• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,  11:00 PM

条件は完ペキ。でも、好きになれない企業から内定したらどうしたらいい?

条件は完ペキ。でも、好きになれない企業から内定したらどうしたらいい?

160901weare.jpg


最近ある友だちが、いろいろな意味で完璧に条件がそろっている求人の面接を受けてきました。仕事内容も本人の職歴に完璧にマッチし、首脳陣はエネルギッシュで頭がよく、チームメンバーも素晴らしい人たちで、おまけに通勤時間も短くなります。ただ、1つだけ気がかりなことがあります。友人はその企業の業種に関心が持てなかったのです。

ぜいたくを言うなと思うかもしれませんが、友人が置かれた状況は、私が求職中の人たちからよく聞く質問をまさに体現していると言えます。好きな仕事や好きな会社であることは重要か? 好きではない会社でも、楽しく仕事ができるか? 条件面では完璧な仕事を取るべきか、あこがれの企業に入れるチャンスがくるまで待つべきか?

これらの質問の答えは、当然ながら、ケースバイケースです。あなたも同じ立場にいるなら、すなわち、条件面では申し分がないが、好きではない企業に入るべきかを迷っているなら、以下の質問を自分に投げかけてみると、少し道が見えてくるかもしれません。


あなたの仕事の価値観は?


価値観と言うとおおげさに聞こえますが、簡単に言えばこういうことです。あなたにとって働く上で最も重要なことは何ですか? その答えが、同僚たちとうまくやっていく、やさしい上司の元で働く、自分のスキルを最大限に発揮できる、などであるなら、どの企業で働くかはそれほど大きなことではないでしょう。一方、履歴書に有名企業の名前を付け加えることや、使命感を持って仕事に取り組むことが重要であるなら、どの企業に雇われるかは譲れないポイントとなります。どの価値観が優れているということはありません。すべてはあなた次第です。


その企業は未来のドアを開くか、それとも閉じるか?


決断を少し保留にして、キャリアを未来に進めて考えてみましょう。ペンと紙を手に取り、10年後にしていたい仕事、働いていたい企業を思いつくままに書き出してみてください。最終的なゴールは決めていなくても大丈夫です。人生を設計するというよりは、ブレインストーミングの気分で行ってください。

リストができたら、パターンを探してください。書き出した仕事や企業に共通するものは何ですか? それがわかったら、先ほどの企業について改めて考えます。その職に就くと、あこがれの仕事に近づけますか? それとも遠ざかりますか?  そして、それは重要なことですか? 検討中の企業を全体のキャリアパスのなかに置いて眺めてみると、長期的な視野でより正しい判断ができるようになります。


ほかの選択肢は?


この友人のケースでは、選択肢はたくさんありました。彼女は需要の高いマーケティング分野で豊富な実績を積んでいて、大都市に住んでおり、職探しを始めたばかりでした。つまり、これが唯一の選択肢だと考える理由はありませんでした。

しかし、私たちの多くは選り好みする立場にはいないもの。たとえば、競争の激しい業界にいて、小さな街に住んでいたり、あるいはかなり特殊な専門性を持っていて、ぴったりくる求人がめったに出てこない、などのケースがほとんどでしょう。好きではない企業でも黙って働け、と言っているのではありませんが、ほかにどんな選択肢があるかについては現実的になる必要があります。


リサーチは十分に行ったか?


なんでもそうですが、第一印象だけで企業を判断するのは性急です。「フィンテック? なんだか退屈そうな仕事だな...。」「社員が1万人もいる? 求めているベンチャー的な雰囲気はなさそうだ...。」といったことです。

性急な判断を下す前に、リサーチをしてください。調べてみれば、フィンテックが世界で最も速く成長している分野の1つだということがわかるでしょう。退屈どころではありません! 大企業でも、勤務時間の20%を個人プロジェクトに使っていいという制度があるところもあります。限られた知識や考えで、本当は素晴らしいチャンスを無下にしてしまわないように。その企業の社員と話す時間をつくって、会社のどこか好きかを尋ねたり、友人知人から意見を募ったりしてみます。その結果、やっぱり自分が行くべき会社じゃないとわかるかもしれません。あるいは、ぜんぜん知らなかった事実を知り驚くかもしれません。

残念ながら、すべての条件が完璧に揃っている仕事などありません。どんなものにも長所と短所があります。そしてもちろん、どの企業で働くかは重要ですが、唯一の重要事項というわけでもありません。ここで紹介した質問についてよく考えれば、将来が少しクリアになるはずです。



How to Know if You Should Take a Great Job at a Company You're Not Excited About
| The Muse

Adrian Granzella Larssen(原文/訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.