• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

長時間つけても痛くない! ワイヤレス・エアー・ヘッドホン「VIE SHAIR」が登場

長時間つけても痛くない! ワイヤレス・エアー・ヘッドホン「VIE SHAIR」が登場

161005gizmodo_mediagene1.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:ぜひ試してみたい、装着感。

ヘッドホンやイヤホンなどにどうしてもつきまとう、「耳の痛み」。僕なんかは第一に装着感を重視してイヤホンを選ぶくらいです。そんな耳への装着感を大事にする人向けの、長時間つけても痛みが発生しない世界初のワイヤレス・エアー・ヘッドホン「VIE SHAIR」が登場しました!



VIE SHAIRがなぜ痛くないのか。その理由は頭との接触部分に採用された「エアーフレーム」にあります。このエアーフレームが耳全体を覆い、ヘッドホンの負荷を直接頭皮に伝えるため痛くならない...というわけなんです。

従来このような耳をすっぽり覆うヘッドホンは、かなり本体サイズが大きくなりがちでした。しかしVIE SHAIRはポータブルなサイズながら、優れた装着感を実現してるという点が大いに評価できます。


161005gizmodo_mediagene2.jpg


さらに音楽をひとりで楽しむだけで終わらないのがVIE SHAIR。なんと30mの範囲内でヘッドホン同士で音楽を共有することができるんです。これまでヘッドホンといえばパーソナルな視聴デバイスでしたが、VIE SHAIRならパーティーやクラブイベントなどでも、新たな音楽の楽しみ方を見つけられそうですね。

そして、内部にはヤマハが開発した最新オーディオコーデック「MACH5(マックファイブ)」を搭載。お好みに合わせて、さまざまに音のカスタマイズが可能です。イコライザーの操作はスマートフォンから可能なので、ラクチンかつ詳細に設定ができます。


161005gizmodo_mediagene3.jpg


VIE SHAIRにはオープンなフレームだけでなく、上のようなクローズド・エアーフレームも付属。オープンタイプでは開放的な音を、そしてクローズドタイプでは迫力のある密度の高い音を楽しめます。

現在VIE SHAIRはクラウドファンディングサイトのMakuakeにて資金を募集しており、2万6900円コースで本体をひとつ予約できます。製品の出荷時期は来年の1月。カラーは黒と白の2色から選択可能です。

あと隠れた利点として、VIE SHAIRはメガネを装着してもじゃまにならないのもポイント高し。いやはや、このフレームだけでも売ってほしいものです。


source: Makuake

(塚本直樹)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.