• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ドサ健ドサ健  - ,,,  08:00 PM

ワイヤレスでiPhoneの容量不足を解消!『SanDisk Connect Wireless Stick』

ワイヤレスでiPhoneの容量不足を解消!『SanDisk Connect Wireless Stick』

160912dosa4_.jpg


写真に動画にミュージック...気がつけばiPhoneの容量が不足していること、ありませんか?

だったらiPhone用の外部ストレージで容量アップ、なんて思うのですが、どれもLightning端子に接続するタイプで、正直その状態だとiPhoneがかさばって使いにくいんですよね。

でも、Wi-FiでiPhoneと繋がる『SanDisk Connect Wireless Stick』なら、ワイヤレスでiPhoneの容量を増やすことができるんです。これならiPhoneがかさばらず、使い勝手もいいんです!


ということで、実際に購入して試してみました。


ストラップホールがあるので、キーホルダーとして使えますね。


160828dosa9.jpg


iPhoneで使用するには、別途アプリ「Connect Drive」が必要なのでインストール(Android版もあり)。


140302dosa10.jpg


160828dosa1.jpg


データは、iPhoneからもMacからも入れることができます。


160828dosa4.jpg


Macの場合は、USBフラッシュメモリにデータを入れる感覚で使用できます。


160828dosa3.jpg


音楽データはこのように表示されます。


160828dosa2.jpg


同一ネットワーク内のApple TVやAmazon Fire TV、Chromecastに表示することも可能です。TVの大画面でみんなで見ることができますね。


160828dosa5.jpg


まとめ


使用してみて感じたのは、Lightning接続ではなくワイヤレスで繋がるUSBメモリなので、iPhoneがかさばらないのが、快適だということ。

Lightning接続のUSBメモリだと、データにアクセスする際にiPhoneにメモリをさしっぱなしにする必要がありますが、この状態だとUSBメモリが邪魔でiPhoneをかなり操作しにくい。

でも、『SanDisk Connect Wireless Stick』ならワイヤレスでつながるので、いつも通りにiPhoneが使えます。

また、初期状態では『SanDisk Connect Wireless Stick』にWi-Fiを介して接続し、インターネットにはLTE/4Gを使って接続します。その一方で、既存のWi-Fi ネットワークに『SanDisk Connect Wireless Stick』を接続することで、iPhoneからWi-Fiを使って『SanDisk Connect Wireless Stick』とインターネットへの接続が可能になります。

もちろん『Wireless Stick』にアクセスするためのパスワードを設定できますので、セキュリティも安全です。

ちなみに『SanDisk Connect Wireless Stick』は、ワイヤレスで接続したデバイス3台まで同時にデータやコンテンツのストリーミングが可能なので、家族旅行でそれぞれが好きな動画や音楽を聞く、なんてことも可能です。

Wi-Fi接続でワイヤレスでiPhoneと繋がって、iPhoneの容量を増やしてくれる『SanDisk Connect Wireless Stick』、容量不足のiPhoneも快適に使えるようになりますよ!

価格
200 GB 約13100円
128 GB 約10200円
64 GB 約5000円
32 GB 約4200円
16 GB 約3100円

※2016年9月時点のAmazon.co.jp上での価格


(ドサ健)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.