• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,  08:00 PM

「自己中心的視点」を脱却すると世界の見え方が変わる

「自己中心的視点」を脱却すると世界の見え方が変わる

161019center_of_everything.jpg


zen habits:日々の生活の中で私たちは身のまわりで起こっていることをストーリーにして自分に語りかけています。そして、そのストーリーの中心にいる唯一の人物、それは誰あろう、「自分自身」です。

たとえば私の場合、「それは思いやりがないなあ」とか、「あのときはひどい扱われ方をしたものだ」とか、「疲れているし気乗りしないから先延ばししても構わないさ」と自分に語りかけるとき、その映画の中心にいるのは私自身です。それは、私の生活や周囲で起こるあらゆることに関する現在進行形のストーリーであり、その中心で常に私は主人公をしています。

きっとおわかり頂けますよね。あなたもあなたの映画の中心にいて主人公をしているのです。それは自然なことで何も悪くはありません。

しかし、この自己中心的な世界観からさまざまな困難が生じていることも事実です。


  • 私たちが他人の行動を解釈するときは、自分にとって有益か有害か、こちらの望みをかなえてくれるか妨害するか、というように自分に関連づけています。しかし、他人の行動は実はこちらとは何の関係もなく、行動している本人がその人のストーリーの中心にいて、したいことをしているだけです。こちらの自己中心的視点のレンズを通して他人の自己中心的行動を解釈すると、何の意味も成さないだけでなく、しばしばフラストレーションや中傷や怒りの原因になることがあります。
  • 私たちは誰かのコメントを自分に対する攻撃として受け取ってしまうと、自己防衛しなければならないと感じてしまいます。「私は善良な人間だ。まるでそうでないかのように言われるなんて許せない。」と思います。でも、この解釈は単なる自分本位なとらえ方でしかありません。自分以外の人のことを言っていると見ることもできるはずです。そして、自分のことを言われていると思わずに、そのような発言の出どころを理解するように努めれば、そこまで身構えることもなければ他人に攻撃的になることも少なくなるはずです。
  • ネット上でのタチの悪いコメントの応酬に始まりテロリストの攻撃に至るまで、私たちは身のまわりのことは何であれ、それが自分にどのような影響を与えるか考えることにより解釈をしています。「これはうんざりだな(自分にとっては)」と思います。でも、このストーリーの外に自分を置いて、世の中で起こっていることに目を向け、他人に興味を持ち理解するように努めたり、自分に引き寄せて考えず客観的な視点で見ることもできるはずです。

自分を中心に置いて物事を解釈するのは自然であり当然のことですが、それがさまざまな問題を招き、理解や共感を阻み、不幸の原因になることがあるのも事実です。

ではどうしたら良いのでしょうか?

まず、自分自身に語りかけているストーリーを認識することです。

次に、自分をそのストーリーの中心に置いていることに気づくことです。

それができたら今度は、そのストーリーの中心から自分をどかしてみることです。

ストーリーから自分自身を除外するとどうなるでしょうか? 私の場合は、そのストーリーは次のように変わります。

  • いろいろなことが起こっているな。なんておもしろいんだろう。そこからどんなことを学べるだろう。何を理解できるだろう。
  • 誰かが何かしていたり話しをしているな。でも、多分それはその人に関することだろう。その人をもっと良く理解するにはどうしたら良いのだろう。
  • 他人の話しや行動を見たり聞いたりしていると、苦労したり困ったりしているようだ。どうしたらそういう人たちに共感して愛を与えてあげられるだろう。

これが実践できると(悲しいかな、私はできないことがたびたびあります)、自分の内面にある苦しみが消えて、他人への理解と共感に意識がシフトします。どうしたら人に優しくできるか考えるようになれるのです。

もちろん、私はそのストーリーから本当に自分を除外することはできません。どうしてもストーリーの中にいることにはなりますが、必ずしも自分を中心に置かないということです。他人や身の回りのあらゆることと自分との相互関連性にもっと意識を向けると、現在の自分があるのは周囲のサポートのおかげであり、自分も他人をサポートできることに気づきます。


Removing Ourselves From the Center of Everything | zen habits

Leo Babauta(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.