• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

和田美樹和田美樹  - ,  11:00 PM

起業したほうが幸せで健康になれるという調査報告

起業したほうが幸せで健康になれるという調査報告

160903entrepreneur1.jpg


Inc.:自分のビジネスを立ち上げれば、功績を築く、富を築く、社会の向上に貢献した商品を提供するといった、多くの満足感が得られます。一方、自営業者は苦労が多いというのは、世間に広く認められた事実です。どんなビジネスメディアでも起業における甚大な、心理的代償について深く掘り下げた記事を扱うこともあります。

これらすべてを総合すると、起業は、長い目でみればやり甲斐があるかもしれないが、日常レベルでは、苦しみの連続という印象が一般的のようです。この観点から考えると、起業は人生に意義を与える反面、ストレスも与える可能性が大きいと言えるでしょう。

しかし、コンサルティング会社Emergent Researchの人たちより、起業家や、フリーランサー、経営者を目指す人に朗報があります。同社の最近のブログによると、上記の一般論が誤解であることが多くの研究で示されている、というのです。実際に自営業の人たちのほうが、大企業の社員よりもはるかに幸せだという自己申告データがあるそうです。


起業家は報酬として幸福を得るという多くの証拠


同ブログで引用されている最初の証拠は、PwC(世界4大会計事務所であるプライスウォーターハウスクーパース)の「Work-life 3.0:次世代の働き方を理解する」という報告書です。Emergentは「この調査は、多岐にわたるテーマを扱っています」と説明した上で、ある事柄に特に注目しています。「仕事に満足している大企業の社員はわずか27パーセントなのに対し、仕事に満足だと回答するスモールビジネスの労働者は43パーセントと、前者を大きく上回っています」

大企業にとっては、かなり厳しい統計結果ですが、起業家にとってはとてもうれしい話です。でも朗報はこれだけではありません。「『MBO Partners 2016年度独立事業の実態』という報告書は、独立した労働者の81パーセントが『独立してより幸せになった』、60パーセントが『独立してより健康になった』と回答したと述べています」と記事にあります。

さらに「自営業者は従属的労働者よりも、平均して、仕事に対する関与度、満足度、幸福度が高いという他の調査報告も頻繁になされています」と述べています。


なぜ起業家のほうが幸せなのか?


自営業者と従属的労働者の幸福度の大きな違いは、どのような理由によるものなのでしょう? それは、両方を経験した人なら誰も驚かない推定原因です。お役所仕事がない、自立性がある、柔軟性が大きい(つまり大人の扱い)という点で起業家はより満足度が高いのだと思います。

「独立してより幸せになるために、安心や、収入の安定性を犠牲にしてもよいと思っている人が多いのは明白です」と記事は締めくくっています。

自営の苦労がかさんで心身の健康を損なうのではないかと案じている人は、安心してください。そうではないことが、多くの研究によって示されているのです。もちろん自営業は簡単ではありませんが、究極的には幸せになれるということなのでしょう。


Entrepreneurship Will Make You Happier and Healthier, Research Suggests|Inc.

Jessica Stillman(訳:和田美樹)
Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.