐらいで(笑)。家づくりで言い合いになることは、ほとんどなかったですね。

前の家は、家具から床まで白に統一していました。家具を「とりあえず白」で揃えればいいので楽だったのですが、今回は少し違う雰囲気にしようと思って、シックな色の材料を取り入れています。2人ともインテリアや建築に特別詳しいわけではないので、ネットでインテリアの画像を集めながら、頭の中のイメージに近いものをつなぎ合わせていった感じです。


161021roomie_9.jpg


いちばん活用したのは、Googleの画像検索です。今回のリノベでは「白いタイルと黒い目地」をどうしても使いたかったので、そういった事例をGoogleでたくさん検索して、まわりの壁は濃い色のほうがいいとか、ステンレスが合うとか、空間のイメージを画像からつかんでいきました。あとは、そこを起点にして全体のデザインを決めていきましたね。


リフォーム会社ではなく、リフォーム実績のある工務店にリノベーションを依頼した山岸さん夫妻。コストを抑えられたのは良かったものの、以下のリンク先で語られているように「デザインへのこだわり」を通すのが大変だったようです。これからリノベーションを考えているなら、「理想の家」を求めた山岸さんたちの体験談は大いに参考になるはずですので、ぜひそちらもご一読ください。


リノベ2軒目の経験者が語る「理想の家」のつくり方(世田谷区・三宿)【リノベストーリー】 | roomie(ルーミー)

(稲崎吾郎)
Photo by Daisuke Ishizaka.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.