• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

wasabi  - ,,,,,  08:00 PM

「デジタルノマドになりたい」なら考えておくべきポイント集

「デジタルノマドになりたい」なら考えておくべきポイント集

160721_digitalnomad.png


あなたの仕事はリモートで回せる仕事ですか? もしそうであれば旅をしながら働くという自由を謳歌することができます。米LifehackerのライターであるStephanie Leeはスーツケース2つとノートPCのみで9カ月間「デジタルノマド」として過ごしました。今回はStephanieの事例を元に、「デジタルノマドになりたい人が具体的に考えておくべきこと」を紹介したいと思います。


「どうしてノマドになりたいのか」を明確にする


「デジタルノマド」という言葉はどこか鼻につくバズ・フレーズのような響きがしますが、実際にはこの言葉が一番こうしたライフスタイルを表現するのに適切です。「フリーランス」はお金を稼ぐための方法としてより一般的に知られており、「リモートワーク」は正社員の働き方の1つです。

そもそもデジタルノマドとは一体なんなのか? 基本的な考え方としてどこでも仕事ができるリモートワーカー、個人請負労働者、フリーランサーはみんなデジタルノマドです。この条件が当てはまる人は、毎日どこで働くかを自分で自由に選ぶことができることでしょう。(もしあなたがリモートワーカーではない場合、上司に掛け合ってリモートワークを許可してもらうよう説得することもアリです。覚悟があればの話ですが!)

ノートPC1つでニューヨークのセントラルパークでも東京でも、どこでも自由に働けることはとても魅力的に聞こえますが、実際にはそんなに簡単な話ではありません。ペットや子どもの面倒を見る義務があるかもしれないし、家族や家、パートナーのことも考えなければなりません。デジタルノマドを計画するなら、これらを踏まえたうえで計画をする必要があります。しかし、たとえこうした義務がない人──たとえば賃貸暮らしでペットも子どももいない独身者であったとしても──多くの準備をする必要があります。


ノマドでもホームベース(住所)は絶対に必要


正確に言えば、デジタルノマドは完全なる"遊牧民"ではありません。なぜならデジタルノマドだったとしてもホームベース、要するに住所が必要だからです。それは実家かもしれないし、自分の家かもしれません。どちらにせよ報酬支払い者や雇用者そして銀行は口座を作るために実際の住所を要求します。そして、郵便物受け取るための住所も必要です。

もちろん、あなたのホームベースに誰かが住んでいるなら居住者にそのまま郵便物を預かってもらい、重要そうな手紙は開けて中身を教えてもらえば大丈夫です。Stephanieはこう言います。

「私が帰る度に郵便物は山積みになっています。私は郵便物を父親に管理してもらっていて、重要そうな手紙はすべて目印を付けてもらっています。私の場合、父親が請け負ってくれてラッキーですが、これは本当に重要なことです。すべてオンラインで管理できるようにしておきましょう。」

そのために、たとえば以下のような対策が考えられます。

  • 完全オンラインで管理できる請求書や支払いサービスに登録。
  • 報酬は直接口座振り込みにしてもらうか、クライアントにデジタル経由での支払いをお願いする。
  • 四半期ごとの車検や自動車保険の出費をリストにする。(長期間離れる場合は車検を一時抹消登録することもできます。)そうすることで、家まで手紙を取りに行かなくても支払い期限が来たらオンラインで支払うためのリマインダーになります。あらゆることをオンラインで管理できるようになればなるほど郵便物の数は減り、後から管理する手間も省けます。


一時的なホームを選び、外国語、健康保険


Stephanieは日本、香港、台湾そして韓国を訪れました。いくつかの場所には友人や家族が住んでいるので行きやすかったと言います。もし行きたい場所に知り合いがいて、その知り合い(もしくはそこに住んでいる友人)が長期間あなたを迎え入れてくれる場合、その場所は長期間滞在する行き先として現実的なオプションとなります。

外国を1〜2週間訪れるなら簡単な話ですが、外国で長期間住むとなれば文化の違いも考慮しなければなりません。それはたとえば言語です。

トイレがどこにあるか聞いたり、おいしいレストランはどこか聞いたりするだけの観光客レベルの言葉なら簡単に覚えられますが、その国に長期間住むのであればもっと複雑な質問をしなければいけない場面があるかもしれません。Stephanieは自身の経験をこう語ります。

「韓国はありがとうとこんにちは以外一言も言葉を知らない国でした。そのほかの国はなんとなく言葉を知っていて、問題はありませんでした。大体の国は大きな都市に行けばなんとかなります。」

アプリを使うのも手段です。彼女は無料の通訳アプリ「Speak & Translate」を使ったそうです。(iOS とAndroidで利用可能。日本語でも利用可)「Google Translate」も便利です。

健康保険についても考えなければいけません。海外健康保険の保証範囲は保険会社によって違います。加入している保険がなにをどこまで保証してくれるのかは保険の利点が書かれた説明文から知ることができます。まずはあなたの保険がどこまでカバーされているかチェックしましょう。選択肢の1つとして、海外旅行者保険がありますが、期間が短いことを覚えておいてください。


居心地の良いステイ先を探す


宿泊先はいろいろな選択肢があります。長期間のホテルやホステル滞在、そして多くの旅行者にとって便利なのはAirbnbでしょう。Stephanieはこう言います。

「私はレビューの多いホストを選ぶようにしています。なぜなら受けるサービスの質を想像できるからです。経験を積んだホストはあなたのことを裏切りません。彼らは多くのレビュワーと自分のスーパーホストとしてのステータスを大切にしているからです。5つ星のレビューを書いてもらうために悪いことはしないでしょう。」

