• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

鈴木統子鈴木統子  - ,  09:00 PM

頭のいい人が失敗してしまう8つの理由

頭のいい人が失敗してしまう8つの理由

20160815fail_eight.jpg


Inc.:当たり前ですが、賢いのはいいことです。知的レベルの高い人のほうが収入が良く、資産も多く、長生きするとされています。一見、頭がいいと生きるのも楽そうに思えます。しかし、実際はそこまで単純ではありません。


とても頭のいい人に限ってマヌケなミスをしでかすと言われています。特に常識が求められる場では。その状況のシンプルさ、そしてそんな状況を台無しにしてしまう人たちの有り余るほどの知性は、事態を徹底的にコミカルにしてしまいます。

「常識は、そんなに一般的なものではない」 ヴォルテール

数十年のリサーチを経て、科学者たちはついに、なぜこのようなことが起こるのかを解明し始めています。米イエール大学のShane Frederick氏は初めて、なぜ理性的な思考と知性が協働するという結果に至らないのかについての調査を行いました。

調査にあたり、Frederick氏は、参加者に対して次のような質問をしました。

1ドル10セントのバットとボールがあります。バットは、ボールより1ドル高いです。さて、ボールはいくらでしょうか?

結果、自信を持って「ボールは10セントだ」と間違えた回答をしてしまう人々がいることをFrederick氏は発見しました。お分かりのことと思いますが、答えのボールの値段はもちろん5セントです。

米James Madison大学とカナダのToronto大学の精神分析医たちも同様のことを考えていました。彼らは、何百人もの参加者を対象に、先ほどの実験と似たようなロジックテストを実施し、参加者のIQレベルと正答率を照らし合わせました。結果、よりIQが高い人ほど間違えた回答をしてしまいやすく、それは実際に問題を解く際に、彼らが精神的なミスをおかしてしまうからだということが明らかになりました。

頭のいい人が馬鹿げたミスをしてしまいがちなのは、彼らがロジックを使う際に盲点があるためです。この盲点は、頭のいい人が自分の論理的能力を過信してしまう傾向にあるがために、生じます。つまり、頭のいい人は、自分が正しく、素早く回答するということにすっかり慣れてしまっているために、自分が間違えているのは、十分に考えずに答えているせいだということにすら気づいていないのです。

とはいえ、バットとボールの問題で不正解だったうっかりさんが、そこまでマヌケだというわけでもありません。Frederick氏がHarvard、Princeton、M.I.T.の学生に、この問題を出したとき、その半数以上が不正解だったというのです。世界有数の名門校の学生ですら、馬鹿げたミスをしてしまうのです。

おそらく優秀な人たちがミスをするときに、もっとも怖いのは、彼らがそのことについて自覚がないということです。どんな人であっても、「バイアスによる盲点」と呼ばれるものは、避けて通れません。つまり、私たちは他人のミスを見つけるのは得意ですが、自分のミスにはことごとく気がつかないということ。そして頭のいい人にとっては、ミスが馬鹿げたものであればあるほど、自分のミスを受け入れ難くなります。

「私は自分が賢いということを知っている。自分が何も知らないということを知っているからだ」ソクラテス

バットとボールについての質問のようなロジカルな問題を毎日解くようなことはないように思えますが、こういった問題を解決するために使う脳の機能は、毎日物事を考えるときに使う脳の機能と同じなのです。それゆえに、馬鹿げた間違いをしてしまう危険性は職場でもあるというわけです。頭のいい人が自爆行為をやらかしてしまう、ありがちな理由を見てみましょう。


1. 自信過剰


ほめられ、賞賛されてばかりの人生は、頭のいい人に自分の知性と能力に対して揺るぎのない確信を抱かせるようになります。やるべきことを成し遂げた時、誰かにそのエゴをたしなめられたとしても、頭のいい人が物事はいつも自分の思い通りに進むと思ってしまうのは、よくあることです。しかし、その考えは危険です。頭のいい人は、自分がいつ助けを求めるべきなのかが認識できないことがよくあり、また気づいたとしても、誰にもそんな能力はないと考えてしまいがちなのです。


