• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 PM

街でも旅しよう。伊勢谷友介さんが考える『トリシティ』のある生活

Sponsored

街でも旅しよう。伊勢谷友介さんが考える『トリシティ』のある生活

160915_tricity_3_top.jpg


ヤマハの技術力が生み出した三輪スクーターの「トリシティ125」。新たな、安定性の高いシティコミューターとして生まれた1台を、伊勢谷友介さんのライフスタイルに合わせてカスタムするというプロジェクトも、ついに最終回を迎えます。

第1回は伊勢谷さんのバイク遍歴と目指す未来のスクーター像、第2回では完成した「トリシティ125」のカスタムポイントを紹介してきました。今回は、実際にシティコミューターとして使用している伊勢谷さんに、その感想をお聞きしました。


気持ちのいいライディングが楽しめる

160915_tricity_lean.jpg


── カスタムトリシティ、乗られた感想はいかがでしたか?

「気持ちいいですね。ノーマル状態でもLMWの機構ならではの自然なハンドリングで快適なんですが、フロントフォークの軸に近いところにハンドルを移動させたことで、より僕好みのダ
イレクトなハンドリングになりましたね」

個性のあるスポーツバイクを乗り継いでいる伊勢谷さんだからこそ、ダイレクトなハンドリングフィールが好みなのでしょう。

── トリシティの排気量は原付2種枠の125ccですが、コンパクトなバイクに感じたメリットってどんなものですか?

「気軽に買い物にも行けることですね。いままで、家の近所へは自転車で行っていたんですよ。「トリシティ125」は自転車とバイクの間にあり、自動車とバイクの間にもあるようなポジションな気がします。あとはそうですね。スーパー行くときは車だったんですけど、これからはトリシティで行ける。たくさんの荷物を積めますし」

気軽にエンジンをかけて走り出せる。高い積載性もある。そんな、オリジナルのトリシティが持つ個性を生かしたままのカスタムというのがポイントです。


拡張性のあるバイク、それがトリシティ

160915_tricity_iseya_helmet.jpg


── カスタムをする前提で考えた場合、ベース車両として見たトリシティってどうですか?

トリシティって、乗り手が「こんなふうに乗りたい」という指向に対して、けっこう拡張性があるように感じているんです。いろんな方のブログとかを読ませていただいたのですが、長距離を乗る人もいますし、街中だけですごく短い距離で使っている人もいる。オールマイティに使える車両だと思うんですよね

原付2種のバイクは通勤エクスプレスとして使われることが多いのですが、ノーマルの状態でもロングツーリングに、しかも日本一周にチャレンジしている人もいたそうです!

── 今後、ヨーロッパ市場に登場した155cc版のトリシティも日本上陸するかもしれませんね。

「排気量がアップしたら、短距離だけではなく長距離もこなせる車両になるので、より拡張性が広がるだろうなと。しかも、なおかつ降りた後のことも、普通の単車とも違うレベルでホスピタリティがある。車に例えると、スポーツバイクをF1としたら、トリシティはハイクラスなバンやワゴンみたいなポジションですね

高速道路も走れるとなれば、行動半径は大きく広がるでしょう。伊勢谷さんも「ぜひ155ccのトリシティも欲しいですね」とわくわくしたご様子でお話をされていました。


オンもオフも楽しめる可能性

160915_tricity_3_pannier.jpg


── ところで、トリシティはどのようなライフスタイルにあっていると思いますか?

オールマイティなバイクですよね、トリシティって。舗装道だけではなく、オフロードにもチャレンジできる。通勤にも使えるし、週末のプチアドベンチャーにも使える。オンもオフも楽しんでいる人にマッチすると思いますよ。あとはスクーター乗りのプライドとでもいうのでしょうか。カッコつけて乗ってほしいですね」

おお、トリシティはバイク界のSUVとなる可能性も秘めているみたいです!

