• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  08:00 PM

オランダ在住16年の日本人が語る「異文化が交わる場所」のつくりかた

オランダ在住16年の日本人が語る「異文化が交わる場所」のつくりかた

160910chujou1-2.jpg


こんにちは。フリーランスの編集者・ライターの水迫です。オランダと日本を行ったり来たりしながら、オランダに関する記事を書いています。

日本からオランダに行きしばらく暮らしていると、さまざまな人々、さまざまな生き方、さまざまな仕事が作るざわめきが聞こえてきます。ここを選び、この国との接点をつかみ、仕事をしている日本人も多くいるはずです。そんな方々と直接お会いして、話を聞きたくなりました。これから、そんなさまざまな理由でオランダに移住した人たちのオランダ・ストーリーを不定期にお伝えしていきたいと思います。第1回目はJapan Cultural Exchange代表の中條永味子(ちゅうじょう・えみこ)さんです。


アムステルダムから日本を発信する


アムステルダム中央駅から3キロほど、ウォーターフロント沿いに宿泊だけではなくアートや文化などのイベントを積極的に行っているロイドホテル アンド カルチュラルエンバシーがあります。2016年6月、プラットフォームと呼ばれる施設内のホールで、第4回JAPAN MARKETが開かれました。入場者は1000人強。ノンフード20、フード14のブースが集まり、抹茶ケーキやたい焼きなどの食品、日本のデザインをアレンジしたアクセサリー、和紙アート、陶器、緑茶、日本酒などのほか、日本絵画、折り紙教室などのワークショップも開かれ、オランダ人、日本人をはじめ、さまざまな国の人々が集い大変な盛り上がりを見せていました。


IMG_7548.jpgJAPAN MARKETの会場となったロイドホテル アンド カルチュラルエンバシー。重厚な外観と裏腹に1~5ツ星の客室を揃え、ダッチデザインを凝らした斬新な内装が特徴。


このマーケットの主催者が、Japan Cultural Exchangeの代表、中條永味子さんです。在蘭16年になる中條さんは、日蘭間のさまざまな文化交流をサポートする自身の会社Japan Cultural Exchangeで、イベント、ワークショップ、展示会、視察旅行などを企画・立案・主催しています。

「JAPAN MARKETは、オランダに長い日本人と日本が好きなオランダ人が"日本"をキーワードに集まりながら、アムステルダムでの日本好きコミュニティーを育てたいと思って企画しました。思い思いにブースを展開し、買ったり、売ったりしながら日本をシェアし、楽しんでもらうのが目的です」。

2015年に始まり、第1回目は約100人、Facebookを立ち上げ瞬く間に広まった第2回目は10倍の1800人が訪れたJAPAN MARKET。ここ数年、オランダに来る度に日本をそこかしこに発見する機会が前より増えたなと思っていましたが、入場者の数字に、さらに浸透していることを実感しました。


160910red.jpg

日本好きのオランダ人も多く出展。(C) Japan Cultural Exchange


160910tayaki1.jpg

たい焼は整理券が発券されるほどの人気ぶり。(C) Japan Cultural Exchange


JAPAN MARKET以前は、日本関連のイベントというと、日本人駐在員が多いアムステルフェーン、日本学科をもつライデン大学があるライデンという都市で行われることが主でした。多国籍な街アムステルダムも新たな日本発信の拠点にしたいと、中條さんは会社設立1年足らずでこのマーケットを4回開催し、2016年2月はMONO JAPANという展示・即売会を成功させています。


自分のやりたいことを実現するために


中條さんがオランダに来たのは2000年。京都の美大卒業後、広告代理店でデザイナーとして勤務、休日は身体が動かなくなるほどの激務をこなしていたそうです。世間はミレニアムで浮き立っていましたが、中條さんは「動かなくては」と仕事を辞め、働きたい先としてヨーロッパに照準を置いて旅を開始します。そんな旅の途上で、近々オランダで広告代理店を設立する予定のオランダ人女性とポルトガル人男性に出会います。「彼らと意気投合し、永味子をグラフィックデザイナーとして雇うと言ってくれたんです。それがオランダと関わるきっかけでした」。

当時は、現在の日蘭通商航海条約による日本国籍者の優遇措置もなく、滞在許可及び労働ビザの取得は難しく、4~5カ月かかったそうです。無事労働許可がおりてスタートしたオランダ生活でしたが、3年を待たず広告代理店が倒産、あわやビザ失効の危機に。「広告代理店はいい人たちだったので悲しかったですが、私はここにいたかったので、泣いている暇はありませんでした」。弁護士を雇うなどして働きかけ、旅行代理店にデザイナーとして再就職します。

