• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  09:00 AM

酔っ払いに囲まれると「自分の酔い具合」がわからなくなる:研究結果

酔っ払いに囲まれると「自分の酔い具合」がわからなくなる:研究結果

161021_drunk_people-.jpg


お酒を飲んでいる時でも、自分が酔っ払っているかどうかくらいはきちんと判断できる、と思っている人もいるかもしれません。しかし、私たちは自分の酔いの程度を、一緒に飲んでいる人との比較で判断していることが、最近の研究で明らかになりました。


イギリス、カーディフ大学の研究チームが実施し、学術誌『BMC Public Health』に発表されたこの研究では、お酒を楽しんでいる人たち1800人を対象に、吐く息に含まれるアルコール濃度を検出する器具を使いながら、「酔っ払いの自己判断がどこまで正確か」を判定する調査を行いました。

その結果、被験者の判断に影響を及ぼしていたのは、実際に何杯飲んだかではなく、一緒に飲んでいる友人たちがどれだけ酔っ払っているか(あるいは酔っぱらっていないか)だということが判明したのです。

私たち人間には基本的に、周囲にいる人を基準にして自分を「ランク付け」する傾向があります。ゆえに、友人たちが比較的しらふに近い状態に見える時は、飲んだ量が全員同じだとしても、実際以上に自分が酔っ払っていると判断しがちです。さらに重要なのは、友だちがみんな自分より酔っ払っているように見える時は、「周囲と比較すれば自分はマシだからそれほど酔っていない」と判断するという点です。

「仲間の中で一番酔っていない」からといって、これなら運転しても大丈夫、と誤った判断をしてしまったら大変なことになります。万全を期し、飲み会には「飲まないで運転してくれる人」と一緒に行くか、帰りはUberやLyftのような配車サービスを利用してください。


A rank based social norms model of how people judge their levels of drunkenness whilst intoxicated | BMC Public Health via ScienceOfUs

Patrick Allan(原文/訳:長谷 睦/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.