• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  09:00 PM

8時間の勤務時間中、本当に生産的なのは3時間だけ:研究結果

8時間の勤務時間中、本当に生産的なのは3時間だけ:研究結果

201609118hours_3hours.jpg


8時間という勤務時間は、人が集中するのに適した時間を元にしていません。その起源は産業革命時代にあり、現代の情報化時代に生きる私たちにはほとんど関係がありません。


18世紀後半は、工場は24時間365日稼働しなければならなかったので、10〜16時間の勤務時間が普通でした。そのような長時間労働は残酷な上に続かないことが明らかになり、ウェールズの社会改革者であり実業家のロバート・オーウェンのようなリーダーたちが、労働時間を短くするよう主張しました。1817年のオーウェンのスローガンは「8時間の労働、8時間の余暇、8時間の休息」でした。

しかし、この8時間運動は約1世紀後には標準ではなくなりました。1914年、フォード・モーター社は賃金を倍増すると同時に、毎日の労働時間を8時間以下にし、世間を驚かせました。その結果、生産性は上がりました。したがって、8時間労働が人道的な平均の労働時間として最初に制定されたことが、信じられない人もいるかもしれません。

今や、労働時間はまた新たな変化を起こす時期に来ています。1日8時間のうち、労働者が生産的な時間の平均はたった2時間53分だという研究もあります。その通りです。おそらく1日のうち生産的な時間は3時間くらいのものです。

労働統計局によると、アメリカ人の平均的な労働時間は1日8.8時間です。しかし、約2,000人のフルタイムで働く会社員を対象とした研究では、ほとんどの社員が勤務中のほとんどの時間働いていないことが明らかになりました。

ほとんどの社員が勤務中にやっている非生産的な活動は以下の通りです。

  1. ニュースサイトを読む:1時間5分
  2. SNSをチェックする:44分
  3. 同僚と仕事と関係ない話をする:40分
  4. 転職先を探す:26分
  5. タバコ休憩:23分
  6. 恋人や友だちと電話をする:18分
  7. コーヒーやお茶をいれる:17分
  8. 携帯でメールをする:14分
  9. おやつを食べる:8分
  10. 社内で食事をする:7分

これは、フリーランスや自宅で働いている人には特に朗報でしょう。出社をしていないと、何もしていないような気になりやすいです。しかし、この研究によると、1日3時間生産的であれば、8時間会社に勤務している人と同じだけの成果を出していることになります。

では、この情報を本当に信じたとして、労働時間を3時間や6時間に短縮したらどうなるでしょう? 11〜17時が一般的な勤務時間になったらどうなるでしょう? もっと休息が取れて、もっと集中できるようになり、もっと生産的になるかもしれません。

ただ問題は、本当にこのように勤務時間を変える会社が出てくるかどうか、ですね。


In an 8-Hour Day, the Average Worker Is Productive for This Many Hours|Inc.

Melanie Curtin(訳:的野裕子)
Photo By Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.