そして滞在先を選ぶ際、いくつか考慮に入れるべきことがあります。

  • 期間:Stephanieはその場所に少なくとも1カ月は滞在することを好むそうです。1カ月もいればその場所での日々のルーチンを作りやすく、観光と仕事のバランスを取りやすくなるからだそうです。「私は少なくとも1カ月は滞在します。そうすればいろいろ慌てなくて済むからです。滞在期間が短いと、観光に出かけようと焦ってしまって仕事に集中できません。」
  • 立地:滞在先の立地も重要です。外で働きたいなら家の近くにカフェやWi-Fiはありますか? 公共交通機関に頼るなら、乗り場に近い立地ですか?
  • 仕事場:仕事もきちんとこなす必要があるので、ノートPCが思いっきり使えるオフィスのようなスペースも必要です。レストランでの食事はお金がかかるので、キッチンの付いているスペースが好ましいでしょう。

Stephanieによれば、彼女はたくさんのレビューを閲覧し、ホストに質問し、彼女がステイする目的やプランを明確に伝えてホストが対応できるかどうか確認することに多くの時間をかけるそうです。1カ月以上ステイする場合は値段交渉できることも多いとのことです。

アドバイス:ホストも同じ場所に滞在している物件を探すことをおすすめします。ホストにツアーガイドをしてもらったり、生活をサポートしてもらったり、おすすめの場所を教えてもらえたりするからです。デジタルノマドは孤独になりがちですが、ステイ先のホストは友だちになってくれるともStephanieは言います。


リモートワークのフローを決める


リモートで働くならネットが必要です。もしWi-Fiが手軽に利用できないエリアへ行くつもりなら、モバイルルーターなどを契約してどこでも作業できるようにすることも考えなければなりません。

作業環境以外にも、仕事とプライベートの境界線を定めることも重要です。新しい場所に行ってすべてを忘れて探索したい気持ちに駆られることでしょう。反対に、仕事に追いつめられてまったく観光ができない可能性もあります。しかし、それではデジタルノマドをする意味がありません。Stephanieはこう言います。

「自分で決めたスケジュールには厳格に従わないといけません。私は午前中は正午まで働き、外出してランチをとります。少し街歩きしてカフェを見つけたらそこで仕事を済ませます。土曜日は必ず空けて、その日だけはなんでもしたいことをするようにしています。」

リモートワーカーならおそらく自国のオフィスにいる同僚とは時差があるはずなので、それも考慮したうえでスケジュールを組む必要があります。とにかくまずは仕事スケジュールを先に考え、自分のタイムゾーンに会わせてそれを適用する方向に持っていきましょう。Stephanieによれば、「仕事はゆっくりバラバラにやるよりも先にガッツリ集中して終わらせるのがポイント」だと言います。そうすることで暇な日はたっぷり街を探索できます。

また、同僚への配慮も忘れてはいけません。いくらこちらが仕事を先に終わらせようが、彼らとのコミュニケーションは避けられません。あなたのいるエリアがゴールデンタイムだとしても、早朝から同僚へメールを送ることは避けましょう。とはいえ、そこはテクノロジーが解決してくれます。多くのメールクライアントはメール送信をタイマー設定できます。また、逆にこちら側もメッセージ受信をスヌーズモードにできるので、あなたのタイムゾーンの睡眠時間を静かにしておくこともできます。


なんでも予算に余裕を


もちろん、数カ月分の家賃が一番大きな出費になることは間違いありませんが、Airbnbの価格は幅があり、観光シーズンのピークや大きなイベントの日程周辺は顕著に値段が上がることもあります。自国の街で賃貸を借りるよりは安いかもしれないし、高くつくかもしれません。Stephanieは言います。

「それでもAirbnbがおすすめなのは、家具や道具などすべてが揃ってこの値段だということです。私は東京で1カ月1100ドル払いましたが、東京の中心地でこの値段なのはおそらく妥当か安いでしょう。」

また、見過ごしがちな以下のコストも念頭に入れましょう。

  • 交通費:Stephanieが言うには、交通費は意外と高くつくので、前もってどこに行くか決めておくと効率的に移動できるとのことです。その日、街のどのエリアに行くか先に決め、それに合わせて乗り換えを計画しましょう。元の場所に戻るためだけに街のある場所へ行って別の切符を買わないといけない状態は避けたいものです。もちろん、1日乗車パスを買える街もあるので、滞在期間によってはそれを買うほうがお得かもしれません。
  • 食べ物:食料品や日用品はときとして高くつくこともあります。(Stephanieによれば、日本ではピーナッツバターやフルーツ、野菜は思ったよりも高かったそうです。)どこに行くかによって自国の通貨の価値は変わってきます。
  • カフェとWi-Fi:デジタルノマドの楽しさの1つはどこでも働けるということで、多くの時間をカフェで過ごすことになるでしょう。そうなれば出費はかさみます。コワーキングスペースに行けば月間料金や利用料金を払うことになります。しかし、無料の図書館を使えばこのコストを抑えることができます。

もちろん、節約が可能な分野もあります。たとえば、極力歩くようにすれば交通費を浮かせることができます。徒歩には、街を隅々まで散策できるという利点もあります。

上記を参考に、きちんと事前に準備すれば旅をしながら働くことは可能です(加えて、税金についても考える必要があります。)。

Stephanieによれば、主に精神衛生上の問題でデジタルノマドライフは長期間継続可能なライフスタイルではないかもしれないとのこと。いずれ帰国し、また組織に所属して郵便物を受け取る日が来るかもしれません。それでも、自分のキャリアを失わずに世界を見たいと考えているならデジタルノマドは最高のライフスタイルです。


Kristin Wong (原文/訳:wasabi)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.