仕事の傍ら中條さんはイベント運営にも参画していました。「趣味程度に音楽イベントに関わりはじめ、次第に文化イベントやアートイベントを友人とオーガナイズするようになりました」。そんな折、1970年代からアムステルダムに住み、日本文化を紹介するNPO法人「't Japans Cultureel Centrum」の代表、西郡賢さんから声がかかります。日本とオランダの文化交流プログラム「京町家アーティスト・イン・レジテンス」を手伝ってくれないかという申し出でした(現在、このプロジェクトは終了)。イベントオーガナイズの経験、このプロジェクトを通じて、中條さんは日・蘭の文化交流の機会と場所作りを本格的に展開してみたいと強く思うようになります。
「自分のやりたいことを実現するには、自ら興すしかない。プロジェクトが終わった後、その時期が来たと思いました」

会社をやめてまずフリーランス、そして本腰を入れて取り組むために、2015年にJapan Cultural Exchangeを設立します。

とはいえ、オランダの地を踏んだ頃は、自身の道がこのように展開するとは思ってもみなかったそうです。そもそも、ここに落ち着くことさえ予想外。「イギリスの音楽もたくさん聴いたし、フランスの映画もよく観たし、ドイツはずっと憧れだった。どの国も素敵でしたが、自分の居場所だとは感じなかった。オランダは出身地の大阪のように周りが気軽に話しかけてくれる。人と人との垣根のなさがいいなと感じました。国の規模も小さいし、16年住んでいるアムステルダムは、京都みたいなサイズ感が心地よいです」


160910office1.jpg

ワークショップの会場も兼ねた中條さんのオフィス。


160910amsterdam1.jpg

オフィスの窓から見えるアムステルダムの街並み。


日本のモノづくりを伝える「MONO JAPAN」


中條さんにはJapan Cultural Exchange設立当時から温めていた企画がありました。それは、日本のモノづくりを紹介する展示・即売会です。もともと日本の工芸に深い関心を寄せていた中條さんは、日々の暮らしで「日本のプロダクトっていいよね」という声をたびたび耳にしていました。ただ、漠然とした憧れだけで、どこがいいのか具体的なイメージを描けない人が多かったそうです。他国での展示会にヒントを得ようと、ヨーロッパの代表的な展示会、パリのMaison & Objet、フランクフルトのAmbienteを視察。巨大な会場に世界中からの出展ブースが林立し、バイヤーやショップオーナーなどのプロは、見た目と値段、売れるかどうかを観点にしている。このような場で、日本のモノづくりの背景が伝わるか? 背景が伝わらないと欧州ではどうしても高価になってしまう日本のプロダクトの価値はわかってもらえないんじゃないかと疑問を抱いたそうです。

日本人だからこそプロダクトを具体的に語ることができる、海外で暮らしているからこそオランダ人およびヨーロッパの人がどう感じるかがわかる。「だからこそ、職人の技術をはじめ、プロダクトが誕生したその土地の風土、歴史、自然さえも伝える展示・即売会にしたかったんです」。


160910logo1.jpgアムステルダムに在住していたグラフィックデザイナー武田昌也さんによるデザイン。イメージに惹かれて入場したという人も多かったそう。


2015年6月から準備を開始、オランダと日本の両国で照明・音響・映像などを手掛ける企業Luftzugの遠藤豊さんとタッグを組み、ロイドホテルのアートディレクターのスザンヌ・オクセナーさんにかけあい、他国の展示会に出展していた人、日本でモノづくりにかかわる人々に直接声をかけるなど、精力的に活動。

「これまでにないイベントだったので、会う人会う人が興味を示してくれました。アムステルダム市からの応援をはじめ、日本のオランダ王国大使館など、どんどん協力者の輪が広がりました。オランダの鉄道NSが駅の大画面スクリーンで広告を流してくれたりしたんですよ」。

そして、8カ月後の2016年2月初旬、「MONO JAPAN」と名付けた3日間の日本のモノづくりの展示・即売会を実現させます。2月4日はBtoB限定入場でプロやプレス関係者が300名、一般入場は3日間で4,800名を記録。日本・オランダからの18の出展者に加え、ワークショップ、レクチャーも行われた会場は熱気に溢れ、前に進めないほど混雑ぶりだったそうです。展示物を熱心に見入る入場者に"プロダクトが紡ぐストーリー"が伝播していると、手ごたえを感じた中條さん。「出展者も主催側も入場者もみんなニコニコしていて。初めての試みだったし、少人数でやったので本当に大変でしたが、つらいと思ったことは一度もなかったです」。


