• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

Ecommerce  - ,  04:00 PM

これ以上ないほどシンプルなデザインの羽毛布団には、究極のこだわりが詰まっている

これ以上ないほどシンプルなデザインの羽毛布団には、究極のこだわりが詰まっている

20161007huton1_R.jpg


だんだんと寒くなってきて、厚手のジャケットやコートが必要かなと思ったら、掛け布団も冬用にチェンジする頃合いです。

冬用の掛け布団と言えば、すぐに思い浮かぶのが、体をふんわりと暖かく包み込んでくれる羽毛布団。ただ一口に羽毛布団と言っても、いろいろな種類があって、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

machi-yaに出店している「表参道布団店。」の羽毛布団は、これ以上ないほどシンプルなデザインながら、たくさんのこだわりが詰まった究極の羽毛布団です。直販メーカーだからこそ実現できたリーズナブルな価格で、最高級の一品を手に入れてみませんか。


ダウンパワーが示す、最高の軽さと暖かさ


20161007huton2_R.jpg


ダウンジャケットの羽毛の保温性を示す指標として、よく見かける「フィルパワー」。フィルパワーは羽毛のかさ高性を表すもので、数値が高いほど同じ重さでも羽毛のふわふわ度が高く、保温効果も高くなります。ダウンジャケットでは、600~700フィルパワーが良質ダウン、700フィルパワー以上は高品質ダウンと言われています。

羽毛布団で、このフィルパワーに相当するのが「ダウンパワー」です。国際規格のフィルパワーと日本の規格であるダウンパワーは計測方法と単位が異なります。

表参道布団店の最高級品「マザーグース本掛け」は、ダウンパワー440cm3/g。フィルパワーに換算するとおおよそ760を超える数値です。同じ表参道布団店の羽毛布団で羽毛の種類が異なる「ホワイトグース本掛け」「マザーダック本掛け」もダウンパワー400cm3/gで、700前後のフィルパワーに相当。上質な羽毛だけが実現できる、軽さと暖かさを堪能できます。


寝返りがうちやすく、隙間のできにくい、短冊形のマチ


20161007huton3_R.jpg


表参道布団店の羽毛布団はすべて、マチが一般的な正方形ではなく、短冊形になっています。マチを縦方向に長くすることで、布団が体にフィットして、寝返りがうちやすく、布団と体の間に隙間ができにくくなります。寝返り性能の高い掛け布団として実用新案も取得しています。

さらに、この短冊形には、国産品質の布団として、デザインに和の要素を取り入れたいという思いも込められています。


洗う水にまでこだわった、クリーンで清潔な羽毛布団


20161007huton4_R.jpg


低価格&低品質の羽毛布団は、臭いが気になることがあります。臭いの原因の一つは羽毛の洗浄不足です。羽毛は水鳥から採取される天然素材ですから、汚れなどが付着しているのは当然のこと。きちんと洗浄されていない羽毛は、雑菌が繁殖したり、天然素材特有の臭いが残ったりしてしまいます。

表参道布団店では高い洗浄技術に加えて、洗う水にもこだわっています。選んだのは酒造りにも使われる山梨県の白州の地下天然水。洗剤を使用せずに、この水だけで、JIS規格で定められた水の透視度500mmの2倍に当たる透視度1000mmまで洗浄し、眼に見えないゴミまで取り除いています。安心して気持ちよく使える、ストレスフリーな羽毛布団です。

表参道布団店の羽毛布団には、ここで挙げた以外にもこだわりがいっぱい。実際に手に取って確かめてみたい方のために、表参道に店舗もあります

さらに、羽毛布団のリフォームサービスも用意されています。お手持ちの羽毛布団の羽毛を再利用しながら、エジプト綿100%の生地を使い、寝返りのうちやすい短冊形のデザインに仕上げてくれます。布団を入れ替えるこの機会を利用して、ぜひ極上の眠りを味わってみてください。


machi-ya

(瀬畑)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.