• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

鈴木統子  - ,,,,,,,,,  09:00 PM

設定が必要なのは、ゴールだけじゃない。毎日の「心構え」を設定すれば、人生が変わる

設定が必要なのは、ゴールだけじゃない。毎日の「心構え」を設定すれば、人生が変わる

160901_frame_mind.jpg


Inc.:あなたが起業家であるのなら、ゴールを設定することの価値、必要性をご存じでしょう。一方、果たしてどれだけ多くの人が、行動する上での「心構えの設定」をやっているでしょうか。

さて、ゴールを設定することと心構えを設定することの違いとは何でしょう? ゴールを定めれば、将来を見据えて、自分に必要なものを把握し、プランを立てることができます。物事を首尾よく進め、目的を完遂することも実現可能というわけです。何の問題もなく、素晴らしいことのように聞こえます。でも、ゴールを設定することには、ネガティブな側面もあります。気持ちが醒め、自分に何が足りないかを痛感してしまうのです。ゴールを設定したものの、達成できなかったという経験のある人は、失敗自体だけでなく、失敗に陥っている時の感覚を思い出すことになるでしょう。

一方、生活する上でどのような心構えを持つかを決め、その通りに行動すると、自分自身が今、何者であるかということを集中して考えることができます。すると、自分の価値を認識し、それを踏まえて生活することができるようになります。そして、心のエネルギーが増し、最終的には身体のエネルギーも向上する、というわけです。

起業家たちの多くは、自分の価値を見極めることに長けています。自分の価値を知った上で生活するということで、成功が射程距離に入るようになり、さらに大切なこと=幸福な人生も実現可能になります。毎日しっかりとした心構えを持つということは、ゴールへのロードマップや、日々どのように暮らすべきかを示すリマインダが手に入ったようなもの。心構えを持つことで、目的が生まれ、目的を達成するためのインスピレーションとモチベーションを得ることができます。毎日の心構えを設定するという行為は、あなたの人生を変えるのです。

私自身は、毎日自分のやることすべてに心構えを持って臨むようにしています。「無限の可能性を広く受け入れよう」というものから、「事故のない安全運転で目的地に着こう」といったものまで、さまざまな心構えを持つようにしています。心構えを決めるのに、ルールはありませんが、メリットや、ガイドライン、そしてとても役に立つリマインダはあります。皆さんが自分なりの心構えの持ち方を見つけられるよう、そのいくつかをお伝えしましょう。


1. やる気とは、包括的なものである

心構えとゴールを混同しないようにしましょう。心構えを持つことは、あなたがどのようになりたいか、世界にどのように貢献したいか、他人の人生にどのように関わるのかを選択する、ということです。

たとえば、「今日は他人に対して親切にふるまい、人を喜ばせることをできる限りやってみよう」などと考えるのが心構えを決めるということです。


2. 心構えを設定することで、もっと有能になれる

生産的になるべしという心構えを持つのはもちろんいいことですが、それを声に出してみるのもいいでしょう。たとえば、「自分の能力を高め、自らが望む状態へと近づくためには、どうすべきか真剣に考えてみよう」と口に出して言ってみれば、今よりも力が湧いてくるかもしれません。

明晰な考察や、インスピレーションとなってくれるもの、自分をゴールへと導いてくれるような情報に対して、アンテナを張り巡らせたいのであれば、その意志を声に出してみるといいでしょう。


3. 心構えを設定すると、考え込んでいるだけの状態から抜け出すことができる

自分の心構えを声に出してみれば、抱えている問題や自分で考えている限界から、心を解放することができるでしょう。そしてその分、自分の人生にポジティブな影響を与えるものへと神経を集中させることができるはずです。ただ、満足したいと願うのではなく、今日はこういう気分でいようと明確に口に出すことで、自分で変化するパワーを手に入れられるでしょう。

自分の身の回りにあるものすべて、そして自分自身に対して感謝の気持ちを持ってみましょう。心が喜びと愛で満たされ、身体にもポジティブなエネルギーが満ち溢れてくるかもしれません。


4. 心構えにより、見落としていたかもしれないことに気づくようになる

1日を通して、普段あまり気に留めないような身のまわりのものについて考えることに没頭したことはありますか? 些細なことであっても、素晴らしい何かに目を向けてみれば、それだけの恩恵を受け、瞬時に自分の考え方を変えられるはずです。たとえば、身のまわりの美しい環境を意識するため、私はしばしば自分の庭で仕事をするようにしています。結果、集中する一方で、仕事にのみ込まれ過ぎず、周辺の美しいものを味わうことを忘れないようにすることができます。小鳥や蝶、咲いたばかりの花が私のエネルギーや情熱、クリエイティビティを高めてくれます。

自分が視界を広げれば、自然の美しさを楽しみ、味わい、そして自身もその美しさのために何かできるようになるかもしれません。


5. 心構え次第で、グローバルに役立つこともできる

大半の人は、世界を取り巻く問題に懸念を抱いていることでしょう。でも、時として自分は無力であると感じてしまうこともあるのではないでしょうか。そんな時は、「バタフライ・エフェクト」を思い出してみてください。小さな変化も大きな変化へとつながるのです。何かを変えようという心構えを持つことで、それを実行するアイデアや機会に向き合うことができます。小さな貢献であっても、いずれ自分にとっての大義へと変わるかもしれません。自分が変革の一部であろうという気持ちをただ声に出してみるだけでも、力があるような気持ちになれるはずです。

数分でいいので、その日の心構えを唱えてみてください。きっと何かが変わるはずです。


Setting Goals Isn't Enough: Setting Daily Intentions Will Change Your Life|Inc.

Marla Tabaka(訳:鈴木統子)
Photo by ShutterStock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.