160910markt12.jpg

プロダクトを熱心に見る来場者たち。(左0503、右0570 Hiroshi Ono / © MONO JAPAN)


160910event1.jpg

300人が詰めかけたオープニングパーティー(0144  Hiroshi Ono / © MONO JAPAN)


ヨーロッパのハブ&参加型社会のオランダ


しかし、日本の展示者は、見本市開催国としては知名度が低いオランダで展示・即売会を行う意義を即座に理解できたのだろうか? という疑問を投げかけると、「その質問はたくさん受けました」と中條さん。「でもね、オランダは貿易で栄えた国ですから、ここを手掛かりにヨーロッパに広がっていくと確信していたんです」。実際、MONO JAPANは日本の媒体のみならず、イタリアのエルデコや、グローバルなトレンドセッターとして高い人気を誇るイギリス発のライフスタイルカルチャー雑誌『Wallpaper』の電子版で紹介され、大きな反響を呼びました。また、JAPAN MARKETでも日本のプロダクトを販売した出展者がイギリスから注文を受けたりしたそうです。「オランダで出展することは、ヨーロッパ全土を視野に入れることなんです。それに1月下旬のパリ、2月中旬月のフランクフルトの見本市の間の2月初めにMONO JAPANを挟むことで、出展者が一度の渡欧でいくつかの見本市に参加することもできます」。

MONO JAPAN実現にあたっては、オランダ社会の風通しのよさも助けになったと中條さん。縦社会にありがちな上から目線で応対されたことは一度もなく、「MONO JAPANのことでアムステルダムの行政の方にメールを送ったら、こちらから出向くのではなく、私のオフィスまで来てくれたんですよ」。Japan Cultural Exchangeでは顧客のテーマに応じた視察旅行手配も行っていますが、オランダの団体や企業は視察を快く受け入れるどころか「日本ではどうなっているのか」と好奇心いっぱいで聞いてくるそうです。「参加型社会の国ですから、その人の肩書で判断するのではなく、おもしろいか、そして社会に貢献できるかを物差しにしている人が多いです」。

また、文化に関する関心が高いのもオランダの特徴といえます。MONO JAPANでのワークショップは、あっという間に満席、定期的に開いている日本の手仕事を紹介するワークショップも参加費は決して安くはないそうですが、毎回好評だそうです。「金継ぎのワークショップでは、質問が矢継ぎ早に飛んできて、講師が本当に楽しく教えることができたと言っていました」。自分がよいと思うものに対して、てらいなく表現するのもオランダならでは。そんなオランダ人と一緒になって日本を楽しんでいると中條さん。


人生という大きなフレームではリスクはリスクではない


Japan Cultural Exchangeの今後の目標を尋ねると「MONO JAPAN開催後、たくさんの問い合わせをいただいています。まず会社のその他の事業、MONO JAPAN、JAPAN MARKETを大切に育てていくこと。さらにヨーロッパ進出を考えている日本のメーカーの受け皿になったり、日本で細々と続く伝統工芸の復興の助けをしたり、オランダ社会の魅力を日本に紹介したり。やりたいことは山のようにありますが、それらをひっくるめて、日蘭双方を長所でつなげる発展性のある機会を今後も生み出していくのが目標です」と、中條さん。そして、くすっと思い出し笑いをしながら「ロイドホテルのスザンヌさんから、"あなたはリスクをとっている。私はリスクを背負っている人が好きだから、協力している"と言われて。他人から見ると私がやっていることはリスキーなんだなと気付きました。もちろん私も大人なのでリスクがあることはわかっています(笑)。でも、リスクって、どうとらえるかではないでしょうか。経済面はさておき、人生というフレームで見れば得しているのなら、それでいいんじゃないかって思うんです。そもそも、恥を心配するほど立派な人生を送っているわけでもないですしね」。


160910chujou2.jpg

大阪府出身で気さくな人柄の中條さん。


オランダと日本の間にたち、俯瞰しながら2国のよいところをつなげ、かつ異国で得た視点で日本のモノづくりに貢献していきたいと語る中條さん。日本人というアイデンティティの上にオランダの地図を重ね、楽しく試行錯誤しながらひとコマひとコマ進めていく彼女の姿が見えました。そして、地図上に自分の道を自由に描いていけるオランダの寛容性を改めて感じました。


水迫尚子

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.