• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,  10:00 PM

ストレスフリーに生きたいなら今すぐやめるべき12の悪癖

ストレスフリーに生きたいなら今すぐやめるべき12の悪癖

161006stressful_things.jpg


Inc.:創造性や学習意欲を刺激したいときは、ある種のストレスが必要ではあります。しかし、そういう場合を除けば、ストレスは効率を低下させ、成功の妨げにしかなりません。そこで今回は、タチの悪いストレスの原因となる行為や特性をリストアップしてみました。こうした悪癖を今すぐあなたの人生から排除しましょう。そうすれば生産性が向上し、心の平安と幸福感を得られるはずです。


1. 先延ばしする


気が重い作業をぎりぎりまで手付かずのままにした挙句、本当に期日に間に合って仕上げられるのか自信がなくてパニックになる。これほど、ストレスフルなことはありません。簡単な仕事を難しく見せ、できるだけ仕事をしたくないなら、先延ばしを続けるに限りますが。先延ばし癖ほど自己破壊につながるものはありません。


2. 散らかし癖


「散らかす(Clutter)」という言葉は中世英語の「固めるもの(clotter)」から派生していることからも分かるように、周囲を散らかしておくと人間の能力も凝り固めてしまいます。部屋が散らかっていても平気でいると、昨日のがらくたに邪魔されて、今達成するべきことができなくなります。シンプルで整然とした状態にすると、成長の機会が見つかるはずです。


3. ネガティブ思考


ネガティブ思考が入り込む余地を与えると、みるみる増幅してしまいます。物事のポジティブな面に意識を向ける習慣をつけましょう。起こってしまったことは変えられませんが、ポジティブなマインドセットになると、物の見方が変わり、結果も変わってきます。


4. 他人と比較する


他人が持っているものを見て自分もそれを手に入れるにはどうしたらいい考えてしまうのは人のサガ。しかし、そんなことをしても無意味です。上を見ても下を見てもキリがないからです。唯一有意義なのは「今の自分と目標を達成したときの自分の比較」です。他人と自分を比較していると、それができなくなってしまいます。自分の強みを見つけてください。


5. 完璧主義になる


完璧主義のせいで苦しんだことがある人なら、完璧になろうとしても自分が向上できるどころか結局は失望や失敗につながることを知っているはずです。自分が得意なことに集中しましょう。その方が完璧主義になるよりモチベーションが高くなります。


6. ウソをつく


自分や他人のウソを容認すると、これ以上ないほどのストレスを被ることになります。ウソをつくと、その瞬間は嘘も方便で物事が円滑に運ぶように見えるかもしれませんが、結局は事態が複雑になり不安が生じるだけです。


7. 凡庸に甘んじる


誰でも「自分は人並なレベルには達している」と信じたいものですが、凡庸に甘んじる人には大きな成果をあげる余地はありません。卓抜性、独自性、真の成功は痛々しく消え去るでしょう。どんなときも自分が卓抜できることを求めましょう。


8. 罪悪感を抱く


罪悪感は人の心に重くのしかかり、粉々に砕いてしまいます。罪悪感を抱くにふさわしいかどうかは別にして、非常に大きなストレスになります。罪悪感を抱いても得るものはありません。自分の選択を受け入れて生きていきましょう。何かに後悔したり、二度と同じことを繰り返すまいと誓ったりすることがあるにしても、罪悪感に前進を阻まれることがないようにしてください。


9. 言い訳をする


何かをやりたくないときはつい言い訳してしまうかもしれませんが、そのせいでやるべきことができなくなってしまうことも事実です。言い訳をせず、実行に移す方法を見つけることが大切です。言い訳をしても決して目標には近づけません。


10. 敵意を抱く


敵意の本質は不安です。自分に満足しておらず、多大なストレスの原因になります。しかし敵対心を許容して怒りに任せて行動すると、他人を遠ざけ、自分の可能性を手放すことになりかねません。敵意はネガティブな体験に固執することから生じているので、怒りに囚われて動けなくなるのではなく、前進する方を選びましょう。


11. 拒否をネガティブに受け取る


拒否されたのは十分に良くなかったせいだと解釈すると、ストレスの原因になります。しかし、失敗と同様に、拒否されることは成功への必要なステップであることが多いものです。「一度も拒否されたことがない」という人は、そもそも野心的な目標を掲げていないせいかもしれません。


12. 挫折感を抱く


挫折感も大きなストレスです。しかし、失敗しても敗北感を抱かないことも可能です。敗北感を抱き、失敗により自分の価値を決めつけてしまうのではなく、自分を向上させて、次回の成功率を高めるための教訓として失敗を活用しましょう。


12 Stressful Things You Need to Stop Tolerating Right Now | Inc.

Lolly Daskal(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.