• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  11:00 PM

嫌な人と一緒にいると自分も嫌な人間になる:研究結果

嫌な人と一緒にいると自分も嫌な人間になる:研究結果

161019jerks.jpg


Inc.:不平不満を言う人の近くにいるとその否定的な考えに影響されることは、誰しもご存知でしょう。愚痴、不平を言ったり、大げさに騒いだりする癖は伝染しやすいものです。でも、いつも悲観的な人と、一緒にいすぎてもらい受けるのは明らかにそれだけではなさそうです。なんと健康面での悪影響も多数あるかもしれないそうなのです。

ネガティブな考えは最終的に脳を変えてしまうことがわかっています、世界の悪い部分ばかりがどんどん目につくようになり、良い部分に焦点を当てるのが難しくなってくるのです。


ネガティブな考えが身体的に悪い影響を及ぼす


まず怒りを例にとってみましょう。すぐイライラするような人と一緒にいると精神的に無駄なエネルギーを使わされます。しかし、心臓病専門医のCynthia Thaik博士は次のように話しています。「このとき、高血圧、ストレス、不安、頭痛、血行の悪化という形で身体が代償を払っているのです。たとえ5分でも怒りを感じることがあるとストレスが溜まり、6時間も免疫システムが損なわれてしまうという研究結果もあるほどです。こうした健康問題はやがて心臓病や脳卒中といった深刻な病状につながります」。

不信感を持っていることも害を及ぼします。Health.comによると、「学術誌『Neurology』に2014年に掲載された晩年の皮肉屋になる人が多いことに関連する研究が示しているように、こうした人は相手をより素直に信じられる人と比較して認知症になるリスクがより高いことがわかっている」というのです。「学術誌『Circulation』に掲載されている約10万人の女性を対象とした2009年の研究でも、皮肉屋を集めたグループはその反対のグループと比べて心臓病になる確率が高かったといいます」。

中国系アメリカ人を対象とした大がかりな調査でも、中国の占星術を信じ、誕生日が「不吉」とされた人は、同時期に生まれた非中国人およびそのような占星術を信じない中国系アメリカ人と比較して亡くなる年齢が早かったといいます(ライフスタイル要因その他の要素も考慮しての結果)。それをもたらしたのは占星術ではありません。否定的な考えや悲観的な考えが文字通り自己成就的に命を縮めたのです。


否定的な考えは伝染しやすい


以上の話はそれだけで恐ろしいものですが、こうした感情がどれほど伝染しやすいものかを考えるとさらに恐ろしくなります。

John Stanley Hunter氏は『Business Insider』の中で、「周りにいる否定的な考えをする人と一緒にいる時間が長ければ長いほど、皆さんも同じような人になっていきます。心理学者のElaine Hatfield氏がこのような調査を行いました。一緒に多くの時間を過ごす人と、顔面の表情、しぐさ、さらには声の調子までが似てくるという結果が出たのです。さらに重要なことに、私たちは精神的な状態までも合わせてしまうのです。人間は感情移入する生き物ですので、相手の感情を感じてしまうのです。相手の気分が最悪なら、こちらもそうなってしまうでしょう」と語っています。

こうした科学的な知見から得られる唯一の合理的な結論は、人生の中でネガティブな考えをする人とは距離を置いたほうがいいということです。

今、あなたの人間関係を振り返ってみてネガティブな人は多くいますか?


Science: The Negative People in Your Life Are Literally Killing You|Inc.

Jessica Stillman(原文/訳:コニャック
Photo by Shutterstock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.