• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  07:00 AM

映画ブレードランナー、続編のタイトル決定

映画ブレードランナー、続編のタイトル決定

161011gizmodo_mediagene.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:世界の状況がさらに悪くなっている未来?

リドリー・スコット監督による1982年の傑作SF映画「ブレードランナー」。その待ちに待った続編のタイトルが「Blade Runner 2049」(原題)に決定しました。

タイトルとともに、おなじみの小道具やデッカードことハリソン・フォードが写ったセットの写真も公開されています。


161010gizmodo_mediagene2.jpg


こちらはSlashFilmが取り上げたもの。

写っているのは、最新作の「メッセージ(原題:Arrival)」が絶賛されており、「Blade Runner 2049」での手腕にも期待がかかるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、プロデューサーを務めるリドリー・スコット、前作に引き続きリック・デッカードを演じるハリソン・フォード、そしてライアン・ゴズリングです。

テーブルの上にあるのは、どうやらデッカードのブラスターらしきもの。もう一つの銃、そしてあのグラスは「ブレードランナー」でデッカードが使っていたウイスキーグラスによく似ています。前作でデッカードが住んでいたアパート内部は、フランク・ロイド・ライト設計によるエニス邸で撮影されました。今回はどうも違うようですが、作品の雰囲気には合いそうです。

「ブレードランナー」ではハンプトン・ファンチャーとデイヴィッド・ピープルズが脚本を担当しましたが、「Blade Runner 2049」ではハンプトン・ファンチャーが続投し、マイケル・グリーン(コミックライター)が共同執筆します。

マイケル・グリーンは大ひんしゅくを買ったアメコミ・ヒーロー映画「グリーン・ランタン」の脚本を手がけていますが、ドラマ「HEROES」で脚本チームの一員としてエミー賞にノミネートされ、最近ではリドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編、「Alien: Covenant」の脚本チームにも加わっています。

舞台となるのは前作の舞台2019年から数十年後とされていますが、タイトルからすると舞台も2049年なのでしょうか? ストーリーの内容などはまだまだわかりませんが、環境汚染がさらに深刻になっている未来が描かれそうです。

「Blade Runner 2049」はアメリカで2017年10月6日に公開予定です。


image by SlashFilm
source: SlashFilm

(abcxyz)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.