• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ビッグ太

 - ,,,,,,  01:00 PM

状況に応じて画面回転を自動でON/OFFするかしこいアプリ

状況に応じて画面回転を自動でON/OFFするかしこいアプリ

161010_ausp_rotation.jpg


Android:「最高のローテーション制御」は、スマートフォン・タブレットの画面回転を自在にコントロールできる便利なアプリです。派手さはないかもしれませんが、かゆいところに手が届く、実に心憎いツールです。


20161002_au_lote1.jpg


どんなときに便利なのか、ちょっとしたシチュエーションを想定してみましょう。

地図アプリを起動したスマホを片手に、初めて行く場所を探すのは、もはや当たり前のことですよね。そんなとき、つい、スマホを進行方向に傾けてしまい、画面が自動回転して不便を感じたことはありませんか?

スマホやタブレットでは、「自動回転」のオン・オフが切り替えられるので、こういうときは好みの向きで画面を「固定(自動回転オフ)」して、自動的に回転しないようにすると快適です。でも、着いたお店で、アプリを起動してクーポンを最大化して表示したり、メールを確認するために、地図アプリとは別の向きにスマホ画面を回して表示したいときは、いちいち「固定」を解除する手間が発生します。もし、雨が降っていて片手が傘でふさがっていたら、ちょっとイライラしてしまうかもしれません。

こういった手間を解消してくれるのが「最高のローテーション制御」です。アプリ単位で回転・ロックの制御ができるので、自動回転がオンになっていても、方向が固定して表示されるアプリを回転して表示できるように制御することなどができます。

前述の地図アプリだけでなく、新聞をチェックしたり、ゲームをしたり、コミックなどを読んだり、動画を見たりするとき、ちょっとしたことで画面が回って戸惑わされるようなことがなくなるのがありがたい点です。

動作も軽く、設定できる範囲が広範囲かつ柔軟なので、ユーティリティツールとしては「最高」の部類に入るといって良いと思います。が、画面のほとんどは設定・文字なのでちょっとハードルが高く見えるかもしれません。

とても使いやすく、OSの基本機能のような感覚で使える「最高のローテーション制御」は、スマホ・タブレットをより便利にするためにインストールしておきたいタイプのアプリです。なお、このアプリは無料版とライセンス版があり、試用期間後は230円(税抜)のライセンス版が必要になりますが、auスマートパス版なら追加料金を支払うことなく全機能が利用できます。


auスマートパスからのダウンロード
アプリDL_スマパスAndroid

アプリダウンロードはこちらから
badge_gp.png

(ビッグ太)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.