• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

開發祐介  - ,,,,,,,,  06:00 PM

IoTで世の中を便利にする、総勢11社によるピッチイベントを完全レポート!

IoTで世の中を便利にする、総勢11社によるピッチイベントを完全レポート!

iot_event9.jpg


今やクルマや家電、ウェアラブルデバイスなど、さまざまな分野でIoT(モノのインターネット)の技術が活用されはじめ、大手・ベンチャー問わず多くの企業がユニークな取り組みを行っています。

そうした中で9月14日、赤坂にあるNTTドコモ・ベンチャーズにて「生活×IoT ピッチ+マッチングイベント」が開催されました。

主催であるNTTドコモ・ベンチャーズは「ドコモ・イノベーションビレッジ」というプログラムを通し、「ベンチャー企業との協業によるイノベーションの創出」にさまざまな形で取り組んでいます。本イベントもその1つで、IoTを使ったサービスやプロダクトを開発する全11社による持ち時間5分のピッチ(プレゼン)を通して、IoTの分野で協業を考えている参加企業とのマッチングを行います。

イベントの前半は株式会社インフォバーンCVO小林弘人氏、株式会社CAMI&Co.代表取締役社長神谷雅史氏、ライフハッカー[日本版]の兄弟メディア・ギズモード・ジャパン編集長の松葉信彦によるトークセッションが行われました。その模様については、ギズモード・ジャパンのこちらの記事をご覧ください。

この記事では、全11社によるピッチの模様をまるごとお届けします!


「がんばらない介護」を実現。「LiveConnect Care」


iot_event.jpg


トップバッターの株式会社Z-Worksは、「がんばらない介護」をテーマに、介護分野でのIoTの活用に取り組んでいます。代表の小川氏自身も介護経験があり、「自分が欲しいと思うシステムをつくった」とのこと。

現在、介護事業に携わる人の3年後の平均離職率は70%以上で、負担の多い労働環境がその原因だと小川氏は言います。そうした状況を改善することを目的に、人海戦術で行っている介護現場での「見守り業務」を、IoTで代行する「LiveConnect Care」というサービスを開発しました。


iot_event23.jpg


「心拍センサー」や「人感センサー」で安静時の心拍数や呼吸数を検出することで、要介護者の寝返りや離床行動(ベッドからの立ち去り)についても検出し、スマホのアプリに通知します。

重篤化のよくある原因として、ベッドからの転倒に気付かず朝まで放置された結果、肺炎などの病気になってしまうというケースが挙げられるそうで、そうした事故をなくすこともこのサービスの大きな目的です。いま日本では「健康寿命」と「実寿命」に解離があり、これを縮めることが介護自体の問題を減らすことにもなるとのこと。

また、今後介護現場が施設ではなく在宅になってくるということも考え、自宅でも使えるように3G通信モジュール入りのゲートウェイを提案するなど「続けられる介護」を目指していきます。


360度カメラで鳥を撃退する「KAKA-THETA(カカシータ)」


iot_event2.jpg

リコー新規事業開発部・澤田氏による「イノべーション!」コールから元気にスタート

2番手は株式会社リコー。今回紹介されたのは、超小型IoTボード「Bizcuit」。360度カメラの「THETA(シータ)」にとりつけることができ、店舗やイベントなどで来場した客がどう動いたかを把握する「行動分析ソリューション」を目的として開発されました。


iot_event18.jpg


そして、これを応用したのが農業事業者向けの"近未来型鳥獣被害撲滅ロボット"「KAKA-THETA(カカシータ)」。物体が近づくとTHETAで撮影し、画像解析をして、鳥だった場合はクラッカーで撃退するというユニークなプロダクトです。


iot_event15.jpg

会場には実物の「KAKA-THETA」が展示してありました。

スマホで簡単戸締まりチェック! 「leafeemag」


iot_event3.jpg


3社目の株式会社Stroboは昨年2月創業で、他社メーカーとコラボしてIoT製品の開発を行っています。今回紹介した製品は3つ。姿勢を見える化して「座りすぎ」問題を解決するスマートチェアアプリ「CUXINO」、建物の中で空いているトイレがわかる「aiteru」、そしてスマート窓センサー「leafeemag」です。

「leafeemag」は、数センチほどのセンサーを窓に貼るだけで家じゅうの戸締まりを確認できるサービス。センサーをBluetoothでスマホとつなぎ、アプリで窓の戸締まりを一覧で確認することができます。朝急いでいる時など、時間がないときには便利そうです。

また、エアコンのつけっぱなし、冷蔵庫の開けっ放しなども確認できます。価格は1000円台を想定しており、とてもお手頃。


iot_event21.png

「leafeemag」はクラウドファンディングのMAKUAKEで先行予約受付中。


「dリビング」でIoTを活用したサービスを提供


iot_event4.jpg


続いて4社目は株式会社NTTドコモ。「dリビング」は、顧客の暮らし・生活をサポートするというコンシェルジュ的サービスで、月額450円で家事サポートやさまざま緊急トラブルに対応してもらえます。


iot_event22.jpg

緊急トラブル対応は、24時間365日出張費・作業費無料。


そして、現在この「dリビング」とIoTを掛け合わせた新しいサービスを検討中。すでに実用化されているものとして、部屋のみまもりサービスがあります。スマホやタブレットを家に置いておき、そのカメラで動体検知を行います。なにかが動くと写真を撮ったり威嚇音を鳴らしたりするという防犯の他、高齢者の方など離れて暮らす家族の見守りにも利用できます。

また、不在時でも安心して家事サポートサービスを利用できるように、「スマートロック」を活用した実証実験を現在行っているとのこと。


なくすを、なくす。世界最小のIoTデバイス「MAMORIO」


iot_event5.jpg


5社目はMAMORIO株式会社。紹介するのは、なくしたものをみつける世界最小のIoTデバイス「MAMORIO」です。同社は「なくすをなくす」をミッションに、なにかを失って悲しむ人を減らしたい、という想いから立ち上がった会社です。


iot_event6.jpg

会場に置かれていたMAMORIO。スマホとペアリングし、財布や鍵などの貴重品に付けるだけ。


MAMORIOの主な機能は2つあり、1つは「紛失防止アラート」。たとえば、MAMORIOのついた財布を家に置き忘れるとスマホに通知が送られます。このとき通知に気が付かなくても、最後に財布があった場所をトラッキングできるので、アプリを確認すれば「家にある」ということがわかり安心できます。

もう1つは、みんなで探す「クラウドトラッキング」。これはすべてのMAMORIOユーザーのスマホをアンテナ変わりして、自分の紛失物を探すという機能。MAMORIOがついている財布が落ちていたとして、別のMAMORIOユーザーがその前をすれ違うと、自動的にサーバーを通じて持ち主に位置情報を伝えてくれます。このクラウドトラッキングは、利用者が増えれば増えるほどカバー範囲も広がっていきます。


iot_event24.jpg


また、クラウドトラッキングの技術を活用し、今後さまざまな分野とのコラボレーションも目指しているとのこと。最近では株式会社エーザイと提携し、Me-MAMORIOという認知症の方向けの「お出かけ支援ツール」を開発して話題になりました。


1  2
  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.