── 伊勢谷さんのようにトリシティをカスタムして、ファッショナブルに乗りこなしたいと考えている方へアドバイスをお願いします。

「シティコミューターとしての必然性から考えていくと、積載量がある、二人乗りできる、みたいなクルマのような便利さを求めたくなりますよね。その上で、どんな雰囲気で乗れるのかなということを考えていけばいいのではないでしょうか。コミューターの利便性を殺さずに、どう自分の個性を出していくかが大切だと思います。今回のカスタムのテーマは、利便性とかっこよさの両立がポイント、というところでしょうか。」

今回のカスタムの場合だと、テールにのせたパニアケースをテーブル代わりに使う。そんなステキな拡張性もあるのです。たとえば、アウトドア用のコーヒーセットなども常備したいですね。


160915_tricity_3_run.jpg

── ところでバイクライフを考えるとき、「見た目のカッコよさ」と「乗車で得られる爽快感」のどちらに比重を置かれますか?

「その人の性格とかキャラクターにもよるんでしょうね。街乗りをどのように考えるかですね。僕は「見た目のカッコよさ」と「乗車で得られる爽快感」の両方とも大事だと思いますよ」

伊勢谷さんはずっとスポーツバイクを愛好されてきましたが、このトリシティはメットインスペースを、崩れた髪を隠すための帽子を入れるハットインにカスタムするなど、利便性はもちろん、乗っていても降りても楽しい一台に仕上げているのは、さすがのセンスの一言です。


160915_tricity_3_road.jpg

── トリシティをはじめとするシティコミューターは首都圏の交通事情に対して、どのように使えると思いますか?

「やはり近所に買い物にいくとか、会社への通勤に使うとなると、ある程度の積載量はあったほうがいいですよね。ということになると、スポーツバイクは向かなくなってくるからスクーターになるかなと。前述したように、自転車とバイク、バイクと車、その両方の間を埋めてくれる乗り物だと思うんですよね」

── これからカスタムを含めたトリシティのある生活に踏み出そうと考えている読者に、コメントをお願いします。

「僕自身は、ずっとスポーツバイクばかり乗ってきました。だから、トリシティをはじめとしたスクーターのゾーンには今まで縁がなかったんです。でも、買い物に行くのにスポーツバイクを乗っていくのはハイカロリーですよね。トリシティはやっぱり利便性というキーワードが先に立ってくるバイクです。でも、だからといって、ただの移動手段としてのスクーターではなく、ちょっとの距離でも楽しく乗れるし、楽しくなれる可能性をもったバイクでもあるんです

「だから、これから検討している方にはぜひカスタムにも挑戦してほしいですね。ノーマルの状態で乗るより、トリシティを自分好みにカスタムすることで、大事にしようという感情もより大きくなると思うんです。自分の心がときめくから、その物を大事にしようとなるわけで、それはお金以上の価値が生まれるし、いい関係性を築けますよ」

ディープなバイク愛好家である伊勢谷さんも認める、カスタムトリシティの利便性とハイクラスなエクステリア。オールマイティに乗れる・使える1台を選ぶというなら、大いに検討の余地ありです。

160915_tricity_3_park.jpg



東京都はバイクの違法駐車の取り締まりが特に厳しいですが、同時にバイクを安全に停めておけるバイク駐車場も増えてきました。A点からB点、そしてC点へといったように複数のスポットを廻るなら、トリシティの機動力が生きます。震動吸収力は高いし、横風の影響も受けにくい。ほかの原付2種スクーターやバイクと比べても疲れにくいという個性もあるんです。

メトロポリタンから海や川、そして山まで、シーンを選ばずマイペースにショートトリップができる「トリシティ125」。スマートでアクティブな都市生活を送る上で、ライフハッカー編集部が諸手を挙げておすすめしたいシティコミューターですよ。


TRICITY(トリシティ)|ヤマハ発動機株式会社

(文/武者良太、写真/井上直哉、スタイリスト/葛西信博 (REBIRTH PROJECT)、ヘアメイク/岡野泰史、撮影協力/東京国際交流館、都立潮風公園、Motorcycle factory 閃屋)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.