• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  10:00 AM

コンセント要らずでどこでも設置。6.5cmの木製常夜灯「CALM」

コンセント要らずでどこでも設置。6.5cmの木製常夜灯「CALM」

160824_EC_twodo10.jpg


ライフハッカー[日本版]の兄弟メディア「roomie」では、アイデアが光る便利なアイテムを紹介しています。転載してお届けいたします。

夜、帰宅したときに待ち構えている、暗くて静かな玄関。

真っ暗な玄関は明かりのスイッチを探すのに一苦労だし、なんだか少しさみしい気持ちにもなります。

そんな時に「おかえりなさい」と言わんばかりに出迎えてくれるのが「CALM(カーム)」。


160824_twodo03.jpg


「CALM」は、周囲が暗くなると光センサーが反応して、自動的に明かりを灯す常夜灯


160824_twodo12.jpg


コンセント不要なので、玄関や廊下、階段、寝室、スイッチやドアノブの上など、どんなところにも設置できます。

「ここに照明があったらいいなぁ」という要望を、サッとかなえてくれますよ。


160824_twodo01.jpg


取り付けは簡単。付属の両面テープ式フックを貼り付けて、そこへ掛けるだけです。

壁に穴を開けなくていいので、賃貸物件でも安心して使えます。

ちなみにテープだけだと不安な凹凸の大きい壁や、珪藻土など多孔質な壁には、付属のネジでさらに強力に固定できますよ。


160824_twodo02.jpg


電力は、付属の単三充電池2本。一度フル充電すれば、1日12時間使用する計算でも、約1ヶ月間使用可能です。

電池の残量が低下すると、明かりが点滅して知らせてくれます。

ちなみに電池を充電するときは「CALM」を直接USBケーブルにつなぐだけでOKです。いちいち電池を取り外さない手軽さが嬉しいですね。


160824_twodo05.jpg


寝室のドア付近に設置しておけば、もしもの停電時にも役立ってくれます。


160824_twodo06.jpg


160824_twodo07.jpg


天然木のオイル仕上げで、ウォールナット・メープル・チェリーの3種類。

木目を楽しめるシンプルなデザインで、昼間はインテリアに溶け込みます。


160824_twodo09.jpg


ぼんやりとした小さな光ですが、暗闇の中では頼もしい存在。

帰りが遅くなったとき、眠気まなこで水を一杯飲みたいときなど、部屋中を煌々と照らしたくない場面に最適なアイテムですね。

公式サイトから購入可能です。

「roomie」では、ほかにもオリジナリティ溢れるアイテムを紹介しておりますので、ぜひこちらからご覧ください。


コンセント要らずでどこでも設置。6.5cmの木製常夜灯「CALM」 | roomie(ルーミー)


(タカシマ ユキ)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.