• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

「iPhone 7」イベントでAppleが発表した重要ポイント総まとめ

「iPhone 7」イベントでAppleが発表した重要ポイント総まとめ

160913iphone1.jpg


Appleは先日9月7日、高品質の新型カメラと防水型筐体を採用した新しい「iPhone 7」を華々しく発表しました。また、新しい「Apple Watch」やヘッドフォンジャックの廃止など、そのほかの発表もいくつかありました。わざわざ時間をかけてプレス・カンファレンスを観たくないという方は、知るべきことをまとめたこちらの記事をお読みください。


iPhone 7が防水に、ストレージ容量がついに増加、出荷開始は9月16日


160913iphone2.jpg


新しいiPhone 7は、見た目が若干新しくなり、マットなブラックと光沢のあるジェットブラックの2色が新色として登場します。新しい筐体は防水・防塵仕様です。また、この筐体により、上下にそれぞれ1つずつスピーカーを配したステレオスピーカーの搭載が実現しました。スピーカーはダイナミックレンジが広くなったため、音質が向上するはずです。

全体的な見た目とは別に、ホームボタンのデザインも初めて大幅に変更されました。このホームボタンでは、「Taptic Engine」により、感圧タッチに似たジェスチャーがサポートされます。それで何ができるのかについては、Appleは詳しく説明しませんでした。ですから、新しいホームボタンの実際の影響を確かめるには、しばらく待つ必要があるようです。

iPhone 7のプロセッサも、予想どおりアップデートされました。新プロセッサは「A10 Fusion」と呼ばれるもので、「iPhone 6s」よりも速い動作が約束されています。さらに重要なのが、この4コア設計のプロセッサが、2つの低消費電力コアを備えている点です。これにより、バッテリーが長もちするようになるはずです。AppleはiPhone史上最長のバッテリー駆動時間を約束しており、iPhone 6sよりも2時間長持ちすると謳っています。

iPhone 7では、ストレージ容量が32GB、128GB、256GBに増加します。しかも価格は前モデルから据え置きで、32GBで649ドルからです。iPhone 7 Plusのほうは、32GBで769ドルからとなっています。予約受付は9月9日からです。


ヘッドフォンジャックの廃止へ向かうApple


160913killheadphone.jpg


ただ、新デザインには、大きく変わった点がひとつあります。「Appleが3.5 mmステレオヘッドフォンジャックを捨てる」という噂は本当でした。iPhone 7にはLightningポートしかなく、ヘッドフォンジャックはありません。ということは、Lightningベースの新しい「Apple EarPods」には、アダプターも付属することになるでしょう。アダプターがあれば、少々おさまりは悪いものの、従来のヘッドフォンが使えるはずです。ほかのスマートフォーンメーカーがこの流れに乗るかどうかは、まだわかりません。


カメラが12メガピクセルにアップグレード、手ぶれ補正を搭載し、色域も拡大


160913camera2.jpg


iPhone 7では、カメラが大幅に改良されています。具体的には、光学式手ぶれ補正、カメラセンサーに届く光がiPhone 6sよりも50%多いF値1.8のワイドレンズ、12メガピクセルのカメラ、旧バージョンよりも速い高速プロセッサが導入されました。Appleによれば、これにより、光が少ない環境で撮影する写真が美しくなるほか、色域が広がり、Live Photosが鮮やかになるそうです。フロントカメラは7メガピクセルにアップグレードされています。背面カメラと同じ手ぶれ補正機能も備えています。

iPhone 7 Plusには、さらに第2のカメラが加わります。この第2のカメラはズーム機能を向上させる望遠レンズを備え、2倍の光学ズームと10倍のデジタルズームを可能にします。iPhone 7 Plusには、被写界深度撮影機能も加わっています。この機能は、2つのカメラと、カメラチップに備わった高度な機械学習を使って、ポートレート写真のぼかしエフェクトを作成するというものです。ただし、この機能は発売時点では利用できません。iPhone 7 Plusのカメラでできることについては、大げさな宣伝がたくさん飛び交っていますが、発売後に現実の世界で実際の機能を確かめる必要がありそうです。


160ドルのワイヤレスヘッドフォン「Apple AirPods」は、絶対になくしそうで、頻繁に充電する必要もありそう


160913airpods.jpg


Appleは新しいワイヤレスヘッドフォン「Apple AirPods」を発表しました。見た目はApple EarPodsとよく似ていますが、AirPodsにはコードがありません。バッテリー駆動時間は5時間で、加速度センサーとマイクロフォンを備え、Siriが統合されています。おそらく、iPhone 7との接続も簡単にできるでしょう。iPhone専用なのか、Bluetoothを使って接続できるのかについては、まだわかりません。AirPodsは10月発売で、価格は160ドルです。


9月13日にiOS 10をリリース


160913ios10.jpg


新しいロック画面や「メッセージ」アプリのさまざまな微調整など、新機能を満載したiOS 10が9月13日にリリースされます。


「Apple Watch Series 2」を9月16日にリリース、GPSと水深50メートルまでの耐水性能が追加


160913watch2.jpg


Apple Watch Series 2」のリリースにより、Apple Watchのハードウェアが初めてアップデートされます。新バージョンの目玉は、耐水性能です。これにより、Apple Watchをつけたまま泳げるようになります。

ハードウェアもアップデートされています。デュアルコアプロセッサ、速度の上がったGPU、新しいディスプレイのほか、最初に登場した時から要望の多かった機能、内蔵GPSが導入されました。そのおかげで、スマートフォンに接続しなくても、フィットネス用の腕時計として利用できます。ついでに言えば、Nikeと提携したランナー向けの特別バージョンも登場します。Apple Watch Series 2の発売は9月16日で、価格は369ドルです。初代Apple Watchは269ドルに値下げされ、Series 2と同じデュアルコアプロセッサが導入されますが、GPSは内蔵していません。

何よりも注目したいのは、Nianticが壇上に登場し、『ポケモンGO』のApple Watch版を年内にリリースすると発表したことです。また、iPhoneに接続し、タマゴが孵った時やポケモンが近くにいる時、ポケストップが近くにある時(この場合はスピンもできます)などに知らせてくれるようにもなります。


「iWork」でリアルタイムコラボレーションが可能に


160913iwork.jpg


「iWork」 のデスクトップアプリとモバイルアプリがアップデートされ、リアルタイムのコラボレーション編集が可能になります。これにより、しばらく前から「Google Docs」や「Microsoft Office 365」で提供されている機能と肩を並べることになります。


マリオの新作が今秋iPhoneに登場


最後に、任天堂の宮本茂氏が登壇し、iPhone向けのラン系新作マリオゲーム「Super Mario Run」を発表しました。今秋リリース予定で、価格の詳細はまだ発表されていませんが、アプリ内課金方式ではなく、最初に一定額を支払う方式になるようです。「Kotaku」で詳細が報じられています


Thorin Klosowski(原文/訳:梅田智世/ガリレオ)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.