• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  09:00 PM

影響力に差が出てくるリーダーシップの5つの段階

影響力に差が出てくるリーダーシップの5つの段階

20160912leader_5steps.jpg


あなたはどんなタイプのリーダーですか? 周囲の人が仕事でベストを尽くせるように、この混沌とした世界で会社が成長できるように刺激を与えていますか? いいリーダーであることで疲れ果ててしまっていませんか? もしくはその疲れを、明るさと熱意でコントロールできていますか?


答えは、あなたがリーダーとしてどの段階にいるかによって変わります。これは、リーダーシップのワークショップを30年以上やっている「the Leadership Circle」の創業者であり、『Mastering Leadership: An Integrated Framework for Breakthrough Performance and Extraordinary Business Results』の共著者であるBob Andersonの考え方です。

Andersonは、「リーダーシップには5段階あり、どの段階にいるかによってリーダーとしての影響力や有効性が決まる」と言っています。それぞれの段階で、エネルギーをあまり使わずに複雑な問題に耐えうる、偉大なリーダーとしてのあり方があります。ひとつの段階が次の段階につながり、上の段階へと進むことで、さらに競争力のある会社や社風を育めるようになります。


1. 自分本位なリーダー


これはリーダーシップの段階としては一番下で「まったく青臭く未熟な状態」とAndersonは言います。この状態で率いている大人のリーダーもほんの数パーセントいるようですが、幸いにも多くのリーダーはこれを乗り越えて進化しています。仕事を終わらせるためには、部下や社員にやるべきことをはっきりと伝えるしかないと思い、監督していたら、自分本位のリーダーの段階に膠着している可能性が高いです。


2. 反応のいいリーダー


これは、ほとんどのリーダーが自分が当てはまると考えるリーダーシップの段階です。「ほとんどのリーダーがこの考え方で動いており、いかに自分が何も考えずにリーダー的な行動をしているか、過去や現在の環境における外部からの期待によって作られているかに気付いていません。反応のいいリーダーは他人によってつくられているのです」とAndersonは言います。また、そのようなリーダーは、下の人間に期待されていることに注意深く、とても階層的でトップダウンで管理されている組織をつくる傾向にもあります。

多くのリーダーと同じように、あなたも反応のいいリーダーの段階にいるとしたら、変える努力をする価値はあるとAndersonは言います。「この手の社風がある会社は、すぐに競争力がなくなっていきます」。


3. クリエイティブなリーダー


「クリエイティブなリーダーは、何も考えずに行動するのではなく、他人によってつくられた環境にどのように登場するかを選びます。自分が心から理解した価値や目的によって率います」とAndersonは言います。

反応のいいリーダーからクリエイティブなリーダーに移行するのに、苦労する会社は多いです。「どんどん複雑になっていく世界でより競争力をつけるために、ほとんどの会社が、イノベーティブで、絆が強く、順応性や柔軟性があり、説明責任を持った、オープンな...そんなクリエイティブな社風にしようと努力しています。クリエイティブなリーダーシップには、そのような変化を続けるために必要です」とAndersonは言っています。


4. 総合的なリーダー


このリーダーシップは「複雑な世界のために生まれた」とAndersonは言います。限られた部分ではなく全体を見ます。意味のある意見の違いや、対話における立場の大きな対立を、正そうとする反応や、上から目線な対応をせずに、抱えたままでいられます。対立した状態を維持できることによって、高い次元のソリューションが生まれます。

残念ながら、総合的な会社というのはあまりありませんが、そのような会社は社員とのつながりが深く、自己管理ができ、フラットで、無駄がない傾向にあります。リーダーの考え方が広まっているので、階層的で自己中心的なやり方ではなく、相互依存的な組織になります。


5. ひとつになるリーダー


この段階のリーダーシップは、すべてが驚くほどつながっているという悟り的な気付きによって動いています。「私たちはバラバラな個人ではなく、本質的にはひとつ(同じ)です」とAndersonは言います。

このようなリーダーはただ珍しいのではなく"極めて珍しい"です。実際に、このようなレベルのリーダーがいる会社を知らないほど少ないです。しかし、このような考え方の、物静かだけれどパワフルなリーダーは何人かいる、とAndersonは言います。もしあなたがそのようなリーダーであれば、部下や社員は本当に幸運です。


There Are 5 Stages of Leadership. Which One Describes You?|Inc.

Minda Zetlin(訳:的野裕子)
Photo By Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.