• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

大繁殖のミノカサゴを捕獲するロボットが開発される

大繁殖のミノカサゴを捕獲するロボットが開発される

160916mediagene_gizmodo.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:捕獲ロボットの名前は「ミノカサゴ・ターミネーター」。

ここ数十年にわたり大西洋で暮らしてきたミノカサゴ。食欲旺盛かつ天敵が少なかったこともあり、生態系のバランスを崩すほど大繁殖してしまいました。

この状況を打開するため、ロボット開発の団体Robots in the Service of the Environment略してRISEが立ち上がりました。RISEはミノカサゴ捕獲ロボットを開発して、この問題を解決しようというのです。



現在開発中の、このミノカサゴ捕獲ロボット。プロトタイプは掃除機ロボットと親戚のような関係にあります。というのも、RISEのファウンダーの1人は、掃除機メーカーiRobotのCEOであるColin Angle。彼は、妻で生化学者のErika Ebbelと友人の居るバミューダ諸島に訪れ、海洋生物の標本コレクターChris Flookと一緒にダイビングをした際に、このミノカサゴの問題を耳にしRISEを設立します。

ミノカサゴはその適用能力の高さから「ダーウィンの悪夢」とよばれることもあります。彼らは何でも食べることができ、海水だろうと低温の水だろうと高温の水だろうと、どんな環境でも繁殖できてしまいます。さらには、特定の季節ではなく、年がら年中繁殖することができます。そして、体には毒のトゲがあり、敵からの防御も完ぺきです。

こうした理由で、ミノカサゴは海の生態系を脅かす存在のなかでも特に困った存在なのです。もともとインド太平洋地域に生息していたミノカサゴは、その明るいストライプ柄とフリルのようなヒレで、一風変わった観賞魚としてペット好きに人気を博していました。しかし、その飼い主が1980年半ばから、成長したミノカサゴを放流したのがこの問題の始まりでした。その後、ミノカサゴはぐんぐん勢力を広げ、生態系を破壊していきました。

例えばバハマ諸島のミノカサゴは、ブダイ科に属する魚など植物を食べる生き物を食い尽くし、その結果藻が大量発生してサンゴ礁の生態系に多大なダメージを与えました。

その解決策として、生物学者のChristie Wilcoxさんは自身の著書で「わたしたちができることはミノカサゴを食べることだ」と述べています。彼いわく、ミノカサゴの毒はほとんどがタンパク質のため、加熱すると性質が変化し、普通に食べることが可能であるとのこと。さらに調理しない場合でもセビーチェのようなマリネにすれば食べられるそうです。

ミノカサゴから切り落としたトゲを飲み込んだとしても、最後まで内臓のどこにも刺さることがなければ理論上問題ありません。

実際ミノカサゴの市場は規模が広がりつつあります。米国のスーパーマーケットWhole Foodsやフロリダ州と北カリフォルニアの海鮮レストランでは、ミノカサゴの切り身が提供されています。しかし、ミノカサゴはサンゴに潜んでいるため、地引網やエサ釣りではなく人間が槍で捕獲する必要があります。捕獲に地道かつ時間がかかるお魚です。


160916mediagene_gizmodo2.jpg


ここで大きな助けになるのが、RISEの開発するミノカサゴ捕獲ロボットです。初代のプロトタイプは圧力で動く水中銃を搭載しているので、人間の手でミノカサゴを捕まえることができます。今月中には実地調査を開始する予定なのだそう。

2つ目のモデルは2つの電極を装備したロボットアームを使い、電気でミノカサゴを素早く捕まえる仕組みになっています。RISEのエグゼクティブ・ディレクター、Joe RizzoさんはPBS Newshourの取材に対して、「2つの電極がミノカサゴを両側から囲むことができればミノカサゴを捕獲できる」と、装置の仕組みを語っています。

いずれのプロトタイプにもカメラが搭載されているので、操縦する人はロボットを通じて水の中を探検することができます。彼は今後も、水の中でミノカサゴを素早く捕まえる自律型ロボットを完成させることを目指して開発を進めるそう。ミノカサゴ捕獲ロボット、ぜひ操縦して魚を捕獲してみたい...。


Jennifer Ouellette - Gizmodo US [原文]

(Haruka Mukai)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.