2. 他人への追及がキツイ


頭のいい人は、自分たちの思い通りに物事が進むあまり、成果至上主義になってしまいがちです。彼らは、他人が同じことをやり遂げるのにどれだけ苦労をするのかを、単純に理解できません。そして、そのために周りの人を厳しく追及します。頭のいい人は、目標を高く掲げ過ぎてしまうにもかかわらず、相手が時間をかけ過ぎたり、寸分違わず正しくやりおおせなかったりすると、それは相手の怠慢のせいだと思ってしまうのです。そのため、相手をさらにきつく責め立て、その人がやり遂げることは到底できないであろうと考え、他人が目的を達成するために手を貸すという機会を逃してしまうのです。


3. いつだって、自分が正しくなければならない


誰にとっても、自分が間違っているという事実を謹んで受け入れるのは、簡単なことではありません。頭のいい人にとっては、さらにハードルが上がるでしょう。なぜなら、頭のいい人は、生まれてからずっと「自分が正しい」ということに慣れており、それがアイデンティティの一部になっているからです。デキる人々にとって、自分が間違っているということは、個人攻撃を受けているようなもの。自分は正しくなければならないのです。


4. 感情的な知性に欠けている


IQとEQ(心の知能指数)は、有意義な形で一致するものではない(通常、IQの高い人も普通の人と同じくらいのEQがあります)とはいえ、頭がいい人のIQが低いと、痛々しいほどに目立ちます。こういった高IQで低EQの人は、世界は実力主義であると考えがちです。達成することがすべてであり、人間や感情は、邪魔なだけ。これは残念なことです。なぜなら、EQアップのためのトレーニングを行うTalentSmartが100万人以上の人を対象に行った調査によれば、パフォーマンスがトップレベルである人たちは、IQが上級レベルの人の中でさえも、EQのスコアが最高レベルである人たちだったからです。


5. 失敗すると、あきらめる


スポーツ観戦で、誰もが勝利を期待していたにもかかわらず、そうならなかった選手の顔に浮かんだ驚愕の表情を見たことはありませんか? 頭のいい人は、失敗を世界の終わりと考えてしまいがちです。なぜなら、頻繁に成功しているために、失敗は耐え難いものだと考えるようになっているからです。何かを達成するために一生懸命頑張らなければならない人は、多くの練習を重ね、失敗への対処方法を学んでいます。そして、失敗を受容することも学んでいます。なぜなら、失敗は、成功への足がかりになるということを知っているからです。


6. 根性を磨き損ねる


物事が本当に自分の思い通りになると、ハードワークをネガティブなこと(それに見合ったものは得られないだろう)と考えるようになりがちです。そうすると、膨大な労力を割くこともしないのに、何かを達成できなかったりすると、イライラして、気分を害するようになります。こうなると、もし何かを簡単にやり遂げることができないのなら、自分に問題があるのだという間違った推測をするようになります。結果として、頭のいい人は、高いレベルで身につけるべきである根気を身につけるために時間をかける代わりに、自分たちの価値観を肯定してくれる別の何かを追い求めてしまう傾向にあるのです。


7. マルチタスク


頭のいい人は、思考の速度が非常に速いため、せっかちになりがちです。彼らは、ダウンタイムがないように、一度に複数の物事を進めるのを好みます。マルチタスクを行っているときは、素早くものを考えるために、物事がうまくいき、より多くのことが成し遂げられているような感覚に陥りやすいですが、Stanford大学の研究によれば、それは事実とは異なります。マルチタスクは、生産性を下げるだけでなく、マルチタスクをしょっちゅう行っている人は、自分が複数の物事を同時に進めるのが得意だと思い込んでしまうあまり、本当は1つのことに集中するのを好む人よりも、マルチタスク能力がなかったりするのです。


8. フィードバックを受け入れるのが苦手


頭のいい人は、他人の意見を軽視する傾向にあります。つまり、どんな人にだって有効なフィードバックが与えられる資格があるのだということを信じることができないのです。このような悪癖は、彼らの成長や功績を上げることを妨げ、プライベートでも仕事でも、ストレスフルな人間関係を築く原因になります。


まとめ


ここまで読んで、頭のいい人への攻撃的な記事だと、受け取る方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。高いIQを含め、天性の能力には、困難が伴うものなのです。もしあなたがこの記事の全体像を純粋に理解しようとしないのであれば、自分を過小評価していると言えます。それは決して賢明なことではないでしょう。


8 Reasons Smart People Do Stupid Things|Inc.

Travis Bradberry(訳:鈴木統子)
Photo By Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.