• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,  08:00 PM

神経科学者も最適と考えている「睡眠時の姿勢」とは?

神経科学者も最適と考えている「睡眠時の姿勢」とは?

160905brain_optimal_posture.jpg


Inc.:睡眠は休息と心身の回復のためには必須です。人間は飢えで死ぬには2週間かかりますが、眠らないと10日で死んでしまいます。睡眠不足は飢えより恐ろしいと言えるでしょう。

アメリカ疾病対策センターも睡眠不足を公衆衛生上の懸念事項として分類しています。睡眠が足りていない人は高血圧、糖尿病、鬱、肥満、癌を含む慢性疾患に苦しむ可能性が高くなります。

そのため十分な睡眠を取ることは命に関わるぐらい大切ですが、「睡眠時の姿勢」も休息の質に大きな影響を与えます。

睡眠は食欲、気分、性欲を管理するだけでなく、体の細胞の回復、記憶力、学習を助け、脳の老廃物を取り除く働きがあることを神経科学が実証しています。

特に最後に挙げた働きが重要です。体が老廃物を排出する生物学的機能を持つのと同様に、脳も不必要な物質を排出する必要があります。脳を使えば使うほど脳の老廃物を排出する必要性は高まります。


神経科学のある研究によれば、睡眠時の姿勢の中で、脳の老廃物を排出するのに最も効果的なのは横向きになって寝る横臥位だそうです。

Journal of Neuroscience』誌に発表されたその研究は、MRIを使って脳の「グリンパ系回路」を画像化しています。これは、脳脊髄液が脳のいたるところでろ過され間質液(体の中のあらゆる細胞の周りにある液体)と交換されるシステムです。

この2つの体液の交換のおかげで脳はアミロイドβやタウタンパク質のような老廃物を排出できています。こうした老廃物が脳内にあると、何よりも、アルツハイマー病やパーキンソン病の原因になります。

「人間にもほとんどの動物(野生動物も例外ではありません)にも、睡眠時の姿勢としてもっとも好まれるのが横臥位なのは興味深いことです。目覚めている間に蓄積された脳の代謝老廃物をもっとも効率よく排出するために横臥位を取るようになったのではないでしょうか。」」とローチェスター大学のMaiken Nedergaard氏は言います。

横臥位で眠ると、脳の機能を最適化するだけでなく、いびき、睡眠時無呼吸症、首や背中の痛み、妊娠中の女性にも良い効果が期待できます。その姿勢だと背骨がまっすぐになるので背中の痛みを和らげ、さらに、中咽頭を開くことになるので呼吸が楽になります。

睡眠専門家、カイロプラクター、理学療法士がお勧めの睡眠時の姿勢は次の通りです。

  1. 横向きに寝る。ただし、胎児のように体を丸めないこと(膝を多少曲げるのは良いが、膝を抱え込む姿勢は不可)。
  2. 人間工学に基づいてデザインされた枕に頭を置く。首をしっかり安定させられる厚みがある枕を使用すること。
  3. 両脚の間に小さな枕を入れて背骨をまっすぐに保つ。

これで睡眠の準備完了です。さあ、羊の数を数えて下さい。


The Sleep Hack Neuroscience Says Gives Your Brain Optimal Rest | Inc.

Melanie Curtin(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.