• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

香川博人香川博人  - ,,,,,,,,  07:35 AM

祝!メジャー通算3000本安打。イチロー選手の偉業を陰で支えたものとは

祝!メジャー通算3000本安打。イチロー選手の偉業を陰で支えたものとは

1607_ichiro_top.jpg


遂にこの日がやって来ました。イチロー選手が、メジャーリーグベースボール(以下、メジャー)で通算3000本安打を達成。これまでにも、「年間最多安打」「10年連続200本安打」「歴代(日米通算)最多安打」と数々のメジャー記録を打ち立ててきましたが、今回の「メジャー通算3000本安打」は、前述の記録をすべて含めた、イチロー選手のメジャー生活16年の偉業という点では 別の意味を持つのではないでしょうか。

長年試合に出場を続け、1安打ずつ積み重ねることでしか成し得ないこの大記録を達成したのは、150年近いメジャーの歴史のなかでもイチロー選手を含めてわずかに30人。50歳まで現役にこだわる42歳のイチロー選手にとっては、「まだ通過点」かもしれませんが、大きなケガをすることなく、イチロー選手のプレイを長きに渡り支えてきたものは何だったのでしょうか? イチロー選手のコメントとともに振り返ってみました。


自分と向き合うために欠かせない、ルーティンを継続する意味


1607_ichiro_01.jpg


イチロー選手と言えば、ストイックなまでの徹底した自己管理が有名です。その代名詞となっているのが、ルーティンです。

ルーティンとは、同じ行動パターンや手順を日課のように継続すること。ライフハッカーではこれまで、仕事の生産性を高める方法大きな目標を達成する近道としてその活用を紹介してきました。

では、起床から就寝まで毎日ほぼ同じ行動パターンで過ごし、球場での練習、試合で規定動作を行っているイチロー選手にとってのルーティンは、どんな意味を持っているのでしょうか。あるメディアのインタビューで次のように語っています。

毎日同じことを繰り返していると、いつもと少しでも違う感覚があればすぐに気がつくことができます。プロ野球選手は、ケガをしてから治す人がほとんどです。しかし、大切なのはケガをしないように普段から調整することです。 ケガをしてからでは遅いのです。

また、日米通算4000本安打を達成後の記者会見では

4000本のヒットを打つには、僕の数字でいくと8000回以上は悔しい思いをしてきるんですよね。それと常に自分なりに向き合ってきたこと、その事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかなと思いますね。

とコメントしています。

食事面での体調管理、コンディショニングを整えるトレーニング、打席に入る前の規定動作で集中力を高め、試合後は自宅で明日の試合に備えてマッサージを行う。多くの時間を野球のためだけに自分と向き合っているわけです。


イチロー選手の変わることがない、もうひとつのユニフォーム


1607_ichiro_02.jpg

イチロー選手のメジャー通算3000本安打は、ルーティンでケガや故障を予防し、体調管理を徹底した証と言えますが、継続してコンディションを整えるためには知識だけでは成立しません。

この点についてイチロー選手は、次のように語っています。

コンディショニングを常に万全にしてケガや故障を防ぐことは、自分を超えて成長しつづけるための第一歩だと思います。僕のプレイにとって、重要な部位は、上半身は肩甲骨、下半身は股関節から骨盤まわり。つまりカラダの要が安定していることが大切です。そういう意味で、『CW-X』は僕のカラダに確実に合っています。

『CW-X』とは、ワコール人間科学研究所が、「テーピングの原理」と女性用下着の「ガードルの技術」を組み合わせ、カラダを動かすときのストレスや関節を安定させ運動時に筋肉疲労を軽減し、動きやすくするために開発されたコンディショニングウェア。

1999年秋、日本のプロ野球からメジャー行きを決意したイチロー選手が、メジャーでの苛酷なシーズンを戦い抜くために多くのウェアを自ら試して選んだもので、以降、現在に至るまでホームチームの球場にはストックを置き、遠征先にも必ず持参して、試合中と練習時に必ず着用しているそうです。


1607_ichiro_06.jpg▲左:スパイクやグローブと同じほどなくてはならないモノとイチロー選手が語る『CW-X』。右:イチロー選手と同じ1973年生まれの米田編集長は、『CW-X スタビライクス モデル/ロング』を履いてみました


ユニフォーム(所属チーム)が変わっても変わることのない、"もうひとつのユニフォーム"になっています。

と絶大な信頼を寄せるイチロー選手は、『CW-X』を身に付けてトレーニングを重ねることで、臀部、胸囲がこれまでに比べて大きくなっているとのこと。42歳にして進化するイチロー選手のカラダには驚かされますが、もちろんアスリートだけではなく、スポーツや仕事、趣味や旅行、家事など、カラダを動かすあらゆるシーンで私たちも活用できます。

アクティブにカラダを動かすことが増えるこれからの時期に、カラダをサポートしながら楽しむために『CW-X』を試してみてはいかがでしょうか。




「ローマは1日にしてならず」と同様に、イチロー選手の大記録は徹底した自己管理を日々積み重ねた賜です。イチロー選手のマネはできませんが、アスリートのルーティン術を日常生活に応用することもできます。どのようにするのかは、こちらの記事を参考にトライしてみてください。


CW-X|ワコール

(文/香川博人、写真提供/ワコール)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.