• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ドサ健  - ,,,  08:00 PM

ワイヤレスでiPhoneの容量不足を解消!『SanDisk Connect Wireless Stick』

ワイヤレスでiPhoneの容量不足を解消!『SanDisk Connect Wireless Stick』

160912dosa4_.jpg


写真に動画にミュージック...気がつけばiPhoneの容量が不足していること、ありませんか?

だったらiPhone用の外部ストレージで容量アップ、なんて思うのですが、どれもLightning端子に接続するタイプで、正直その状態だとiPhoneがかさばって使いにくいんですよね。

でも、Wi-FiでiPhoneと繋がる『SanDisk Connect Wireless Stick』なら、ワイヤレスでiPhoneの容量を増やすことができるんです。これならiPhoneがかさばらず、使い勝手もいいんです!


ということで、実際に購入して試してみました。


ストラップホールがあるので、キーホルダーとして使えますね。


160828dosa9.jpg


iPhoneで使用するには、別途アプリ「Connect Drive」が必要なのでインストール(Android版もあり)。


140302dosa10.jpg


160828dosa1.jpg


データは、iPhoneからもMacからも入れることができます。


160828dosa4.jpg


Macの場合は、USBフラッシュメモリにデータを入れる感覚で使用できます。


160828dosa3.jpg


音楽データはこのように表示されます。


160828dosa2.jpg


同一ネットワーク内のApple TVやAmazon Fire TV、Chromecastに表示することも可能です。TVの大画面でみんなで見ることができますね。


160828dosa5.jpg


まとめ


使用してみて感じたのは、Lightning接続ではなくワイヤレスで繋がるUSBメモリなので、iPhoneがかさばらないのが、快適だということ。

Lightning接続のUSBメモリだと、データにアクセスする際にiPhoneにメモリをさしっぱなしにする必要がありますが、この状態だとUSBメモリが邪魔でiPhoneをかなり操作しにくい。

でも、『SanDisk Connect Wireless Stick』ならワイヤレスでつながるので、いつも通りにiPhoneが使えます。

また、初期状態では『SanDisk Connect Wireless Stick』にWi-Fiを介して接続し、インターネットにはLTE/4Gを使って接続します。その一方で、既存のWi-Fi ネットワークに『SanDisk Connect Wireless Stick』を接続することで、iPhoneからWi-Fiを使って『SanDisk Connect Wireless Stick』とインターネットへの接続が可能になります。

もちろん『Wireless Stick』にアクセスするためのパスワードを設定できますので、セキュリティも安全です。

ちなみに『SanDisk Connect Wireless Stick』は、ワイヤレスで接続したデバイス3台まで同時にデータやコンテンツのストリーミングが可能なので、家族旅行でそれぞれが好きな動画や音楽を聞く、なんてことも可能です。

Wi-Fi接続でワイヤレスでiPhoneと繋がって、iPhoneの容量を増やしてくれる『SanDisk Connect Wireless Stick』、容量不足のiPhoneも快適に使えるようになりますよ!

価格
200 GB 約13100円
128 GB 約10200円
64 GB 約5000円
32 GB 約4200円
16 GB 約3100円

※2016年9月時点のAmazon.co.jp上での価格


(ドサ健)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.